マイケル・ファウラー『音庭』 

機材 6時20分からホールでマイケル・ファウラー(Michael Fowler)による音庭(オトニワ)コンサート。
 ファウラーは1974年オーストラリア生まれ。アメリカのシンシナティ大学で音楽学の博士号を取得し、現在は帰豪してメルボルン王立工科大学のSIAR研究員として活動中。近年は自らを音庭師(オトニワシ)と名乗り、日本庭園のサウンドスケープをモデルにしたサウンド・インスターレーションを制作し続けている。
 2003年に秋芳町の「交流の館」に滞在した際、山口市・常栄寺の雪舟庭に魅了されたことから、今回はその雪舟庭で採取した自然の音を電子処理した作品。中央に2台、周囲に8台のスピーカーを巡らせて複数の箇所から音を放しあう独特のサウンドデザインを展開した。

オーガニック  中庭でおこなう予定だったが、前日の天気予報で雨が懸念されたため、急遽ホールでのライブとなったそうだ。反響が強すぎる屋内での演奏のせいか、最初は音量出力の調整に手間取っていた模様。それでも、鳥のさえずりやセミの鳴き声、枝葉の擦れあう音、葉むらのざわめき等が電子処理され周囲を駆け巡るサウンドデザインは空間イメージを伴って心地よい。ただ、正直なところ、どうしてもやはり電子音よりも外から聴こえる蟲の声の自然音のほうに耳が引き寄せられてしまう。メディアテクノロジーはまだ自然音に匹敵する繊細さを実現できるレヴェルに達してはいない。
 ↑は世界に数台しかないと言われるスピーカーのオーガニック。

レーザービーム  コンサートが終わって外に出るとあたりはすっかり暗くなっていた。宿泊棟のレストランあたりから本館にむけて投射される緑のレーザービームが美しい。AIAVのサイトによると、これは萩に住む現代陶芸家、三輪和彦氏の作品だそうだ。



スポンサーサイト