アール・ブリュット・ジャポネ展 

 パリのモンマルトルの丘の麓に立つパリ市立アル・サン・ピエール美術館(Halle Saint Pierre)は、19世紀の市場を改築した建物で、現代アートを積極的に展示しているが、今年2010年3月には、日本のアウトサイダーアートを取り上げるアール・ブリュット・ジャポネ展(ART BRUT JAPONAIS)を開催するという。
 ニューズレターによると、本展は同館のマルティーヌ館長が2006年~08年にアール・ブリュット・コレクションでおこなわれた日本人作家12人によるアール・ブリュット展を観て感動し、滋賀のボーダレス・アートミュージアムNO-MAに話を持ちかけて企画されたものらしい。マルティーヌ館長自身が選定して全国から集まった約1000点(!)の作品が海を渡るという。以前からお気に入りの“文字系”喜舎場盛也もその中に含まれている。
 ニューズレターに紹介された例の中で注目したのは、同じく“文字系”の松田僚馬や人の脚が異常増殖したような 万里絵の作品。沖縄市近郊にあるという城間盛栄の空き缶に埋め尽くされた家(こちらのサイトに詳しい)も興味深い。
 この展示会に先立って、2月5日(金)~2月7日(日)に、滋賀県の大津プリンスホテルのコンベンションホールでアウトサイダーアート展~パリ展に行く作家達~が開かれる。蘇振明による台湾のアウトサイダーアートの現状に関する特別講演や、はたよしこによるレクチャー(日本のアウトサイダーアートの現状とパリ展、田島征三と奈良美智の対談なども行われる模様。詳細はこちらのサイトをご覧ください。

 NOMAギャラリーのある近江坂本はもはや日本のアール・ブリュットの「首都」、琵琶湖をル・マン湖に見立ててその南岸に位置する「日本のローザンヌ」と言ってのけても、決して誇張ではないだろう。

スポンサーサイト