アウトサイダーズ・ブック(?!)の出産に向けて 

 引きこもりがちな生活をそれまで1年近く続け、自分自身アウトサイダー気取りで過ごしてきたが、2007年7月から山口情報芸術センターが主催する長期ワークショップに参加し、2週間に1度、多いときには毎週のように車で1時間半かけて山口市に通っている。

 このワークショップは京大文学部の吉岡洋教授(哲学)の指導のもと「市民で1冊の本をつくる」というものだ。本といっても内容的には雑誌に近く、大きな3本柱は吉岡教授と大内人形の第1人者・小笠原氏との対談、同じく中原中也記念館の副館長・中原豊氏との対談、そして1月6日に開かれた辛酸なめ子氏を招いてのアート弁当コンテストである。辛酸なめ子氏のイラスト&エッセイのほか、『コヨーテ読書──翻訳・放浪・批評』(青土社)の著述や『アルトー後期集成』(河出書房新社)の訳で名高い管啓次郎氏や、血液型と性格の関係性や知能指数、噂の蔓延に関する研究等で知られる立命館大学教授(心理学)の佐藤達哉氏によるエッセイもあって、なかなか内容の濃いものになりそうだ。

 編集部は吉岡教授を除くと本作りの経験が皆無に等しい者ばかりで、現在制作の真っ最中だがどうなることやらヒヤヒヤものである。プロの執筆陣には申し訳ないが、これはまさにアウトサイダーズ・ブック(門外漢による本)と言えるかもしれない。

 ちなみに私は文字起こし、編集、校正、デザイン検討などに関わり、なるほど本とはこういう風に出来上がるのだとあらためて知って勉強になった。何しろ、いろんな面でホームページやブログのテキスト作りとは比較にならない精緻さが求められるのだから大変である。また、年齢もバックグラウンドも嗜好も異なるシロウトたちが寄り集まって作っているので、意見の相違を乗り越えるのに時間がかかってしまう。とはいえ、慣れない作業を他人と協力しながら推し進めることで、自分の中にこれまで気づかなかった側面を発見したり、他人の中に自分の一部を発見したりしてとても興味深い経験ができたと思う。

 発行元は山口情報芸術センターで、刊行は4月末を予定しており、定価は恐らく1000円である。興味のある方はご購入いただけると幸いである。

スポンサーサイト