『破綻するアメリカ』(2) 

『破綻するアメリカ』(1)からの続き。

 第4章 アメリカ衰退論の中で

・アイデンティティ・ポリティクス批判の"リベラル派"思想史家マーク・リラ(→wiki:Mark Lilla)が表明する、「多様性」が民主主義の基盤を揺るがす事態への懸念。60年代的運動体政治の細分化(性的少数者、人種…)、思想的純粋性をめぐる競争、運動体政治の時代に「個人主義」が加わって、「個人性こそ政治性だ」となる。
・バノンはトランプ政権を去る際に言った。「左派が人種とアイデンティティに焦点を当てて、こちらが経済ナショナリズムを訴え続けていれば、民主党をつぶせる」。
・PC(ポリティカル・コレクト)問題がアメリカ世論で最初に大きく取り上げられたのは1991年前後(←90年代前半の英会話教材に、What's PC?というテーマがあったのを想い出す)。
・リベラル派の重鎮シュレジンガーの『アメリカの分裂』は、西欧の啓蒙主義の伝統の上に立つ文化多元主義(cultural pluralism)は許容されるが、さまざまな文化が栄えるための共通基盤である啓蒙の価値(自由・民主主義・多元主義)を破壊する多文化主義(multiculturalism)=PCは反米的だと考える。
 ・アラン・ブルームは『アメリカン・マインドの終焉』で、アカデミックな心理学・社会学・比較文学・人類学を支配した「ニーチェ・ハイデガーかぶれの左翼が、大学を解放どころか解体した」とみた。
・続いて、保守系文芸雑誌の『クライテリオン』を主舞台に活動したロジャー・キンボール(→wiki:Roger Kimball)は『終身雇用された過激派たち』(Tenured Radicals)を書いた。ポール・ド・マンの反ユダヤ的言辞にも言及。
・マーク・リラの『難破する精神 』では、(ミシェル・ウエルベックを含む)米欧の反動思想を考察。通底するのは、シュペングラー「西洋の没落」意識。福田和也は『奇妙な廃墟』で「アクション・フランセーズ」のナチス協力知識人らの系譜をたどった。
・シュレジンガーが述べた「個人からなる国」と考えるべき、の個人(individual)と、リラが問題視する「公共善の必要を忘れて徹底して自己の欲求を追求し、アイデンティティの確認を追い求める個人(=personal)」の違い。

 第5章 戦後アメリカ保守思想

・アメリカが最も左傾化した、1930年代ニューディーラー全盛期、整序された自覚的保守主義勢力は存在しなかった。
・計画経済・ニューディール・国家総力戦全盛の1944年、ハイエクの『隷従への道』がイギリスで出版(翌45年にアメリカでも)。いわく「計画化は必ず独裁に行きつく」。「計画の合理性」より「市場の不合理」を信じる。
・但し、ライオネル・トリリング(→wiki: Lionel_Trilling)の『リベラルの想像力』(1950年ベストセラー)曰く「(現時点の)アメリカの思想伝統はリベラルしかない!」
・1955年、ウィリアム・バックリー・ジュニアの『ナショナル・レビュー』創刊。政府肥大化への反対(リバタリアニズム)・有機的社会の道徳秩序の擁護(エドマンド・バーグ的保守主義)・反共産主義の3点から戦後保守主義を立て直すことを目指す。2017年、31歳のジュリアス・クレインが立ち上げた『アメリカン・アフェアーズ』(ピーター・ティールが旗揚げパーティーに参加)は、これの再来と言われる。
・ラッセル・カーク(→wiki )の英米伝統主義的保守主義。「自由主義、集産主義、功利主義、実証主義、個人主義、プラグマティズム、社会主義、資本主義」すべてを批判。
・ハイエク対カーク(モンペルラン1957)論争。ただし、共通の敵(共産主義、社会主義的進歩主義)を前に保守思想の合同をはかる。
・1960年代後半にネオコン台頭。第一世代は、NYシティ・カレッジの亡命ユダヤ人、アーヴィング・クリストル(→wiki)、ダニエル・ベル(二人は65年に「パブリック・インタレスト」創刊)、ネイサン・グレイザー、アーヴィング・ハウ。文芸評論家ノーマン・ポドレッツ(→wiki:Norman_Podhoretz)ら。その他、戦略理論家アルバート・ウォルステッターに影響され、政府高官として加わったリチャード・パール、ポール・ウルフォウィッツ等。
 第2世代はフランシス・フクヤマ、ビル・クリストル、デイヴィッド・ブルックス(→wiki: David Brooks(commentator))。
 フクヤマの言動や、彼に影響を与えたコジェーヴ(→wiki)によるヘーゲル解釈、普遍同質国家(universal homogenous state)についてはp208~。ラッセル・カークのネオコン批判。
 保守思想史家ジョージ・ナッシュの見立てでは「リバタリアン・伝統主義の連合に、反共保守が50年代に合流し、60年代後半以降にネオコンが加わり、70年代後半に大衆運動として宗教右派も合流し、レーガン政権誕生に貢献」。

 第6章 戦後アメリカ保守思想

・湾岸戦争をめぐるネオコン対リバタリアン・伝統主義者論争。仲裁役となるべき『ナショナル・レビュー』もネオコン側へ。ブキャナンは中産階級ラディカルに支持され、反ネオコンにつく。
・ブキャナンの選挙戦略思想を担ったサミュエル・フランシスは86年に書いた長文エッセーで、「ネオコンはニューディール以降の政財界テクノクラート支配体制に加わるエリート集団に過ぎない」と主張。しかし、ジャレッド・テイラー主催の会合(1995)での言動が「反ユダヤ主義」、「人種主義者」と見なされ、フランシスは「粛清」される。
・クリントン政権についてはp229~、ブッシュ政権についてはp231~
・9.11テロ後、ネオコン主導でイラク戦争へ。→ネオコンへの激しい反発が生じ、ネオコンは「好戦的」の代名詞となった。
・「パブリック・インタレスト」は2005年廃刊。姉妹誌「ナショナル・インタレスト」内部分裂、フクヤマが最タカ派チャールズ・クラフトハマーと対立し、ネオコン離脱宣言(2006年)。キッシンジャーらは残留、ニクソン・センターが経営を引き継ぐ。フクヤマは「アメリカン・インタレスト」創刊。
・レオ・シュトラウス派の主だった人物は以下の通り。
①アラン・ブルーム(東海岸派。フクヤマは教え子)。
②ハリー・ジャッファ(→wiki:HarryV. Jaffa) シュトラウス西海岸派の中核。マイケル・アントンは教え子。
③ハーヴェイ・マンスフィールド(→wiki:Harvey Mansfield)。ハーバードで数少ない本格保守思想家、西海岸派とも交遊もつ。教え子にはビル・クリストルやトランプ時代の政治思想をつくりだそうとするジュリアス・クレイン等。フクヤマやマーク・リラも彼に学んだ。
・シュトラウスやシュトラウス派の考え方についてはp240~。
・泥沼の戦争(アフガン・イラク戦争)を招いたネオコンへの大衆的反発がオバマ政権を生み出したが、政権発足とともにティーパーティ運動(→wiki)に攻撃される。
・ネオコンとの徹底した対決姿勢をとるトランプが大統領選に出馬し、ティーパーティ及び「粛清」された保守(オルタナ右翼)が支持。

スポンサーサイト

『破綻するアメリカ』(1) 

 フランシス・フクヤマの翻訳で知られる会田弘継の『破綻するアメリカ』を読む。

 タイトルが、左派の重鎮、チョムスキーの邦訳書(2009年)と同じというのが挑戦的。よくまとまっていて、かつインフォマティブな著書で、知らなかったことや忘れていた事柄も多い。本書に記述された固有名を頼りにネットでいろいろ調べることもできる。

 以下、個人用にメモ。

第1章 トランプ誕生の経済的背景

・『ヒルビリー・エレジー』(著)のベストセラー化。
・PEWの中間層の人口(成人)比率の変遷(1971-2015)。農村部の白人高卒労働者階級の不満。このあたりの事情は、映画『スリー・ビルボード』にも表現されていた。
・『ニューリパブリック』で活躍し今は『ナショナル・ジャーナル』に所属するジョン・ジュディスは過去半世紀の米政治を分析する上で重要な投票集団として「中産階級ラディカル」をあげる。彼らはパット・ブキャナン、ロス・ペローを支え、この度のトランプ旋風の原動力となった。
・元トロツキストのジェームズ・バーナム(→wiki)は、1941年の『マネジェリアル革命』で、テクノクラート革命ともいうべき権力交代が起こることに警鐘を鳴らした。いわく、世界はおそらくテクノクラート(→wiki)が大衆を支配する3つの超国家に統合される。これは、ロバート・ライシュ(→ブログ:映画『みんなのための資本論』)が『ザ・ワーク・オブ・ネイションズ』で描いたシンボリック・マネジャーと彼らに奉仕するほかの労働者という構図に相似。
(私見:バーナムの言うエリート・テクノクラートは、最近見たスピルバーグの映画『ペンタゴン・ペーパー』にも登場したロバート・マクナマラのイメージに近い。ランド研究所的何か。
 中国ではまさに今、習近平を中心としたエリート・テクノクラートによる大規模な人民統制のシステム化が進んでいる(←ニューズウィーク記事2018年5月2日)。ただ、一方的にこれを「悪」と断定することはできないとする人もいるだろう。たとえば、ベイシックインカムを導入したうえ、年収の高い層5%と、低い層5%の年収格差が5倍以上に拡大しないよう調整する仕組みを仕込むなどすれば、アメリカのような富裕層1%が富を独占する体制より遥かにマシだとして、歓迎する者も少なくないだろう)。

 第2章 トランプ誕生の思想史的背景

・オンライン保守論壇ジャーナル・オブ・アメリカン・グレイトネス(JAG)。
・若手歴史学者ティモシー・シェンクが戦後アメリカ保守内部の思想的確執を描き出した、(リベラルの)ガーディアン紙2016年8月16日付け記事で、サミュエル・フランシスがトランプ誕生の思想的背景になっていると述べた。(オルタナ右翼の原点)S.フランシスは保守系紙『ワシントンタイムズ』論説委員を務めていたが、90年代半ば白人文化擁護を強く訴え、ウィリアム・バックリーを中心とする保守知識人の主流派から疎まれ同紙から追われた。彼は92年と96年のブキャナン出馬を支援。彼らの共通点は、貿易保護主義、移民排撃、アメリカ・ファースト。
・戦後アメリカ保守思想運動研究の第一人者、思想史家のジョージ・ナッシュが書いた『1945年以降のアメリカ保守派思想運動』(2006年増補改訂3版)。
・ユダヤ系ドイツ人のレオ・シュトラウス(→wiki)はアーヴィング・クリストルらネオコン系知識人に大きな影響を及ぼす。彼の思想は古典思想の立場から「近代合理主義(科学)」や「歴史」という思想を批判。
・JAGは、ダボス会議やクラブ・フォー・グロースなど経済グローバリズムを推進する組織に反対。外交面では民主主義拡大や人道介入を否定。

 政治意識論で有名なミシガン大学のロナルド・イングルハート(→wiki)による調査報告書『トランプ、BREXIT、ポピュリズムの興隆――経済的弱者と文化的反動』が2016年8月にハーバードのケネディスクールから出版。これによると、1976年前後から環境保護、ジェンダー・人種間平等、LGBTの権利意識が高まり、アイデンティティ・ポリティクス(民族・性別集団ごとの権利主張)が高まる。→文化的反動としてのトランプ現象。
・主にシカゴ大学で教えたレオ・シュトラウスの弟子たちの系譜は、クレアモントを中心とする西海岸派と、ワシントンで現実政治に関わる政策知識人たちの東海岸派に分かれる。
・保守系シンクタンク、クレアモント研究所のチャールズ・ケスラー(西海岸シュトラウス派の代表的論客)は、トランプ現象とPCの2つの「社会・政治力」の衝突ととらえる。
・(JAG論客デキウスが批判する)東部エスタブリッシュメントを代表する外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ』2016年7.8月号にフランシス・フクヤマ(広義のシュトラウス派)が寄せた「アメリカ政治の衰退か再生か」では「2016年大統領選挙の本質は、大衆の大部分がいま直面している格差の拡大・経済停滞に対し、アメリカ民主主義が数十年ぶりにやっと反応したことにある」。これにより、人種やジェンダーなどの近年の争点は背景に退いた。
・ナンシー・アイゼンバーグの『白い屑 アメリカの階級の知られざる400年の歴史』。

 第3章 策士バノンとオルタナ右翼

・スティーヴン・バノンは「大手電話会社の架線工を父に組合員労働者の家庭に生まれ、ハーバード経営大学院を出て海軍からゴールドマン・サックスに就職」した「アイルランド系カトリック」。そういえば、バーホーベンの映画『エル』(→ブログ)で主人公に襲い掛かる犯人も、アイルランド系カトリックの金融関係者だった。
 バノンによれば、エスタブリッシュメント凋落の大きな原因は、NYタイムズやCNN、MSNBC、ハフィントンポストらリベラルメディアが「自己満足的に仲間内だけで対話し、同質化したものの見方」をつくって、世界の現実を理解しないこと。バノンの具体的な主張についてはp116~121に詳しい。アンチ・ダボス。プーチン側近らによるユーラシアニズムにも言及。但し、当面の敵はイスラム過激派。
 ブライトバードの元編集幹部マイロ・イァノプロスは「主流派右翼のためのオルタナ右翼ガイド」で(内部からの見方として)、オルタナ右翼を3つに分類。
①本来的保守主義 ②ミームチーム ③1488族 ほかにも孤立主義者、親ロシア族、ロン・ポール(リバタリアン)支持者、「ネオ反動主義者」。
 オルタナ右翼の主流は①で、彼らは自由市場経済と対外的介入主義に突っ走るレーガンーバックリー保守が牛耳る共和党と、多様性追求+平等化を目指す民主党に対し、「多様性より同質性、急進的平等主義より階層と秩序」を重視する人びと。いわゆるMARs(中産階級ラディカル―ドナルド・ウォレンの造語)。
②は2ちゃんを模した4ちゃんを舞台に、ポリコレに反発して暴言を吐くのを好む、社会規範に挑戦することを好む人びと。オルトライトの中核的論客、『アメリカン・ルネサンス』誌主宰者ジャレッド・テイラー(→wiki:Jared Taylor)など日本のサブカルにも親しい人物がいる。
③はネオナチ(ネオナチスローガンは一文14語、88はアルファベットの8番目HH(つまりハイルヒットラー)。オルタナ右翼穏健派としてはできればいて欲しくないという。

(イァノプロスの見立てでは)オルタナ右翼の出現原因は、多文化主義(MultiCulturalism)の風潮で、西洋文明の伝統が不当に貶められてきたことにある。他方、経済と外交の方ばかり向く主流右翼に対しては、左派のアイデンティティ・ポリティクスの隆盛に対し「(古典的)人文主義や自由主義、普遍主義」を盾に押しとどめる努力を怠ったと不満を抱く(第4章に詳しい)。
 なお、バノンらオルタナ右翼と、表面化してきたシュトラウス派は、現状認識は似通うが、思潮的には全く別物。
 JAG論客デキウスの正体は、西海岸シュトラウス派のマイケル・アントン(トランプ新政権のNSCに副補佐官として入った)。西海岸シュトラウス派は、新論壇誌『アメリカン・アフェアーズ』を発足。編集長のジュリアス・クレインはアントンの同志。シャーロッツヴィルの衝突では、トランプを激しく批判。

 『破綻するアメリカ』(2)に続く。

ナショナルジオグラフィック2018年6月号 

 PROOF(世界を見る)では南スーダン難民の「ミラーヤ」―刺繍文化。ロールシャッハっぽい模様が好い。

特集の「美の変革者 ピカソ」は、ナショジオがときおり特集する「天才の科学的研究」。
 天才研究のデヴィッド・ヘンリー・フェルドマンによると、prodigy(神童)の語源、prodigiumには「予想外」という意味のほか「好ましくない、ともすると危険なもの」という含みがあるらしい。
 ボストン・カレッジの「芸術と心理研究所」所長エレン・ウィナーは芸術系神童の共通点として「視覚による記憶」と細部への注意力、正確な描写、遠近感の表現を同世代の子どもより早く習得し、さらに習熟への執念が強烈。また、常識を破る強さ、秩序を覆す勇気と先見性が欠かせないという。ほかにも創造性を刺激しあう競合的な環境もあったほうが良いそうで、22歳でパリに出たピカソには、アポリネールやマティス、アンドレ・ドラン、ブラックらがいた。
 ピカソの女性関係の乱脈ぶりについては伏せるのかなと思っていたら、ちゃんと最後に触れていた。ピカソのミソジニーや嫉妬深さは「芸術家の行動は作品評価を左右する」という議論を引き起こしているという。

 ヒューストン大学の ジョゼ・コントラレス・ヴィダル(Jose Luis Contreras-Vidal)の実験(音楽の演奏やダンスの実践者や鑑賞者の頭部に電極つける脳波計測実験)は写真で見るだけでもオモシロイ。



 アーティストの脳科学的研究だけでなく、作品を鑑賞する側の研究、つまり神経美学的なことにも触れている。
 マックス・プーランクには、経験美学研究所があるらしい。神経科学者エドワード・ベッセル(Edward Vessel)は被験者に100点以上の絵画画像を見せ、反応の強さを4段階に分ける実験をおこなった。
 強烈な印象を与えた作品では「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」(→wiki:Default mode network)の活発化が記録されたという。DMNは内面に意識を向け、自らの思考や感情を紡ぎだす。最近よく耳にするDMNについては、アナンサスワーミーの『私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳』にもスティーヴン・ローレイズ(→wiki:Steven Laureys)の研究紹介のところに記述があった。

 いまやハードウェアのシリコン・バレーとして有名な深セン付近にある大芬油画村は複製画産業が盛ん(大芬油画村)。

 米国で生きるムスリムたちは、「テロリスト=イスラム」イメージによって誤解・中傷を受ける人びとを特集。米国のイスラム教徒は345万人(全人口の1%)、モスクの数は962(1994年)→現在2100以上。
 中南米系といえばカトリックというイメージが強かったが、テキサス州では中南米系のイスラム教徒が増大し、2016年にはヒューストンで「セントロ・イスラミコ」というスペイン語を話す信徒のためのモスクが開設。
 反イスラム犯罪の件数は2013年まで年に10件程度だったが、2015年から急増し、2017年には115件を数えた。