FC2ブログ

戸田山和久『哲学入門』第6章 

 読書会でカート・ヴォネガットの『スローターハウス5』を読んで以来、決定論と自由意志の議論について興味が蘇ってきたので、戸田山和久の『哲学入門』第6章に従っておさらいしておこう。wiki:決定論にも整理されているので、戸田山氏の議論と比較してみるのもいい。その違いこそが哲学の入り口なのかもしれない。

 なお、『スローターハウス5』はテッド・チャンの『あなたの人生の物語』(→ブログ:映画『メッセージ』)の元ネタにもなった小説。ヴォネガットは学生時代、『猫のゆりかご』や『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』、『チャンピオンたちの朝食』等を読んだが、内容はすっかり忘れた。ただ、『チャンピオンたちの朝食』については、東京の企業に就職して初のGWに房総半島の銚子まで電車旅行した際、読んだという記憶だけがある。

 戸田山の『哲学入門』は、哲学的自然主義とでも言うのだろうか。 デネットやミリカン(→wiki) 、ドレツキ(→wiki)らの議論を紹介しながら、意味や機能、情報、表象、目的、自由、道徳といった抽象概念を、科学的世界描像に沿った形で語りつくし、最終章で「人生の意味/無意味」にまで迫るというもの。個人的にはブログ:映画『エゴン・シーレ 死と処女』の最後のところに提示した事柄に対する現代の科学哲学者からの応答だとも言える。

 全知全能の神を想定したところに由来する神学的決定論に対し、17~18世紀にニュートン力学が成功したことから物理学的な決定論が登場。確率論の父の一人、ラプラスは「ラプラスのデーモン」という全知の存在を想定。
 ラプラスの同時代人カントは、物理的世界の決定論と自由意志のリアリティをどちらも何とかして残したいと考え、精神と行為に別の領域を与えた。可知の世界と不可知の世界(物自体の世界)。カントは可知の世界について決定論者であるゆえ、自由の領域として別の世界(物自体の世界)を必要とした。
 20世紀後半に認知科学が成立すると、われわれの心は計算メカニズムであるという考え方が登場。これは外部環境の情報(知覚)と内部状態の情報(欲求と信念)とを入力として計算し、計算結果として行為を出力する。
 この「内部メカニズム」と環境入力でわれわれの行為が決まると想定するのが、(著者の言う)「メカニズム決定論」。これは神学的決定論や物理学的決定論とは異なり、世界全体の成り行きがあらかじめ決定されているという全面的決定論ではない。著者は、「自由と決定論の問題」を「責任ある自由な行為主体と、認知計算メカニズムという、二つの自己理解の対立」として考えた方と好いという。

 自由と決定論に関わる立場には主に以下のようなものがある。
①非両立論
①-1.リバタリアニズム(少なくとも人間の行為は決定論に従わない。単なる物理的システムや計算メカニズムを超えた存在であり、ゆえに自由を持つ)
①-2.ハードな決定論:われわれは決定論的システム
②両立論、あるいはソフトな決定論:われわれは決定論的システムであると同時に自由の担い手である。

 両立論の代表選手の一人、ダニエル・デネット(→wiki)の自由意志論は、正統派の哲学的議論と少しずれていて、自然主義的な精神に貫かれており、正統派が本件を形而上学的問題として捉えるのに対し、われわれが進化の産物のメカニズムであることを前提し、自由がどのように進化してきたかを論じる。
 正統派はわれわれが現にもっている「自由意志概念」を分析して、それと決定論が両立するかどうかを考えるが、これに対し、デネットは科学的世界像に調和する限りでの自由意志の概念を突き止め、そっちの概念に取り換えようと提言する点で「改訂的」。これは「自由意志」概念のインフレを防ぐため。インフレ例の一つとして、ロデリック・チザム(→wiki: Roderick Chisholm)のようなリバタリアンが唱える行為者因果。こうして自由意志にまとわりつく形而上学的装飾を捨て去り脱神話化した、いわばわれわれが望むに値する(worth wanting)自由意志であれば決定論と両立可能。

 自由という概念には(1)「自己コントロール(→wiki)」と(2)「他行為可能性」というサブ概念が関係する。

(1)19世紀にイアン・ハッキング(→wiki)が言う「第2次科学革命」が生じて科学的知識は確実さを失い、蓋然的なもの、間違いうるものと思われるようになり、確率は無知の反映ではなく事象の側の客観的性質とみなされるようになる(この潮流の総仕上げが20世紀前半に確立した量子力学)。原子のようなミクロな対象はある時点での状態が一つに決まったとしてもその後の状態は確率的にしか決まらない。つまりミクロのレベルでは非決定論的だということになる。ただ、「量子力学はニュートン力学にもとづく物理学的決定論は論駁するかもしれないが、メカニズム決定論を論駁するかどうかはわからない(p310)。さらに、「私」が何をするかは偶然に任されていたことになって、単なる偶然によって生じた行為は自由な行為と言えるかどうかという問題になる。つまり、量子力学的非決定性は(それだけでは)自由意志にリアリティを与える助けにならない。偶然の産物は私がコントロールできていないから。私にコントロールできないことには選択の自由はないし、責任も生じない。よって自由意志の概念にとって自己コントロールは重要な要素。「それは原始的な生き物にその萌芽が見られ、人間のそれは、表象の進化にともなってそこから徐々に進化した」。

 (想定される)非両立主義者からの議論への反駁例はp314~。自然法則に従うことは、何かに「コントロール」されることではない。環境にコントロールされてるのでは?という想定反論は間違った擬人化。p320 「わたしは欲求、信念をもち、目的をもつ。しかし、私の内的メカニズムにこれらを帰属させることはできない。それをやったらカテゴリー錯誤」。

(続く)

スポンサーサイト



ナショナルジオグラフィック2020年1月号 

 ナショジオ2020年1月号は総力特集「健康に生きる」。

 痛みを和らげる科学
 米国では90年代末から慢性痛の軽減にオピオイド系鎮痛剤が処方されるようになった。2017年時点でオピオイド処方をきっかけに薬物依存症になったアメリカ人は170万人と推定される。フィラデルフィア在の男性が交通事故をきっかけにパーコセットを処方され、後に主治医が変わり、新しい医師がオピオイド系鎮痛剤の処方を拒絶したため売人に頼るようになり、より安いヘロインに手を出すようになったというレポートが生なましい。

 痛覚は人が身を守るうえで欠かせない警報装置で、その見張り役を務めるのは「侵害受容器」(→痛みと沈痛/構造と機能/1次侵害受容ニューロンー侵害受容器/侵害受容線維)。背骨の近くにあり、その神経線維は皮膚や臓器などさまざまな部位に延びている。侵害受容器には切り傷や熱傷など異なる有害な刺激を察知し、脊髄に電気信号を送り他のニューロンを通じて脳に伝えられ、大脳皮質で処理され痛みとして知覚される。脳はそれに対処しようとエンドルフィンなど「内因性オピオイド」を放出。痛みの信号を抑制する。
 ハーバード大学医学部のクリフォード・ウルフ(Clifford Woolf )によると、皮膚が傷ついた直後は痛みの伝達システムが過敏になりキズが完治した後でも当システムが勝手に興奮したり過敏状態が継続したりする「中枢感作」が生じて神経障害性疼痛、繊維筋痛症、過敏性腸症になるケースがある。
 傷と痛みの複雑な関係を探るオックスフォードのアイリーン・トレーシーによると脳には単一の痛み中枢があるわけではなく、感情、認知、記憶、意思決定に関わる領域などが痛み刺激に反応するし、同じ刺激がいつも同じパタンを引き起こすわけでもない。恐怖・不安・悲哀が痛みを悪化させうる。
 SCN9A遺伝子に変異があると痛覚過敏を引き起こすことがわかっており、Nav1.7チャネルの開閉により痛み信号の流れを制御できるという発見はオピオイドに代わる依存性のない鎮痛剤開発に道を拓いた。ほかにもイモガイの毒を用いて慢性疼痛に効く薬を開発する動きもある。なお、オピオイドの薬理作用については日本緩和医療学会/オピオイドも参考になる。

 一方、投薬以外の痛み緩和法も研究が進んでいる。
 脳深部刺激療法(DBS)で脳の感情処理中枢領域に1秒間に200回の微弱な電気刺激を与えることで痛みについてまわる不快感、恐怖、不安をやわらげる試みが始まっている。慢性疼痛患者は、たえず襲ってくる痛みに条件づけられた状態となりあらゆる刺激を痛みとして受けている。ほかにもVRによる娯楽が痛みの軽減に重要な役割を果たすという研究もおこなわれている。

 長寿の食卓をめぐる旅
 ダン・ビュートナーによるブルーゾーン(健康な高齢者が多い地域)の長寿者へのインタビュー。イタリアのサルディーニャ島や中米コスタリカのニコヤ半島(ガショ・ピントとトルティーリャ)、沖縄、カリフォルニア州ロマリンダの例を取り上げている。疫学者ジャンニ・ペス曰く、百寿者の消化器官には食物繊維を通常より高いレベルの奇数鎖脂肪酸(→wiki:脂肪酸 )に変える細菌が多くいるという。

 人体にすむ微生物たち
 体内の微生物は腸脳軸(→wiki:Gut-brain_axis)という化学的伝達経路を通じて脳とコミュニケーションをとり身体機能を調節する。たとえばセロトニンを多く貯蔵するクロム親和性細胞(→wiki)を刺激して脳に信号を送る。ふーむ、便移植がフツーにおこなわれる時代が到来しつつある様子がうかがえる。

 ロボットとお年寄り
 医療・介護関係のソフトはベルギーのゾラ・ボッツ(Zora Bots)。nao。日本の地方ではロボットの介護施設への導入は、全然進んでないように見受けられるが、10年くらいたてば変わるかな・・・。

 ほかにも、「女性の健康と幸福」やヨガを扱う「安らぎを求めて」など。

 慢性疼痛についてはナショジサイト:愛知医科大学 慢性的な痛み 牛田享宏にも解説あり。



週刊東洋経済8/24号 

 週刊東洋経済8/24は特集が「すごいベンチャー100」。

 ベンチャーの資金調達は2014年以降、うなぎのぼりらしい。CVCの額も上昇。それでもベンチャー投資額の国際比較で、日本は圧倒的に低い。

 小銭のある高齢者は子育てゲームみたいなものとみて、自分の仕事に関係するなら実際に(サービスなど)使用してみるとかして気に入った/将来性のありそうなベンチャーを見つけ出し、(たとえ少額でも)投資してみるのもいい。ヒマつぶしとしても、ソシャゲーにハマったり、メディアのウヨサヨバトルに時間を浪費したりするより遥かに生産的だ。

 一方で環境保全、省エネについては市場任せにせず、ガイドラインや意識づくりなど大きな枠組みが必要。たとえば過剰包装やペットボトルの削減など。モッタイナイ運動は、経済成長を阻害するという理由で抹殺されたのだろうか。だとしたら見当違いも甚だしい。
 ざっとみて、関心を引いたベンチャーを整理しておく。

【モビリティ関連】
ティアフォーはオープンソースの自動運転用OS「オートウェア(Autoware)」を無償公開して技術の民主化を図る。収入源は自動運転開発のノウハウもたない企業へのコンサルティング。保険事業、事故確率を低くする仕組みの提供について大手損保と提携。トヨタが参加する未来創生ファンドが出資。
Luupは電動キックボードのシェアサービス。複数の自治体と連携協定を結び安全性検証の実証実験を重ねている。
Glafit(グラフィット)は折り畳み電動バイクを開発。

 【業務支援系】
SmartHRは人事・労務のクラウドサービス。
スタディスト(studist)は、従業員向け導入教育マニュアル作成・共有サービス「ティーチミー・ビズ」。外国人従業員増加が追い風。
atama plusは学習支援関連、パーソナライズ教材。テスト解答の内容、所要時間学習履歴をベースにパーソナライズした学習プランを組み立てる。
TableCheckはオンライン飲食店予約サービス。たしか、これは以前、使ったことあるなあ。今後は退店時の会計レスをはかる自動精算の仕組みも導入。
REARSはフードロスの問題を解決したいという社会起業。飲食店の余剰食材を個人にシェアするフードパスポート(月額980円)。頑張って欲しい。
コネクテッドロボティクスはソフトクリームやたこ焼きなどの調理ロボット。セブン&アイのファストフード業態「ポッポ」にも納入。
キャディは板金加工品の価格・納期の見積もりを算出。創業から1年半で提携先の町工場は約150社。

【IoT】
Ideinはエッジデバイスの管理サービス「Actcast」など。
ウフル(uhuru)は名前の響きがいいな。IoTの開発・運用サービス「エネブラー」で注目され、三菱重工の風力発電にも導入。サウジのスマート未来都市「ネオム」にも売り込みかける。社長は園田崇。

【その他】
「キャンセル」は宿泊予約の権利を個人同士で売買できるようにするサービス。うーん、検索対策どうするんだろw。全国で2700の宿泊施設と契約。
(CEOは松村大貴)は、宿泊施設の料金設定業務を効率化する「マジックプライス」を展開。
スタートバーン(sartbahn)は、アートの評価・流通インフラを構築。今年10月から来歴や真贋鑑定結果など作品の価値・信用に関わる情報をブロックチェーンに記録するアートブロックチェーンネットワーク(ABN)を本格開始。
ベースフードは完全栄養の麺とパンを販売。米国での現地生産・販売の準備も。
プレースホルダは次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を関東中心に展開。マリノアシティ福岡にもあるようだ。アトラクション施設のリニューアルは重要。
・変わり種としてはムスカ。イエバエを使って家畜の糞などを飼料・肥料を作る。

 ベンチャーの生態系(機関投資家や個人投資家、ベンチャーキャピタル、ベンチャー)を説明するページもあった。日本のベンチャーの生態系、足りていないのは何か?(JBpress2018.9.25)。福岡市はスタートアップ支援を積極的に行っている。

 大企業「自前ファンド」CVC。日立が3MのCVC組織を立ち上げた専門家を招聘してを設立。CVC本社をミュンヘンに。ソニーはSIF(ソニーイノベーションファンド)のほかにこの度、大和証券と成長期・安定期に入った入ったベンチャーを投資対象にするIGV(イノベーショングロースベンチャー)を立ち上げる。

「大物ベンチャーの現在地」。企業価値1000億円超のユニコーンはPFN、鈴木健のスマートニュース、暗号資産リキッドルームの3社。クモの糸Spiberも900億近い。

「仮想通貨ベンチャーのその後」みたいな記事は健全。まぁ、仮想通貨バブルは私ごときでもあらかじめわかってたけどね。ぜひ今回掲載のベンチャーの3年後、5年後とかも追いかけて欲しいなあ。個人的にも上に拾ったベンチャーがどうなるか、(忘れてなければw)チェックしよう。