『着衣のマハ』の理由 


『着衣のマハ』

『裸のマハ』

 この二枚の絵が公衆の面前に晒されたのは1808年のことだ。
 大航海時代には世界を席巻したスペインだったが、その後国力は低下傾向にあった。カルロス3世時代(18世紀半ば)に多少盛り返 したものの、続くカルロス4世が無能だったため、政権は王妃マリア・ルイーサとその愛人ゴドイに委ねられた。ふたりにとって金と 権力は思うがままだった。しかし、これに業を煮やしたカルロス4世の息子、フェルナンド7世はポルトガル討伐を理由に侵攻してき たフランス軍に呼応、アランフェスで反乱の狼煙を上げた。ゴドイは逮捕され、莫大な資産が没収された。資産のなかにはゴドイが 収集した1000枚以上にのぼる絵画が含まれており、『着衣/裸のマハ』もそのなかにあった。
 カトリックの伝統を守る敬虔なクリスチャンは、『裸のマハ』を初めて見たとき卒倒したに違いない。そこに描かれていたのは、 陰毛を晒け出した生身の女だったからだ。当時は裸婦画自体が珍しく、あったとしても神話上の女神かニンフに限られていた。しか も、『着衣のマハ』があるために脱衣という行為がいやでも想像され、エロティシズムが引き立つ。抽象のベールを帯びた美しいヌ ードではなく、劣情を刺激する厄介なネイキッド――。
 当時、敬虔なカトリックの伝統を引き継ぐスペインでは、異端審問所が依然幅を利かせていた。彼らは、この禁断の絵を依頼した のはゴドイ本人で、描いたのは宮廷画家フランシス・ゴヤであることを突き止めた。ゴドイは愛人ペピータ・トゥドーの裸身をゴヤに描かせ、同一ポーズの着衣画も描かせていつでも替えられるようにしていた、と噂された。
 スペイン映画の巨匠、ビガス・ルナの映画『裸のマハ』(DVDビデオ【字幕】ビデオ【吹替】)は、この絵をめぐって、王妃の寵愛によって25歳で宰相にまで上り 詰めた美少年のゴドイ、王妃マリア・ルイーサ、ペピータ・トゥドー、王妃に対立するアルバ公爵夫人、ゴドイの正妻・チンチョン伯爵夫人、そしてフランシス・ゴヤの愛憎を描いた作品だ。ゴヤがひそかに思いを寄せるアルバ公爵夫人の毒殺疑惑に絡んだミステリ仕立てになっていて、お勧めの作品だ。徳間文庫からビガス・ルナ原著で『裸のマハ―名画に秘められた謎』という本も出ている。

 ゴヤは1746年にアラゴン王国の旧都サラゴサの近郊に生まれた。マドリードの王立サンフェルナンド美術アカデミーの奨学試験に 2度も落選し、1775年以降は王立タピスリー工場で下絵を描いていた。1780年に王立アカデミーの会員に迎えられ、1786年には国王 カルロス3世付きの画家となる。そして1789年のカルロス4世の即位に伴い、あらためて宮廷画家に任命された。
 ところが1792年には原因不明の大病に罹り聴覚を失う。ある感覚器官が損なわれると他の機能がそれをカバーするために より鋭敏となり、創造能力を高めるというが、彼の場合も名作と呼ばれる作品を生むのは聴覚を失って以降のことだ。
 先述の政変のあと、フランスの皇帝ナポレオンはカルロス4世とフェルナンド7世の両者を幽閉し、兄ジョゼフをスペイン王位につ けた。これにはスペイン民衆も怒り心頭に達し、ナポレオン軍に徹底抗戦した。ゲリラという言葉はここから生まれたという。
 混乱を極めるなか、ゴヤは「戦争の惨禍」などの銅版画をつくり続けた。しかし、1819年にはマドリード近郊に別荘を購入し、「 聾唖の家」と名づけて引きこもった。そこで彼は凄惨な連作絵画『黒い絵』を制作した。
 その後、彼はフェルナンド7世と仲違いしたままフランス・ボルドーに亡命し、1823年に没した。享年82歳。
 プリハードコムは、『着衣のマハ』について56cmx92cm [M20B号] を、『裸のマハ 』については56cmx92cm [M20B号] 95cmx166cm [80号 変形] を提供している。

スポンサーサイト

何も言うな。アングルを見よ(1) 

   ルーブルを見ずして一生を終えてはいかんだろう、と何年か前に生まれて初めてパリのルーブル美術館を訪れた。
 いや、驚いたねえ。アートと美食で食っているフランスの権威を象徴する巨大な建物である。広いのなんの。日本人や中国人のツアー客がうじゃうじゃ這い回っているが、なにせ広いものだから「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」像の周辺を除けば気を削がれることなく堪能できる。
 そのとき最も惹かれた絵のひとつが、アングル 「グランド・オダリスク」 (上)である。半身を大きく捻って振り返る裸婦の表情は格別である。古典的な美をそなえつつそれから逸脱せんばかりの官能性。エロティックとエレガンスの絶妙なブレンド。何よりも、この世ならぬ場所へといざなう悦楽的な眼差し。全体に眼を向けてももちろん素晴らしい。
 構図は実に計算されている。中心に膝頭が置かれ、対角線に沿って長い腕や脚が伸びている。胴体の左側の輪郭線や右腕の線は、正中線の上部を中心とした円弧に忠実だ。胴体が異常なまでに長くデフォルメされていると当時の批評家は目くじらを立てたというが、ぜんぜん気にならない。むしろ、絵画史上屈指のデッサンの名手アングルが人体の規範を裏切ってまで表現したかった新たなる曲線美のイデアが強く感じられるではないか。
 フランス革命を果たして神よりも人間が中心を担うようになった時代にあって、アングルは保守派ならではの慎みを保ちつつも、神の支配する古典的な比例美を逸して、人間の求める新たなる美の規範を築いたのだ。

 「グランド・オダリスク」の構図は、師匠のダヴィッドが1800年に描いた「レカミエ夫人の肖像」(上)の影響を汲んでいる。 見比べてみると、こてこての古典主義者ダヴィッドとの歴然たる違いが見て取れる。アングルはドラクロワなどのロマン主義に対抗して新古典主義の旗手に担ぎ上げられたが、この場合の「ロマン主義」はあくまでも古臭い美術史用語でしかなく、本質的にはモダンアートの源泉であるロマン主義の巨匠と言うべきだろう。
 イギリスの有名な美術史家ケネス・クラークは「裸体美術の成功の鍵は、誘惑的なまでにエロティックであると同時に、美術品として冷静に鑑賞しうる新たな肉体美の形式を創出することにある」と語ったそうだが、本作品はその要件をじゅうぶん満たしている。贅沢に時間をかけて精妙に描かれた細部の陰影もまた、なんとも素晴らしい。
 なお、オダリスクのオダはトルコ語で「部屋」の意味。日本でも側室という言葉があるように、トルコの後宮に生きるスルタンの側室――ハーレムの美女、を意味する。ナポレオンのエジプト遠征はフランスに東方趣味をもたらしたと言われており、アングルはローマ留学中の1814年にこれを描いている。

何も言うな。アングルを見よ(4) 

 かつてソープランドはトルコ風呂と呼ばれていた。トルコ政府のクレームにより改名を強いられたのだが、トルコ風呂やハーレムという言葉が男性諸氏のエロティックな妄想を掻き立てたことには、もちろんそれなりの理由がある。アングル「トルコ風呂」 も、トルコ風呂のエロティック・イメージ形成に多大な影響を与えたひとつに違いない。
 それにしてもまあ、女の匂いでむせ返るような情景である。なまめかしい肉体をくねらせて多彩なポーズをとる裸婦が二〇人あまりもひしめき合っている。玉を転がすような艶笑がそこかしこから聴こえ、甘酸っぱい匂いがこちらにまで漂ってきそうだ。アングルは晩年の八二歳でこの絵を描きあげたというが、北斎しかり、ピカソ しかり、天才と呼ばれる画家は老いてなお性に貪欲だった。
 彼はトルコには一度も行ったことがない。この絵は18世紀にコンスタンティノープルに在住した英国大使夫人の浴場見聞記をもとに描いたのだそうだ。ひとりひとりの肢体をじっくり見ていると、ポーズにせよ表情にせよ、いずれも個性豊かである。背中を向けてマンドリンを弾く裸婦は、アングルが若いころ描いた「浴婦」 の焼き直しである。上体をのけぞらせている女は、かつてよく模写をしたインド彫刻の女体にそっくりだが、モデルは彼の2番目の妻デルフィーヌだそうだ。つまり、この豊麗な女体の標本箱のような作品は、彼が過去に描いた裸婦画の集大成なのだ。描きあげたのは最晩年の1883年だが、若い頃をいろいろ思い出しながら描いたに違いない。
 円形の枠組は、一度完成した四角い作品の四隅を切って丸くしたせいだという。あたかも壁にあいた覗き孔から窃視しているような感覚が味わえる。本物は直径108センチ。


アングル (1) (2) (3)