FC2ブログ

湯浅政明アニメ作品2本(DVD) 

 湯浅政明の『夜明け告げるルーのうた』と『夜は短し歩けよ乙女』をDVDで視聴。

 基本的にアニメというジャンルにあまり思い入れがなく、『マインドゲーム』が話題にのぼった際にも見なかったが、『芸術新潮』の昨年9月号(→ブログ)で、『ルー』がアヌシーで長編部門グランプリを受賞したと知って(といっても4か月以上も経ったが^^;)、視聴することにした。

 2次元アニメの第一印象を決めるのは、一に描線、二にカラーリング、三に主題曲なのだなあ、とあらためて思う。日本的意匠を取り上げながらも日本のテレビアニメの伝統とは異なる無国籍な雰囲気が漂っている。また、変化し続けるイメージ群とはつかず離れずの微妙な距離感を保っていて、観客の俯瞰的視聴と没入とを時間的にデザインしている。



 アニオタや漫画オタクでなくても、そこには過去の優れたアニメ作品へのオマージュがいくつもちりばめられていることくらいはわかる。複数のアニメのキメラという感じがしなくもない(悪い意味でなく)。アニメーション界のラ・ラ・ランド、あるいはアニメ史アニメ?。
 たとえば『ルー』の主人公カイの風貌には、西尾維新と新房昭之の〈物語〉シリーズの阿良々木暦の影を感じるし、終盤には松本大洋の漫画をおもわせる描線もあった。湯浅は松本の『ピンポン』をアニメ化している。
 ほかにも、名前は出てこないが^^;、たしか一度、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門(→wiki)の作品展で見かけて印象に残った誰かの描画を想起させた。

『ルー』はメインキャラ自体が宮崎駿の『ポニョ』に似ている。最初はやりすぎじゃね?と思ったが、湯浅としては、あえて似たキャラをメインに据えることで、宮崎駿と自分の作品世界を比較して観て欲しいという挑戦的な思いがあったのかもしれない。このあたりは専門家の分析を待ちたいところだ。メタファーとしての傘が意味するもの、無数の死と誕生が永遠に繰り返される海の両義性……。
 視線を縦方向に動かす演出は、跳躍と墜落をイメージさせる。観客の視線のコントロールはかなり意識的だ。ディテールはないのに仄かにエロを感じさせるところ、ルーと一緒に海面から浮上する水の塊が、球体ではなく寒天やところてんみたいなぷるぷるした直方体というのも好い。



『夜は短し歩けよ乙女』は、森見登美彦による第20回山本周五郎賞受賞作が原作。個人的には〈物語〉シリーズでの新房昭之の仕事を想い出したが、〈物語〉シリーズでは西尾維新の言語遊戯をそのままセリフにしているのに対し、『夜はー』では絵に語らせているところが大きい。とにかく、日本の豊饒な文学的コンテンツ文化の伝統がこだまする。

 そこには、本歌取りや模倣、剽窃に対する寛容によって肥沃な文化に成長したという、日本文化の特徴が、明示的にあらわれているような気がする。

 文中敬称略。

 追記
『マインドゲーム』をDVDで観た。TVアニメを見ないのに言うのもナンだが、この時代(2004年)はこういう「青年アニメ」がまだ残っていたんだなあ、と感慨にふける。

スポンサーサイト