FC2ブログ

映画『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』 

 YCAMスタジオCでミシェル・マリー(Michelle Mally)監督の映画『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』(原題:Klimt & Schiele - Eros and Psyche)をみる。

 本作はおおむね、2000年にノーベル生理学・医学賞を受賞した有名な神経学者、エリック・カンデル(→wiki)の『芸術・無意識・脳』のサマリーをベースに、何人かの研究者の言葉を加え、クリムトやエゴン・シーレの作品を置く観光名所の映像をちりばめた、ウィーンのシティ・プロモーション映画という感じだろうか。最後はしっかりウィンナー・ワルツで〆る。
 そういえば、 昨年4月にパリに完成した新世代デジタルミュージアム、ラトリエ・デ・リュミエール「光のアトリエ」のこけら落としはテーマがクリムト。今年は、東京都美術館と豊田美術館で『クリムト展』が開催されたのだった。

 ブログ:映画『エゴン・シーレ 死と乙女』でも書いたように、ウィーンは、性と死に取り憑かれた都市とイメージされる一方、19世紀末から20世紀初頭にかけて、アートとサイエンスが交遊を通じて互いに刺激しあった都市としても知られている。

 クリムトやエゴン・シーレと精神分析の話だけでなく、ベルタ・ツッカーカンドルのサロンにはじまり、ヨーゼフ・ホフマンやクリムトが始めたウィーン分離派運動、オットー・シュミットのヌード写真収集、シュニッツラーのエピソード、18世紀の彫刻家フランツ・クサヴァー・メッサーシュミット(→wiki: Franz Xaver Messerschmidt)の頭像の話なども『芸術・無意識・脳』に書いてあるので、映画で紹介された内容をもっと知りたいと思った人は、本書を開くと良いだろう。

 本書の解説に載った経歴によると、エリック・カンデルは、1929年にウィーンでおもちゃ屋を営むユダヤ人家庭に誕生した。ナチスに追われて1939年に家族とともに渡米し、ハーバード大学に進学して歴史を学んだが、アンナ・クリス(父親は美術史家で精神分析家のエルンスト・クリス(→wiki:Ernst Kris))と交際するうちに精神分析医を目指すようになる。精神分析医になるには医師の資格が必要だったため、ニューヨーク大学の医学校に進学するが、次第に基礎生物学に惹かれるようになり、臨床家への道をあきらめ、脳科学の小さなチームを率いるようになる。
 時代の違いもあるが、フロイトが医学部の生理学研究所で神経細胞を研究した後に精神分析医になったのとは逆のコースを歩んだのだ。
 カンデルは精神分析が科学者たちから「非科学的」とダメ出しされる時代の風潮に抗い、実験を通じてフロイトが提唱した「抑圧説」を可能にする神経メカニズムも存在することを証明した。いまや、彼の『カンデル神経科学』は世界じゅうで神経科学を学ぶ学生たちに読まれている。彼のアートに対するサイエンスからのアプローチの試みは、日本でもいくつかの本で紹介されている。

 映画で紹介された1864年生まれのベルタ・ツッカーカンドル(→wiki: Berta Zuckerkandl)は、ウィーンの進歩的な新聞の発行者でオーストリア初の一般向け科学誌を発刊した父親のもと、小説家や画家、彫刻家、音楽家、建築家、科学者らが集う社交サロンを主催。当時、支配的だった保守的な芸術団体、クンストラー・ハウスに異議を申し立てるクリムト率いるアーティストグループを擁護し、分離派の建築や芸術作品に経済的支援をおこなった。

 ヨーゼフ・ホフマン(→wikiはオットー・ワグナーのもとで働いた建築家で、ラファエル前派(→関連ブログ)にも関わったウィリアム・モリスのアーツ&クラフト運動(→wiki)が掲げる「総合芸術」と「生活の芸術化」の考え方に影響を受け、同じくワグナーのもとにいた建築家のヨゼフ・マリア・オルブリッヒやクリムトとともにウィーン分離派を立ち上げた。1898年に完成したセセッション館の設計はオルブリッヒだが、ホフマンは内装の一部を手掛けた。
 1902年の第14回ウィーン分離派展では「総合芸術としての展示会」を強く打ち出し、ベートーヴェンをテーマにして、マックス・クリンガー(→wiki)がベートーヴェン像をつくり、クリムトが壁3面にわたってベートーヴェン・フリーズを描き、マーラーが第9を指揮した。
 ホフマンはその後、生活の芸術化を進めるため「ウィーン工房」を設立。そこでつくられた工芸品は、オーストリア応用美術博物館(MAK)に収蔵されている。

 アルトゥル・シュニッツラー(→wiki)は、ウィーン大学で医学を学んだ後、心理学や催眠療法に関心を抱き、その後、文学に没頭して前衛的な文学運動"ユングヴィエナ"のリーダーとなった。彼の書いた『夢小説』は、スタンリー・キューブリックの遺作『アイズ ワイド シャット』の原案となった。シュニッツラーの第2子、リリは17歳で20歳年上の男性と結婚したがうまくゆかず、18歳の若さで自殺した。シュニッツラーは彼女の自殺から3年後に亡くなっている。

 ほかにもいくつか印象に残った点を以下に列記。
・クリムトが肖像画を描いたエミーリエ・フレーゲ(1874-1952)は、女性をコルセットから解放した「リフォーム・ドレス」を手掛けた前衛的なファッション・デザイナーで、フレーゲ姉妹のモードサロンで販売したそうだ。先述のヨーゼフ・ホフマンもこのサロンに関わっている。
・エゴン・シーレが「縦」に描いた裸婦画について、美術館では男性異性愛者のキュレーターが誤って「横」に展示することが目立ち、それは「裸の女性は横たわっているもの」という男性異性愛者のバイアスなのでは、という話があった。
・ケンブリッジ大学で美術史を学んだファッションモデル/女優のリリー・コール(→wiki)が出演していた。リリーには21世紀のベルタ・ツッカーカンドルになって欲しいなぁ的な期待が込められているのだろうか。



 YCAM上映の洋画で日本語ナレーションというのは新鮮。
 なんか理由があるのかなぁと思ったら、ナレーションは三宅唱監督の映画『君の歌はきこえる』で主演を務めた柄本佑(→wiki)なのね。そうか、柄本佑は柄本明の息子で、奥さんは『万引き家族』(→ブログ)で信代を好演した安藤サクラなのか。リリー・フランキーの配偶者役だったから、もっと年齢が上だと思ってた^^;。
 さらに、wikiによると安藤サクラの父は奥田英二で、母方の親戚には国連での難民支援活動で世界的に名高い緒方貞子(→wiki)がいる。彼女の緒方姓は岳父・緒方竹虎に由来。そういえば以前のブログで、緒方竹虎を大河ドラマの主人公に!なんて書いたら、主役ではないけど今年の大河ドラマ『いだてん』に、主人公・田畑政治の朝日新聞時代の上司として緒方竹虎が登場して、彼を演じたのがリリー・フランキー。うーん、なんか関係妄想がふつふつ湧いてきたよw。

 文中敬称略。

スポンサーサイト