FC2ブログ

サンリブシティ小倉 

サンリブシティ

 北九州をドライブしていたら、見知らぬショッピングモールを発見したので寄ってみた。

 なんとここはサンリブグループの本社。概要はこちら(→wiki:サンリブシティ小倉)。開業は2005年。敷地面積53k、延床面積58k、商業施設面積26k、駐車台数1860台。サンリブ・グループの「総本店」「旗艦店」的位置づけを受けている。行政的には「上葛原土地区画整理事業」と呼ばれる。



 サンリブは九州を基盤とする非上場企業だが、マルショクを合併して売上高はグループで2千億円に達する。イオングループに比べると遥かに小さいが、中国・四国・九州で大きな勢力を保つゆめタウンのイズミ(→wiki)が6千億(こちらは単体の数字だから単純比較はできないが)だから、まずまずの数字。

サンリブシティ
 専門店が集まるスキップモールの入り口。専門店街には、スタバや無印良品、カルディ、サーティワン、インキューブ、ダイソーなどなど定番の店舗が入っている。

サンリブシティ

 吹き抜けになっている中央広場では、大画面のテレビを前に近所のお年寄りが並んで座っていた。サービスカウンターでは、ネットスーパーの登録受付をおこなっている。次第に足が悪くなるお年寄りは、今のうちから登録して使用する習慣を身につけたほうがいいかもしれない。

サンリブシティ


サンリブシティ
 屋上の駐車場から北側を望む。

サンリブシティ
 東側の景観。ニトリやスポーツデポが並んでいる。

サンリブシティ
 視線を右に移すとコジマ×ビックカメラ。

 ここだけ例に出して比較するのもナンだが、福岡市と北九州市の都市計画に向けた情熱とリソースの蓄積の差を見た気がする。
 自由な経済活動が導いたもの。計画主義。官民協働のありかた……。

 ショッピングモールは一般に、巨大駐車場を独立した店舗建物が取り囲むオープンモールタイプと、全店舗をすっぽり覆う「エンクローズドモールタイプに大別されるが、ここは2型式のハイブリッド型といえるのかな。

 JR最寄り駅は、日豊本線安部山公園駅(750m)。自動車だと九州自動車道小倉東ICまたは北九州高速1号線 横代出入口からほど近い。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1004-fc8173bc