煙巻ヨーコ ダンスセッションに行く。 

 YCAMスタジオAでおこなわれた「ALL LOVES YOU! 煙巻ヨーコ ダンスセッション 」に行く。「古い着物を甦らせる。展」中日の夜で、京都あたりならともかく、山口のような田舎でこうした客層が全く異なるクラブイベントとディープな和の世界との大きな振幅を楽しめるとは、東京在住時には思ってもみなかったことだ。
 18時から約4時間にわたるイベントで、DJとしてボアダムスのEYEのほかOORUTAICHI、カジワラトシオ(DJ BING)、JUZU a.k.a. Moochy、周南peopleのHARUCHIKAが参加。VJはrokapenis、舞台デコレーションをOLEO、ライティングをYAMACHANGが担当した。もちろん煙巻ヨーコ(東野祥子)が4時間ぶっとおしで踊るわけでなく、煙巻プラス各DJによるダンスセッションと、参加者が踊れるダンスタイムが交互に設けられている。ダンスセッションでも踊ることは可能だが、最後の最後に一緒に踊れる時間が来ることを知っていればガマンのしがいがあるというものだ。
 ボアダムスのヤマタカEYEというとかつて高円寺の20000ボルトや野外レイブでヴォイス・パフォーマンスを楽しんだものだが、相変わらず独異のスタイルで観客を沸かせ、こちらも楽しませてもらった。
 最後のセッションはカジワラトシオのノイズ系の音&煙巻のソロダンス。その狂おしいばかりの音響とダンス・インプロヴィゼーションには心底惚れ惚れした。迂闊にもこれまで知らなかったのだが、カジワラトシオはWEBで拾ったプロフィールによると、数多くのパフォーマンス・イベントを企画するほか、Phonomenaレーベルを運営してジョン・アップルトンらの未発表音源をリリース、96年から即興音楽家としてクリスチャン・マークレー・トリオの世界ツアーにも参加している人らしい。なんとニューヨークのA-1 Recordの元店長だったそうで、 97年秋に2週間ばかりNYCに滞在した私(宿泊はニュージャージーだったから厳密には「NYC滞在」とはいえんが^^;)は、何度かイーストヴィレッジのこの店に足を運んで買物した記憶がある。
 エレクトロに即興ノイズ、音響が混じるのは大の好みだ。4つ打ちさえ刻んでいればどんなスタイルのノイズ、インプロヴィゼーションがかぶっても客は踊れるのだと思う。とにかく現在のところノイズ=音響に閉塞感を感じることはない。まあそれも1日のどれだけを音楽や音響の聴取に費やしているかによるのかもしれないが。

 これほどのイベントが前売り1,800円(但しany会員)で参加できるというのは、市営の文化施設ならではのことだが、同時に「市営文化施設の主宰イベント」という言葉のイメージを完全に覆すもので、「市民代表」を自称する精神の御老体だけの意見がまかり通る「公営文化事業」とは明らかに一線を画している。ある程度新しい文化動向に理解のある層が公的機関の幹部クラスに就く時代になったということだろうか。
 県内では他市に比べ学生数が圧倒的に多いのだし、願わくば山口市内に民間ベースで好音質のクラブスペースがあって欲しいのだが、残念ながら今のところこれといった話を聞かない。むしろ今回DJとして参加しているHARUCHIKAのpeopleが周南でひとり気を吐いているようだ。昔に比べ、夜遊びそのものに無上の喜びを得られなくなった者としては、すぐにでも行ってみたいというところまではいかないが、何かのイベントの際にでも出向いてみたい。
 観光社会学者のジョン・アーリーが述べたように(参考→)、ハイカルチャーとローカルチャー、芸術生産と商業生産との区分がなくなることが文化規範としてのポストモダンであるならば、YCAMの今回のイベントは明らかにその規範に即したものと言えるだろう。
スポンサーサイト