FC2ブログ

映画『リチャード・ジュエル』 

 北九州市の旦過市場(→ブログ)に近い小倉昭和館で、クリント・イーストウッド監督の『リチャード・ジュエル』をみる。

 概要はこちら(→wiki )。

 おもな舞台は1996年のオリンピック開催中の夏のアトランタ。

 たしか97or98年に会社の出張で当地を訪れたことがある。先輩の駐在社員が、取締役たちが用もないくせに出張してきてオリンピック会場の座席予約やアテンドで全く仕事にならなかったとグチをこぼしていたので、確かその頃だろう。観光する時間がなかったため当地の印象は全くないが、訪問先のディーラーでサービス技術者が座ったまま宙に浮いていたのを見てびっくりしたのをおぼえている。よく見るとそれは、彼が驚愕するほど太っていて、腰を下ろしたスツールがこちらから見えなかったせいだった。それ以来、アトランタの個人的イメージは、コカ・コーラの本拠地ということも手伝って「肥満都市」だ。駐在経験のある南カリフォルニアではあそこまで太った例は見たことがなかった。当時のアメリカでは、「セルフコントロールができてない」という理由から、人種差別より体型差別のほうがクローズアップされていたような気がする。

 本作では、身体スポーツのヒーローたちが世界じゅうから集まるオリンピックの時期に、小さなヒーローを夢みて躍起になるアトランタの普通の人びとを描いている。FBIに憧れて観客を爆発テロを未然に阻止しようと躍起になる主人公、一転容疑者となった主人公を救うために立ち上がる知り合いの弁護士、「犯人が興味深い人でありますように!」と祈り、スクープが欲しいばかりにFBI捜査官から情報を得るため枕営業的な振舞いに走るローカル新聞社の記者……。

 ハリウッドでは伝統的にヒーローが活躍する映画が大量に作られてきた。ただ、今世紀に入って目立つのは、ヒーローまたはヒロイズム(英雄主義)とは何かを抜本的に問い直すような映画が増えてきたことだ。MCU(→wikiもその傾向があるが、クリント・イーストウッドは自身がダーティー・ハリー役で出世したこともあり、前世紀から率先して多くの映画で英雄主義を問い直してきた。近年で言えば、『アメリカン・スナイパー』(→ブログ)では、天才的スナイパーとして対イラク戦で活躍する一方で、心が壊れていく主人公を描いたし、『ハドソン川の奇跡』では迅速な判断で乗客を救った機長がヒーローとして持ち上げられた後、事故調査委員会の調査で疑惑の対象となる。『15時17分、パリ行き』では、電車に乗り合わせた3人の若者が銃乱射に巻き込まれて「偶然」ヒーローとなり、『運び屋』では、時代の変化に気づかぬままいつのまにか最高齢のアンチヒーローになってしまった男を描いていた。

 本作では『ハドソン川の奇跡』のパタンを踏襲しているが、今回の主人公は、航空機の機長のようなエリート的な専門職ではなく、法の執行官であることを誇りとして将来的にFBI職員になることを夢みる警備員。その彼が爆発物発見のヒーローとして持ち上げられながら、FBIから爆発犯として容疑をかけられる。前年に起きた、アメリカ国内で9.11以前、最悪の犠牲者数を出した爆破テロ、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件(→wiki)で、犯人のティモシー・マクベイが孤独そうな白人警備員だったことが、FBIのリチャードに対する容疑を促したのだろう。wiki20200704によると、マクベイはアイルランド系カトリック教徒(おっと!)で、「ミリシア」という白人至上主義者の民兵組織に影響を受けていた。彼らは当時の民主党クリントン政権がアメリカ人から銃を取りあげるのではないかと不安をおぼえていた。

 アトランタは南部の大都市で、手元にちゃんとしたデータがないが、人口比率で言えばたしか、黒人が50%を超えていたのではなかろうか。暗殺されたマーティン・ルーサー・キングJr.の生誕地でもある。なのに、映画では黒人がほとんどキャスティングされていない。大勢の人が映る場面でも、黒人の姿はカリフォルニア並みに少なかった。居住区がくっきりと分かれているせいかもしれないが、実際に近い時期に当地を訪ねた者としては、あきらかに不自然に感じた。

 しかし、ではイーストウッドを含む製作サイドが単純な白人至上主義者か?というと、そうは思わない。理由はそのキャスティングにある。

 主人公のリチャード・ジュエルは、ブラック・クランズマン(→ブログ)でKKKメンバーのアイヴァンホーを演じたポール・ウォルター・ハウザー。

 リチャードの古い知り合いの弁護士を演じるサム・ロックウェルは『アイアンマン2』のジャスティン・ハマー役として知られるが、『スリー・ビルボード』(→ブログ)では、レイシストの母親と二人暮らしの若い巡査を演じた。今回は母親と二人暮らしのリチャードを無実の容疑から救う側に回った。

 以上のキャスティングに対して少しばかり想像力を働かせただけでも、イーストウッド監督の絶妙の政治感覚と、「アメリカ白人のどうしようもなさ」に対する苦い思いを感じるだろう。映画は決してリチャードをレイシストとして描いていない。むしろ、アゲるときもサゲるときも極端に騒ぎ立てるマスコミや、あからさまにリチャードを見下し、誰が真犯人か、よりも犯人をただちに検挙できる当局の威信維持を重視する無能なFBI捜査官の問題を際立たせている。黒人があまり映っていないのは、リチャードの目に映る世界が、本映画のように白人しか映っていない世界だったから、とも解釈できる。

 ちなみに、リチャードの母親役はキャシー・ベイツ。聞き覚えのある名前だなぁと思って確認したところ、ロブ・ライナー監督の『ミザリー』の主演でアカデミー賞主演女優賞をとった人。ほかにもウディ・アレンの『影と霧』や『ミッドナイト・イン・パリ』、その他『タイタニック』や『アバウト・シュミット』等に出演。

  ローカル新聞社の記者を演じるのはオリヴィア・ワイルド。母親は60ミニッツのプロデューサ兼ジャーナリストで、父親もwikiに載るくらい有名なジャーナリストらしい。 『her/世界でひとつの彼女』(→ブログ)で主人公のブラインド・デートの相手役として出演。

 FBI捜査官の一人は、『コングレス未来学会議』(→ブログ)でディラン・トゥルーリナーを演じたジョン・ハム。もう一人のディラン・カスマンは、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 (→ブログ)の脚本家。ユニバーサルのダーク・ユニバース・シリーズ(→wiki)は本作の第一作だけで頓挫した。

 い、いや……すべてのキャスティングに意味が込められていると思ってるわけではない(笑)。



 余談だが、今回の東京都知事選に立候補した面々(→wiki)をみると、全員確認してないが、東京都出身者は小野泰輔氏だけではないか。日本では英雄主義の問い直しをする以前に、東京都民の英雄主義の絶望的欠如を心配した方がよさそうである。

 この日みたもう一本は、タイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』(→wiki)。ナチス映画はもう、too muchと思っていたが、なるほどこういう描き方もあるなぁと感心。いまどきはボクちゃん的ネオナチが増えてきたという認識が反映されてるのかな。サム・ロックウェルがこちらにも出演(全く気づかんかった!)。トーマシン・マッケンジーが儚げでカワイイ。エンディングに引用されるリルケの詩の一節「すべてを経験せよ 美も恐怖も/生き続けよ 絶望が最後ではない」がすべてを物語っている。

 小倉昭和館はコロナの時代でも、ちゃんと少し前の良質の映画を上映してくれる。小さい2番館のほうだったのでちょっぴり警戒したが、ちゃんと体熱測定やアルコール消毒、座席の間隔空けもやっていた。観客のなかにも咳をする人やおしゃべりをする人はいなかった。
 こういう貴重なシネマ館はぜひ残って欲しい。女性が映画の合間にサンドウィッチやお菓子を籠に入れて売りに来てくれる。さらには口頭で今後の上映予定やイベントのお知らせをする。こうしたものも含めての映画文化だ。コロナごときで映画館文化を絶やしてはならない。

 昭和館に来たときは必ず食べる旦過市場のカナッペもアツアツで旨かった!

【追記2020.7.6】
 東京都知事選の結果が出た。『女帝』がベストセラーとなり、ネットではその都政に不評な意見が目立った小池百合子が約370万票。宇都宮健児が84万、山本太郎が65万。この二人の得票数合計約150万は、2016年都知事選(→ wiki)の鳥越俊太郎の得票数135万にざっくり近い(上杉隆票を加えると同じくらいか)?。

 何の気なしに小池百合子wiki(2020.7.4)をみて少し驚く。百合子パパはスメラ学塾(→ブログ)のメンバーだったのか。まぁ、かつて『噂の真相』誌でもいろいろ書かれていたような気がする。肉親の影響がどこまで及ぶかはさておき、やはり、アメリカだけでなく日本でも「結社研究」は重要だ。

スポンサーサイト



映画『ブラック・パンサー』と『デッド・ドント・ダイ』 

 『ブラック・クランズマン』(→ブログ)が想像以上に好かったこともあって、小倉のチャチャタウン内にあるシネプレックスで、同年公開の話題作、ライアン・クーグラー監督の『ブラックパンサー』をみる。Club-Spice会員価格が指定曜日以外も期間限定で安くなっていたのはたいへん嬉しい。

 概要はこちら(→wiki:ブラックパンサー (映画)

 映画は、『バーフバリ』(→ブログ)と同じく、王位継承をめぐって、先代国王の実の息子が先代国王の兄弟(の血筋)と闘うという内容で、『ライオンキング』とも共通する。『バーフバリ』は古代インドが舞台だったが、こちらは未来設定。もはや国の統治システムのあるべき姿は民主主義に基づく合意形成、という理想そのものが世界の一部でしか語られなくなった時代にふさわしい映画だ。

 映画のおもな舞台はアフリカにある架空の国ワカンダだが、最初あたりにワカンダの先代国王が実弟ウンジョブを訪ねて殺す場所として、1992年のカリフォルニア州オークランドが映る。オークランドは、『ブラック・クランズマン』にも登場するブラックサンサー党が結成された土地として知られる。『ブラックパンサー』の原作コミックが、『ファンタスティック・フォー』に初掲載されたのは、ブラックパンサー党の結成と同じく1966年。ただ、wikiを読む限りは直接、関係はなさそうだ。

 ブラックパンサーとなる主人公のティ・チャラとキルモンガーのキャラ設定が興味深い。
 長らく閉じた世界で先代国王の実子として生まれ育ったティ・チャラはヴィブラニウムと呼ばれる隕石に基づく独特のテクノロジーに頼れば強力だが、基本少々ひ弱なおぼっちゃま。対する敵役のキルモンガーは、先代国王に殺されたウンジョブとアメリカ人女性との間に生まれた息子という設定で、オークランドに残された貧しい孤児として育ち、軍人としてアフガンやイラクに派遣された後、奨学金でMITを卒業した、向上心あふれるセルフ・メイド・マンとして描かれる。人によっては主人公よりキルモンガーに共感するかもしれない。こういう悪役のキャラ設定は好みとするところ。
 キルモンガーの目的は、ワカンダの王位を奪い取り、ヴィブラニウムの力に基づく武器を大量生産して、世界各地で暴動を繰り広げる反体制派に提供すること。「ニューヨーク、ロンドン及び香港で作戦を実行する準備が整いました」という部下の言葉もあって、イメージ・ポリティクスの操り方がなかなかウマイ。これだとティ・チャラ新国王は、現秩序の味方であって、つまりは、現政権のアメリカ及び中国共産党の側に立って両者を和解させようとする立場のように見えてしまう。まぁ、2018年時点でつくられた映画だからというのもあろうが。

  『ブラック・クランズマン』で、どうして今頃、クワメ・トゥーレ(ストークリー・カーマイケル)を登場させたのだろう、ということが少し気になっていたので、監督が違うとはいえ、クワメ・トゥーレとアフリカ独立運動の父クワメ・エンクルマ(→wiki)の関係やら、彼がブラックパンサー党から離脱した事情などが、ひょっとしたら『ブラックパンサー』のほうに反映しているのかも…と想像したが、アフリカ独立運動とブラックパンサー党の関係についてはほとんど知らないので何とも言えない。

 この日みたもう一本は、ジム・ジャームッシュの『デッド・ドント・ダイ』(→wiki)。『ブラック・クランズマン』に出演したアダム・ドライバーが本作でも活躍。
 えっ、これホントウに昨年6月にアメリカ公開された映画なの?と思うくらいに、この度の世界的な新型コロナ肺炎騒動の絶望的状況を反映させたような作品。ただ、制作時期的に見て本作のゾンビは、墓に葬られたと思われた白人人種主義なのだろう。知らんけど。
 個人的には前の『パターソン』より好きだが、ロットゥン・トマトは低評価。後味ワルイというのもあるのかな。

映画『ブラック・クランズマン』 

 アマゾンプライムでスパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』(原題BlacKkKlansman/2018)をようやくみる。

 概要はこちら(→wiki:ブラック・クランズマン)。

 スパイク・リーは『ドゥー・ザ・ライト・シング』(1989)、『モ・ベター・ブルース』(1990)、『ジャングル・フィーバー』(1991)、『マルコムX』(1992)までは映画館でみた。『ガール6』(1996)も確かビデオでみたような。
 本作は1979年に実際、クー・クラックス・クランに潜入捜査を行ったロン・ストールワースの自伝、Black Klansman(2014)をベースとしており、映画は2019年アカデミー賞の脚色賞を受賞。タイトルは、本作の中でも引用されるD.W.グリフィスの超大作『國民の創生』(→wiki)の原作タイトル、「クランズマン」に由来するのだろう。原作者ロン・ストールワース本人の談話がこちらに載っている。映画の原題の"KkK"表記は、かつてブラックパンサー党(→wiki)がアメリカ政府を糾弾する際によく使ったAmeriKKKaを想起させる。

 年をとると、どうも先入観にとらわれることが増えてくるようで、本作もみる前は正直、ポリコレ臭きついのでは?と少し躊躇した。しかし、よくよく振り返ってみても、スパイク・リーに限ってそんなことはない。アイデンティティ政治色は強いが、そもそもマイク・ニコルズの『卒業』(ユダヤ系)しかり、コッポラの『ゴッドファーザー』(イタリア系)しかり、ロバート・クローズ監督・ブルース・リー主演の『燃えよドラゴン』(中国系)しかり、アヴィルドセンの『ロッキー』(イタリア系)や『ベスト・キッド』(日系)しかり。激動の時代(→ブログ)以降のハリウッド史そのものが、アイデンティティ政治の大きな戦場だったと言える。
 本作をみてしまうと、スパイク・リーが不快感を露わにしたように、同年のアカデミー賞で作品賞を受賞した『グリーンブック』が白人目線に合わせた映画だということがあらためてわかる。
 スパイク・リーの映画は、昔から一部の白人による「人種間の対立をあおるな!」という批判にさらされてきた。しかし、彼はそういった批判にも忠実に応えている。たとえばデンゼル・ワシントンの息子、ジョン・デヴィッド・ワシントンが演じる主人公よりも、アダム・ドライバーが演じる同僚のユダヤ系警官のほうに観客(少なくとも非黒人の観客)の共感が向かうように演出されている。ローラ・ハリアー演じるパトリスのアフロヘア眼鏡っ娘というのはカワイイが、一方でKKKメンバーの人物造形もことさら邪悪には描かれていない。アメリカの田舎に行ったらああいう面構えの白人いるよねといった風情で、フェリックス演じるヤスペル・ペーコネンやその妻コニーを演じるアシュリー・アトキンソンも好演していた。目立たないが、地味で太ったオタク風の男は、『リチャード・ジュエル』(→ブログ)で主人公を演じた ポール・ウォルター・ハウザー。
 彼らのヘイト発言や排外主義は性格上の問題というよりむしろ、教育・文化の貧しさに由来するということが観客にも伝わってくる。ちなみにパトリスのモデルは、映画のなかでも示されるようにアンジェラ・デイヴィス(→wiki)。

 冒頭に引用される、白人女性が戦場でミード先生を探す古い映画は、あとで検索すると、『風と共に去りぬ』(→wiki)。本作で召使役を演じたハティ・マクダニエルは黒人で初のオスカー受賞者。昨今流れていた、Black Lives MatterのあおりでHBO Max(ストリーミングサービス)の配信ラインナップから『風と共に去りぬ』が削除されたというニュースには、多くの黒人たちからみた本作への評価が関わっている。

 『ブラック・クランズマン』の主人公は最初、ブラックパンサー党の集会に潜入するのだが、演説するクワメ・トゥーレ(=ストークリー・カーマイケル→wiki)の名前は、文春オンライン2020.6.23 「黒人よりもアジア人が差別されている」の誤解 日本人に教えたい米国の「制度的人種差別 ~一橋大学教授・貴堂嘉之先生インタビューにも名前が登場。制度的人種差別(→wiki:Institutional racism)という言葉を最初に提唱した人。彼は一時、ブラックパンサー党の主席となるが、エルドリッジ・クリーヴァー(→wiki:Eldridge_Cleaver)らと対立して離党した。
 ブラックパンサー党に関わった著名人のなかで、なぜ彼が本作でクローズアップされているか、ということがポイントだ。アフロアメリカンの怒りの矛先は、ろくに教育されていない白人たちの直接的な言動だけでなく、自分たちを差別される待遇に置くことを強いてきたアメリカの制度的欠陥だということだ。
 クワメ・トゥーレを演じるコーリー・ホーキンズのスピーチはなかなかグルーブ感があってじつにウマイ。

 KKKの近代化をはかろうとする若き人種主義指導者デヴィッド・デューク(→wiki)も、他のKKKメンバーと同じく、わかりやすい悪として描かれていない。トランプ大統領にも似ていないw。こういう一見、好人物にもみえる人種主義者は現実にけっこういる。彼は共和党のルイジアナ州下院議員で、1992年の大統領共和党予備選の候補にもなった。
後半の彼のスピーチでは、トランジスタを発明して1956年のノーベル物理学賞を受賞したウィリアム・ショックレー(→wiki)が晩年、優生学に興味を持ったことなどが語られる。

 悪役がリアルに描かれているだけに、デヴィッド・デュークがまんまと騙されていたことが発覚するというオチは「痛快」さに欠けてしまう。
 ただ、スパイク・リーの意図はそんなところにはない。
 エンタメという謳い文句とユーモラスなアフロヘア、人気の高いアダム・ドライバーの起用・名演により白人観客を増やしたうえで、最後に挟まれるドキュメンタリー映像を突きつけるというところにあるのだろう。

  後日、浜本隆三の『クー・クラックス・クラン』を読む。リチャード・ホフスタッターの『アメリカの反知性主義』、Mark C Carnesによる結社研究(南北戦後の30年間、アメリカ人男性の5~8人に一人が結社に加入。「オッド・フェローズ」81万人、「フリーメイソン」75万人)、フロンティア開拓と秘密結社の関係、秘密結社の互助会的役割、KKKの起源、第2期KKKの慈善活動及び『圀民の創生』などなど。
 これと、越智道雄の『アメリカを動かすスコッチ=アイリッシュ』を読んでいたら、マシュー・バーニーのクレマスター・シリーズや『スリー・ビルボード』(→ブログ)ももっと理解できただろうに。
『ブラック・クランズマン』でも示唆されていた「デヴィッド・デュークが2016年大統領選でトランプ支持を表明」報道がもたらした、トランプ大統領とクランの関係をめぐるメディアの騒動にも触れている。

 文中敬称略。

【追記 2020.7.5】
 なんとなく1960年代後半のアメリカ文化を描いた本にブラックパンサー党に触れたものがあったなぁ、と書棚の本を漁っていたら、マーティン・A・リー(→wiki)とブルース・シュレインの『アシッド・ドリームズ』第10章に、ティモシー・リアリーがエルドリッチ・クリーヴァと一時期親しくなって、アルジェリアを旅行したことが書いてあった。ただ、リアリーはクリーヴァの高圧的態度に腹を立ててすぐに決裂した。引用しよう。
「(クリーヴァーは)、じぶんら以外のグループのリーダーたちはほぼ全員、アビー・ホフマンやジェリー・ルービン(→(→wiki)らの白人ラディカルはもとより、ストークリー・カーマイケル、マーティン・ルーサー・キング、ジェームズ・ボールドウィン(→wiki)、リロイ・ジョーンズ(→wiki: アミリ・バラカ)らの黒人リーダーですら、たちまち「修正主義」ときめつけたのだ。やがては、ある程度はFBIの罠にかかったとはいえ、クリーヴァーは肝心のパンサーズ創立者ヒューイ・ニュートンとすら、手を切るにいたる。
 FBIはまた、リアリーとクリーヴァーらの仲をも硬化させた。ブラック・パンサーズのニューヨーク支部にもぐりこんだ隠密諜報員が、クリーヴァーあてににせ手紙を送って、リアリーにやきをいれて、傲慢で我の強い性格をまるくしてやれと指示したのである。クリーヴァーの取り巻きのなかにまぎれこんでいた黒人のCIA諜報員が見とどけるなか、リアリー夫妻はパンサーズ本部で銃口をつきつけられて、軟禁された」。

 本書は1960年代アメリカの激動の時代(→ブログ)を理解するうえで必読の書だと思うのだが、いまや現代の多くの日本人にとっては、ティモシー・リアリー(→wiki)って誰?という感じなんだろうな。数か月前にあったオンラインの映画を語る会で、マスメディア所属の映画好きな30代(?)男性が、アリ・アスターの『ミッド・サマー』にどうして幻覚キノコが登場するのかよくわからない、と発言するのを聞いて、時代の大きな変化を実感したよ。