CLOUD FOREST/中谷芙二子+高谷史郎 

 YCAMで中谷芙二子と高谷史郎による新作インスタレーション「CLOUD FOREST」。
 タイトルのCLOUD FORESTは、亜熱帯地域で常に上方が霧に包まれている森林エリア―雲霧林―のことで、ディヴィッド・チューダーによるサウンドインスタレーション「RAIN FOREST」を踏まえている。(チューダーはマース・カニンガム舞踊団の音楽ディレクターを務めた人でジョン・ケージの「4分33秒」を公式の場で初めて演奏したことでも知られる)。中谷は1970年の大阪万博ペプシ館で「雲の彫刻」を発表したが、40年たった現在、高谷史郎設計による人工霧の発生装置と、風力や風向によって霧を制御するシステムによって、よりダイナミックな形で再創造されることとなったわけである。
 ちなみに、中谷の父親・中谷宇吉郎(1900-1962)は低温実験室で人工雪の製作に世界で初めて成功した人として知られている。(松岡正剛が千夜千冊で、中谷宇吉郎が1940年に著した『雪』について綴っている。
CLOUD FOREST3CLOUD FOREST4
 ガラス張りの中庭に入って人工霧雨に包まれて思い出したのは、20年以上前チベットからネパールに下ってポカラでのんびりしていた頃のことである。アナプルナ山群を一望できると聞いてサランコットの丘に上ったのだが、アナプルナの美肌に魅了されて時を忘れているうちに霧が立ちこめ、道に迷ってしまった。生まれて初めて経験するホワイトアウトである。白一色の視界で方向感覚を失ってしまった私は、遭難を恐れて這うようにして丘の上まで戻り、霧が収まるのをひたすら待ったが、霧は雨に変わり、夕方まで悪天候が続いたため、けっきょく丘の上の鄙びた土産物屋にお願いして泊めてもらうことになった。ネパールは亜熱帯に属するが、ポカラの、しかもサランコットの丘の上となると、標高が高いせいで夜は想像以上に冷える。まさか泊まることになるとは思わなかったので、私はTシャツに短パンという格好である。雨音を聞きながら薄い毛布にくるまりガタガタと震えながら朝を迎えたのであった。これがもとですっかり風邪を引いて下痢が止まらなくなり、その後、最悪の旅路をたどるのだが、そのきっかけとなった雲とも霧ともつかぬ白闇に全身を包まれる経験は、脳裏の奥深いところに刻まれたようである。
 安全な公共施設の中庭だから当時の原初的な恐怖を伴ったホワイトアウトとは本質的に異なるが、それでも直島におけるジェームズ・タレルの南寺内部の作品《Backside of the Moon》と同じく、知覚変容めいたショートトリップが経験できるのは楽しい。 )
CLOUD FOREST1CLOUD FOREST2
 あるいは環境の産物であると同時に環境に強い影響を与え、新たな環境さえもつくるに至った人間の営為と欲望とテクノロジーの可能性――ポジティブにもネガティブにも大きく作動する可能性――の「途方もなさ」に思いを馳せるのも良いだろう。

バイオスフィア2
 アメリカのアリゾナ州には、バイオスフィア2という人工的な閉鎖空間に自然環境を再現する巨大な実験施設がある(実験はもう行っていない)。これが建つ土地の名オラクルは「託宣」という意味でもあり、データベースのオラクルも連想させるという点で象徴的なのだが、そういえば昨年末だったか、YCAMのスタジオAで阿部初美が上演した「Life On The Planet」も、バイオスフィア2にコンセプトの似た、青森県六ケ所村にある閉鎖空間長期間滞在実験施設(財団法人環境科学技術研究所)が着想源だったと聞いたような気がする。
 磯崎新が建築設計を手がけたYCAM全体が、一瞬バイオスフィア3にでもなったかのように想像できるのも楽しい。
CLOUD FOREST5CLOUD FOREST6
スポンサーサイト