FC2ブログ

キネマ旬報10月上旬号 ~1990年代日本映画ベストテン 

 キネマ旬報10月上旬号は、今年1月上旬号の1980年代特集に引き続き、90年代日本映画ベストテン。

 第1位は崔洋一監督の『月はどっちに出ている』(93)。レンタルビデオでみたが、これはわりと良かった。仕事上、川崎のフィリピンパブに海外からの出張者を連れて行かなくてはならなかった当時のことまで思い出す^^;。同僚でフィリピーナと結婚した人や400万貢いだ人とかいた。
 第2位は北野武の『ソナチネ』(93)。この頃の武はすごかった。第3位は相米慎二の『お引越し』。未見。第4位は黒沢清の『CURE』(98)。リアルタイムではなく後年YCAMで。第5位は周防正行の『Shall we ダンス?』(96)。ビデオだな。ちょうど渡米時に地元の大学構内で数ヶ月にわたって上映していたのを思い出す(観ようかと思いつつ結局観なかった)。同じく5位に同監督の『シコふんじゃった』(92)。レンタルビデオだな。第7位、阪本順治の『トカレフ』(94)は未見。同じく第7位は宮崎駿の『もののけ姫』(97)。テレビ放映で観た。第10位は北野武『3-4×10月』(90)。確か品川の焼肉屋で食べている最中、店内テレビでちょっとだけ紹介されていて、北野武ってこーゆー映画撮るんだ!と驚いたような覚えが。同じく第10位の石井隆『死んでもいい』は未見。石井隆はちゃんと観ないとなあと思いつつ今に至る。

 岡本喜八『大誘拐』や中田秀夫『リング』が42位(6票)、『エヴァまごころを、君に』や『スワロウテイル』、『20世紀ノスタルジア』が57位(4票)、『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『御法度』『女優霊』庵野『ラブ&ポップ』が3票、アウトサイダー・アート関連でみた佐藤真『まひるの星』が1票。

 崔監督のインタビュー記事あり。大島渚の『愛のコリーダ』、『最も危険な遊戯』の助監督出身だったのか。

 金澤誠×佐野亨×平田真人の鼎談。金澤曰く、「日本映画は90年代前半に低迷して、2000年代に入って興行的に回復するんです」。『もののけ姫』の大ヒットや北野武『HANA-BI』のヴェネツィア金獅子、今村昌平『うなぎ』のパルムドール受賞した97年が転換期。『踊る大捜査線』のドラマスタートも97年。

『追悼 ルトガー・ハウアー』by川口敦子 ルトガー・ハウアー亡くなったのか……、2015年当時の写真もあって、年とってもイイ顔してる。『ヒッチャー』(86)は確かビデオでみたおぼえがある。そうね、バーホーベンと組んでた。エルマンノ・オルミの『聖なる酔っぱらいの伝説』(88)は新宿のどこかで観た。

 キーワードで目を引いたのは「伊丹十三」。彼の死はホント残念。「奥山和由」。平成「ガメラ」はみないとなぁと思いつつ未見。

 セルジオ・レオーネの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト』を芝山幹郎等が紹介。舞台はフラグスタッフ(→wiki)がモデル。なかなか奇妙な街だったが、地理的なイメージがまったく頭に残っていない。wiki読んで少し想い出した。カリフォルニアから車で移動すると標高とかわからなくなって、夜になってえらく寒くなったような。たしか、風変わりな建築に入ったバーのカウンターに座っていたら、元ヒッピー風のインテリそうな年配女性から声をかけられたという甘い(?)思い出がw。後述の渡辺幻の文によると、映画では1870年代の鉄道建設の話が絡むという。音楽はマックス・リヒター。

 渡部幻『ぼくのアメリカ映画時評』 東京ではいろいろリバイバル公開されてるみたいで羨ましい。ケン・ラッセルの『トミー』はイイよなあ。『ボヘミアン・ラプソディー』など昨今のミュージシャン伝記映画流行の文脈かな?アレックス・コックス映画祭やったのか。『シド&ナンシー』、『レポマン』、『ストレート・トゥ・ヘル』は吉祥寺バウスシアターで観た。個人的にはビデオで観た『ウォーカー』が一番好きだった。最後の波打ち際のシーンとか記憶に残っている。アメリカ史にあらためて興味を持ったきっかけになったような気がする。
 9月下旬号(→ブログ)で原一男が触れていたスコセッシの映画史ドキュメンタリー。ゴダールも『映画史』とか撮ってたけど、ほかにも映画監督(だけでなく)による映画史映画、というのはみてみたい。日本で公開されるのだろうか。

 原一男のアメリカ凹凸疾走ツアー。山口市立図書館のビデオコーナーで観た『さようならCP』(72)制作時のエピソードがイイ。フレデリック・ワイズマンのような程よい距離感のある観察的なドキュメンタリーも好いけど、原一男のような、被写体の存在に激しく関係しまくるドキュメンタリーも面白いんだよね。まあ、被写体のキャラに依存すると言ってしまえばそうだけど。

 文中敬称略。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1017-c5c03b29