アクショニズムあるいは自由へのオブセッション 

 ウィーン美術史美術館といえば恐らくドイツ語圏でも最大規模の美術館だろう。中世から20世紀初頭に至るまで神聖ローマ皇帝や各国の 国王を数多く輩出したハプスブルク家の美術コレクションがぎっしり詰まっている。
 その美術史美術館の道路を隔てた向かい側は、美術館や文化施設、ガーデンレストラン、カフェ、店舗が40以上も立ち並び、ミュージア ム・クォーター(MQ)と呼ばれている。アートが文化の中心に据えられ建築や先端ファッション、グルメと密接に結びつく文化の形は、一般 人のアートへの関心度に雲泥の差があるとはいえ、都心で美術館が増えてきた東京も大いに見習って欲しいものだ。
MUMOK MQ内には主要な美術館が2つある。エゴン・シーレのコレクションで有名なレオポルド美術館とMUMOKー(Museum Moderner Kunst Stiftung Ludwig Wien)―近代美術館ルードヴィヒ財団ウィーンである。MUMOKは正面から見て右手にあり、設計はオルトナー&オルトナー(Ortner & Ortner)。上掲写真のように濃い灰色の御影石を貼りつけた特徴的な建物だ。
 エロティック・アートを数多く展示し、ある展示会では全裸または水着着用で来館した人を無料にしたレオポルド美術館もなかなか「変」 だが、このMUMOKもかなりイッている。今年の3月から6月にかけては前回紹介したイヴ・クラインの展示会を開いているし、過去にはアントナン・アルトーのフィルム&デッサン展や過剰な反美学に耽るマイク・ケリーの“UNCANNY”展なども催している。20世紀美術のコレクションはオーストリア最大規模で、絵画や彫刻、インスタレーション、写真、映像作品などをおよそ9000点所有しているそうだ。キュビスムや未来主義、表現主義、ダダ、シュルレアリスムといった戦前のクラシックなモダニズム作品も充実しているが、重点はむしろ戦後美術の動向に置かれている。ジャクソン・ポロックやルチオ・フォンタナらによる50年代のアブストラクト、同じく50年代にアメリカ的大衆消費主義を背景として登場したウォーホール、リキテンシュタインらのポップアート。イヴ・クライン やジャン・ティンゲリーらが1960年にフランスで結成したヌーヴォー・レアリスム。ナム・ジュン・パイクやヨゼフ・ボイスらが参加し、日本ではオノ・ヨーコが有名なフルクサス運動。50年代後半に始まるハプニング―パフォーマンスアート運動の大きな潮流において最も過激な活動として知られるウィーン・アクショニズムなど。
 特にアクショニズムに関しては活動拠点の中心がウィーンだったこともあり、1フロアを用いて詳しく紹介している。
ヘルマン・ニッチ(1)  ウィーン・アクショニストと呼ばれるのは、主にヘルマン・ニッチ(またはニッチュ)、オットー・ミュール、ギュンター・ブルス、ル ドルフ・シュヴァルツコグラーの4人である。彼らは1965年にウィーン・アクショニズム・グループを結成し、裸体の男女が互いに生血を擦 りつけあい、鶏や魚の死骸や生肉を投げあう猟奇的パフォーマンスを何度も繰り広げた。もともとは代表格のヘルマン・ニッチ(あるいはニッチュ Hermann Nitsch,1938-)が1957年に思いついたOMシアター(Orgies-Mysteries Theatre)のコンセプトを具現化、発展させたものだ。ニッチはOMシ アターの一つの具体化として、巨大キャンバスに赤いペンキを垂らして殺戮の流血シーンを想像させる"poured painting"シリーズを60年代 初頭から開始した。オットー・ミュールがこれに共鳴し、続いてブルスとシュヴァルツコグラーが加わり、アクションはより一層過激さを 増していった。
ヘルマン・ニッチ(2)  ニッチは宗教的な「供犠」「生贄」をモチーフとして子羊や豚、雄牛を会場の上で屠殺し、内臓を摘出しておびただしい血をぶちまけた。これはエレウシスの秘儀に始まるヨーロッパ伝統の供犠文化、嗜虐文化を受け継いだものに違いない。アクショニストの中で今日までこうした血なまぐさいアクションを続けているのは彼だけだ。2005年にも格式高いウィーンの国立歌劇場で「ディアギレフの夜」と題したバレエを演出し、動物を解体して臓物や生血を素っ裸の男女に塗りたくる映像を流して観客からブーイングを浴び、大いにスキャンダルを呼んだ。彼の公式サイトはこちらにある。
オットー・ミュール  オットー・ミュール(Otto Muehl,1925-)は62年にニッチと共に最初の「公開アクション」をおこなった。肉体と食物、汚物、絵具から なる人体料理のパフォーマンスを好んで繰り広げ、「マテリアル・アクション」と名づけた。彼はその後、ウィリアム・ライヒの精神分析 に強い関心を抱き、肉体解放を唱えるラディカル・セラピーを開発してコミューンの主宰者となる。コミューンの活動の様子は、ドゥシャ ン・マカヴェイエフ監督の1974年の映画『スウィート・ムーヴィー』に描かれている。まさに放縦と無軌道が加速した1970年前後の狂騒時 代を端的に表している。ところが後年、未成年に対する性的虐待の罪で逮捕され、7年にわたる懲役生活を送った。公式サイトはこちら
 ギュンター・ブルス(Gunter Brus,1938-)は自分の肉体をサドマゾチックな自傷行為の道具として用いた。アクショニズムがより過激な ボディ・アクションに向かったのは、彼がいたからこそである。1968年にはオーストリアの国旗に脱糞して家族と共に国を追われるが、後 に帰国を許されている。
シュヴァルツコグラー  シュヴァルツコグラー(Rudolf Schwarzkogler,1940ー1969)は当グループに最後に加わったが、4人のうちで最も若いのに自分の肉体を駆 使せずもっぱらモデルを使ったため、メンバーからチキン扱いされることもあった。しかし、ヘルマン・ニッチ曰く、彼のアクションはた だの過激さ残酷さだけを追い求めるのでなく、独特の優美なエロティシズムを備えており、クリムトやエゴン・シーレに見られるエロスと 死が密接に結びつくウィーン美学を継承していた。また、シェーンベルクやジョン・ケージの前衛音楽、アジアの神秘主義、ショーペンハウエルの哲学についても語れるだけの知性をもっていたという。
 彼は前回述べたとおり1969年、当時28歳のときにウィーンの自宅のアパートから身を投げて死んだ。オットー・ミュールの証言が正しいとすれば、彼はイヴ・クラインの『虚空への跳躍』(Saut dans le vide)に衝撃を受けて、クラインの影響にどっぷり漬かっていたそうだ。

 フランスの作家、ミシェル・ウエルベックが1998年に発表した小説『素粒子』に、ウィーン・アクショニストへの言及がある。この小説 は西欧文化がもつセックスに対するオブセッションの悲哀を描いて欧米の文壇に大いなるセンセーションを巻き起こし、文中で展開される思想がラエリアン・ムーブメントとの影響関係が囁かれるいわくつきの作品だ。およそ30ヶ国で翻訳され、日本でも2001年 に邦訳が出版されている。
 主人公の一人である文学青年くずれの国語教師ブリュノは、やっとものにできた女性がかつて十代のころ悪魔主義的なカルト集団に関わ ったことを聞いて、ヒッピー・コミューンがいかにしてサタニズムと結びつき殺人カルトに発展するかについて解説し始める。そして「90 年代のシリアル・キラー(連続殺人犯)は60年代「ヒッピー」の私生児であり、その両者の祖先は50年代(ママ)ウィーンのアクショニス トに見出される」と語る。アクショニストは芸術の美名の下に自由と解放を絶対視してディオニソス的な獣性と悪を解き放ったというのだ。
 90年代から現代にかけては日本でも残酷な殺人事件が相次いだ。80年代末の宮崎勤事件や94-95年のオウム・サリン事件、97年の酒鬼薔薇 聖斗事件など。2000年以降は状況がさらに悪化し、今年に入ってからも妹を殺して両乳房と下腹部をえぐり取りノコギ リと文化包丁で解体した歯科医の次男、夫をワインボトルで撲殺して遺体をバラバラにしたセレブ妻、母親の頭部を切断してバッグに入れ て持ち歩いた高校3年生が登場した。いずれも暴力団や暴走族の関係者ではなく、裕福な家庭に生まれ育った者たちや名門進学校の生徒だ。
 現代の殺人者たちがウィーン・アクショニズムやヒッピー的な思想に直接的な影響を受けた形跡は見当たらない。しかし、オウムの出家集団はオットー・ミュールらのヒッピー・コミューンを髣髴とさせるし、白人と黒人の最終戦争を「ヘルタースケルター」と呼んで女優のシャロン・テートらを惨殺したマンソン・ファミリーの拡大バージョンではないかという意見も見られた。マンソンほかジェフリー・ダーマーやヘンリー・リー・ルーカス、エド・ゲインといった悪名高いシリアル・キラーが90年代以降に一部でもてはやされ、一種の実録殺人ブームとなったのは記憶に新しい。
 殺人実録ものや残酷シーンの多い映画や小説を娯楽として楽しむ行為は断じて社会的に禁じられてはならない。しかし、ネット社会の到来によってあらゆる情報がたやすく手に入る状況下、それらが全体的なモラル低下と結びついて、嗜虐的な殺人の増加に何がしかの影響を及ぼしていることは認めざるを得ない。たとえば2005年にタリウムで母親を殺害しようとした静岡の女子高生は、グレアム・ヤングというイギリスの有名な毒殺犯を英雄視していた。
 現代の殺人が全て自由と解放への苛烈な希求や行き過ぎた自由のもたらす獣性に起因するわけではない。しかし、60年代以降のリベラリズムを謳歌した者たちが子どもの親となる時代になって、それまで当然のことだとして守られてきた規律-規範の意識が致命的なまでに 緩みつつあるという指摘は、いかにも保守的な人びとがぼやきそうなことで抵抗があるものの無下に否定できない。近年の若者の保守反動傾向は、行き過ぎたリベラリズムの振り子の揺れ戻しなのかもしれない。
 ブリュノはアクショニストを悪の権化としてとらえたが、一方で芸術は炭坑のカナリア――つまり、環境の変化を敏感にとらえて人類にいち早く警告する――という、いささか都合の良い言い方がある。
 現代社会は自由――虚空への跳躍を試みて転落死したシュヴァルツコグラーと同じ道をたどるのか?
 それともヘルマン・ニッチのように老いてなおも観客から大ブーイングを浴びながらわが道を行くのか?

 なお、『素粒子』の文中に「ヘルマン・ニッチは未成年に対する強姦の罪でオーストリアの監獄につながれている」というくだりがあるが、これはニッチではなくオットー・ミュールのほうだと思われる。ニッチが獄中にいた話は知られていないし、ミュールは1991年から97年まで監獄にいたので小説の時代背景と一致する。訳者は文学青年崩れのさえない中年男がインテリ気取りで展開するいいかげんな一人語りの後に続く地の文ということで、あえて放置したのだろうか。

 ※ヘルマン・ニッチの作品は、横浜トリエンナーレ2008(~ 11月30日)で観ることができる。



【参考文献】



スポンサーサイト