アトリエ インカーブの活動 

 今年で16回目を迎えたアウトサイダーアート・フェア(2008年1月25日~27日)は、 アメ リカン・フォークアート・ミュージアムが主催するアートウィークのメインイベントだ。  イギリスのヘンリー・ボクサーやシカゴのカール・ハマー、ロッテルダムの ヘレンプラーツなど、アウトサイダー・アートの名だたるギャラリーが出品している。  ヘンリー・ダーガーを初めて本格的に国内に紹介したことで知られる 小出由紀子のYUKIKO KOIDE PRESENTSも出展者リストに名を連ねている。

 この国際的なアートフェアで、日本のアウトサイダー・アーティストたちがいま注目を浴びている。大阪の「アトリエ インカーブ」のアーティストたち、寺尾勝広、湯元光男、吉宗和宏、新木友行、武田英治だ。

 なかでも寺尾勝広の作品はマンハッタンのフィリス・カインド・ギャラリーPhyllis Kind Gallery(236 West 26th Street, Suite 503)で単独展が開かれるほどで、日本では国立新美術館内にあるスーベニア・ フロム・トーキョー・ギャラリー で、今年2008年4月21日まで新木友行の単独展『PURORESUMAN』が開催中である。

 「アトリエ インカーブ」(大阪市平野区)はボーダレスアートミュージアムNO-MA同様、社会福祉法人が運営する施設で、アート/デザイン・福祉・教育の3つの領域を横断的にプロデュースしている。こうした福祉法人がアートプロデュースを手がける例は新しい時代の到来を感じさせる。

 ちなみに「アトリエ インカーブ」の活動は、3月22日(日)深夜の日本テレビ系ドキュメンタリー番組「NNNドキュメント」で紹介されるという。お見逃しなく。




スポンサーサイト