FC2ブログ

中洲南新地/清流公園 

中洲南

 キャナルシティ博多の南、シーコートから出て道路と夢回廊橋を渡ると、清流公園だ。

中洲南

中洲南
 清流公園の北側、中洲南新地には風俗店が密集している。昼間なので、通りにあまり人影はない。

中洲南
 国体道路の北向かいから中洲南新地を望む。

中洲南
 国体道路から南方向。右側が中洲南新地。左側にキャナルシティ。

中洲南
 清流橋の一つ北の小橋から北を望む。

中洲南
 キャナルシティ博多・ノースビルから中洲南新地を望む。

スポンサーサイト



FIFF2019(2) ~『それぞれの道のり』と『アルファ 殺しの権利』 

 FIFF2019(1)からの続き。

〇『それぞれの道のり』(原題:Lakbayan/フィリピン/2018/DCP/1:1.85/117分)はフィリピン・アートシネマの巨匠3人による「旅」を統一テーマとしたオムニバス作品。

 1本目はラヴ・ディアス監督のモノクロ作品『Hugaw(Dirt)』。ジャングルのなかを寝泊まりしながら帰郷の旅をする3人の鉱業労働者の話。タイの映画監督、アピチャッポンが描く密林は、私の個人的イメージにあるジャングルよりあっさりしていて、逆にそこがいいのかもしれないが、正直なところちょっと物足りなかった。ディアスが描く密林はもっと濃密で、得体のしれない微生物や虫がうじゃうじゃする感じ。ヘビの登場の場面がじつに自然。湖の波紋の広がりが美しく、静謐な感じが伝わってくる。ラブ・ディアス監督の作品はふつう実に長いので、長過ぎるという理由だけで観ない人に彼の作品の感触を知ってもらうという意味で貴重。
 2本目は、本作を企画したブリランテ・メンドーサ自身の監督作品、『Desfocado(Defocused』。2007年にあった、ミンダナオ島の農民たち55人による首都マニラまでの1700kmにわたる抗議のデモ行進を再現する。
 スミラオ(→wiki)の農民たちは、観光開発によって故郷の土地を奪われる。映画ではカメラマンとデモ行進する農民たちの交流を描いている。田植えの場景やデモで履きつぶした草履を吊るして歩く姿などが映し出される。緩やかにS字カーブを描く長大な橋は、サン・ファニーコ橋(→wiki)だろうか?



 3本目はキドラット・タヒミック監督(→wiki:Kidlat Tahimik)の『Lakaran Ni Kabunyan(カブニャンの旅』)。タヒミック(1942~)は、『フィリピンを知るための64章』60章文化交流(鈴木勉)に紹介されている通り、日比文化交流史における重要人物。小川伸介監督らが1989年に立ち上げた山形国際ドキュメンタリー映画祭にも第1回から参加。北川フラム(→関連ブログ)が組織した越後妻有アート・トリエンナーレでも大きな役割を果たしている。

 映画は、タヒミックの息子カブニャンがバギオから黄色いバン、ジャンバラヤ号に乗ってフィリピン各地をまわるというロードムーヴィー。フィリピンは多くの島々から成り立っているので、ところどころロロ・フェリーを使う。全国各地に地域在住のアーティストのネットワークが広がっている様子が見て取れる。北川フラムの国際芸術祭活動と響きあう。
 棚田は日本やバリ島と同じくフィリピンの観光資源の一つでもある。フィリピンの弦2弦楽器ヘガロング。カビを用いてアート作品にするというのは、一種のバイオアートだ。アメリカのKKKと誤解されそうな、KKKと描かれた旗は、19世紀末にフィリピン独立闘争を主導したホセ・リサール等のカティプナン(→wiki)が掲げたものだ。ババイラン。『セブ島のラプラプ像。アーニス(→wiki:エスクリマというダンスのような美しい武術を披露する女性などなど。

 タヒミックが35年かけて制作した『500年の航海』は、ベルリン映画祭カリガリ映画賞を受賞。福岡アジア美術館で開催される福岡アジアフィルムフェスティバル2019でも公開された。見に行く予定だったが、台風の接近により諦める。



〇『アルファ 殺しの権利』(原題:Alpha. The Right To Kill/フィリピン/2018/DCP/1:1.85/94分)は『ローサは密告された』でカンヌの最優秀監督賞を受賞したブリランテ・メンドーサの最新作。今回もマニラの暗黒街を舞台に、マフィアの暗闘と警察の腐敗、その両方を描いている。

 植民地時代の宗主国がスペインで、現在でもカトリックが優勢、ということが関係しているかどうか定かでないが、長期にわたる麻薬戦争という点で、マニラの状況は、かつてガレオン貿易で結びつきの強かったメキシコと共通している(→ブログ: 映画『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』 )。複数の手持ちカメラを使った映像は臨場感に溢れている。
 ドゥテルテが大統領に就任して以来、強権的な荒療治を続けているが、状況が良くなったという声はあまり聞かない。その理由としてメンドーサ監督は、内通者の存在をあげる。日本でもかつてはホンモノのヤクザが出演するやくざ映画が数多く制作され、『県警対組織暴力』(→wiki)のような、ヤクザと警察がずぶずぶのアウトロー映画もあった。現在でも北野武がそのテイストを引き継いだ作品をつくり続けている。メンドーサの作品はもっとドキュメンタリーぽくてドライな感じがする。
 なお、フィリピンの一人当たり名目GDPは2000年に約1000ドルだったが、2018年には約3,100ドルに上昇。それでもフィリピン貧困の連鎖2019.9.11 ドン山本にあるように、貧富の格差は相変わらず激しい。同じ東南アジアのインドネシアは約3,900ドル、タイは約7,200ドル、ベトナムは約2,600ドル、シンガポールは日本(39,000ドル)より遥かに高く約64,000ドルだ。中国とメキシコの一人当たり名目GDPはおよそ9,800ドル(World bankの数字をベースに丸める)。

 文中敬称略。