ロマンチックって何? あるいはドラクロワ(1) 

「キオス島の虐殺」

 ドラクロワがロマン主義の巨匠だと聞いたときは、違和感を感じたものだ。 どう見てもロマンティックではなく社会主義リアリズムではないか。
 しかし、ダヴィッド の新古典 主義がアカデミーの主流を占めていた当時、ギリシア・ローマの古典美のカノン(規範)に反するドラクロワのダ イナミックな構図と強烈な色彩の絵画は、ロマン主義と呼ばれた。冷たい形態美よりも人間の熱い内面を重視したロマン主義運動は フランス革命後の19世紀初頭に生まれたが、もともとは18世紀後半に文学の領域から生まれたものである。シュトゥルム・ウント ・ドランク――疾風怒濤――ゲーテの小説『ウェルテル』やシラーの戯曲『群盗』に代表されるドイツのロマン主義文芸運動である 。それは理性と調和を重んじる古典主義や啓蒙主義の対抗概念であり、情熱と感性と想像力を重視し、体制打破や自然志向、あるい は異国的なもの、未知のもの、神秘的なものへの憧憬を特徴としている。
 なるほど、言われてみるとドラクロワの絵は、社会主義リアリズムというより革命運動のアジテーション絵画の ように見える。というか、革命嗜好の連中が彼の情熱を模倣したというのが正しい言い方だろう。
 この絵の主題は、1822年4月に起こった実際の事件をもとにしている。当時ギリシアはオスマン・トルコの支配下にあったが、各地 で独立紛争が勃発していた。その最中にトルコ軍が地中海に浮かぶキオス島に上陸、住民2万人を虐殺した事件のことである。ヴィクトル・ ユゴーは「葡萄の島キオスはもはや陰鬱な暗礁でしかない」と詠い、ロマン派の青年たちの心を揺さぶった。当時ドラクロワは26歳 。正義と革命に熱く血を滾らせる盛りであった。
 勝ち誇る馬上のトルコ人兵士、拉致される裸婦、陵辱の果てに死に絶える若い母親、その母にすがりつく赤子、 途方に暮れる老婆……、同世代の新古典主義の巨匠、アングルの諸作品と同じく東方――トルコを描いているが、アングルの典雅な世界とはまったくの対極にある 。
 実物は422x352cmというから途方もなく大きい。プリハードコムは85cmx73cm [F15号] の複製画を提供 している。


[ドラクロワを知るための1冊]

ドラクロワの絵画作品を彼の書簡や日記などと共に紹介する本。表紙は「民衆を導く自由の女神」 だ。

スポンサーサイト