アウトサイダーアート関連の展示会【in京都】告知 

 最近は関西でアール・ブリュット/アウトサイダー・アートが盛り上がりを見せている。
 関西最大級の展示ギャラリーである京都・ギャルリー宮脇では、今春に引き続き、11月から12月にかけてアール・ブリュット展をおこなう予定だ。
 今春(4月20日~6月2日)の展覧会では、マッジ・ギルやローゼマリー・コッツィ、ラファエル・ロネ、テオらアール・ブリュット・コレクションの作家作品を展示していた。
 今回は欧米のアウトサイダー・アーティストおよそ20作家による70点以上の作品を展覧するという。

 期間は2007年11月9日~12月16日。
 詳しくは京都・ギャルリー宮脇をご覧ください。


スポンサーサイト