FC2ブログ

インポッシブル・アーキテクチャー展(2) 

 インポッシブル・アーキテクチャー展(1)からの続き。

地下フロア
 ソ連関係の展示が目立つのは、ソビエトという気宇壮大なユートピア構想そのものが、政治的前衛化によって1910年代後半に実現しかけたものの、スターリンの独裁やナチ・ドイツとの想像を絶する闘いを経て、その後、アメリカとの冷戦に敗れて90年代初頭に潰えたという歴史を物語っているかのようだ。
 1970年の大阪万博でも、ソ連館はアメリカ館と人気を2分したと聞く。

 黒川紀章関連。農村都市計画のスケッチと模型。東京計画1961―Helix計画の大きな模型やドローイング。一軒家にこだわる日本人をむりやり超巨大高層建築に接続する試み、みたいなちょっと笑ってしまうところがある。ピエール=ジャン・ジルー (Pierre-Jean Giloux) による映像「見えない都市#Part1 Metabolism」(2015)は、現実に近い東京の景観の背後に、ヘリックス計画の超巨大らせん建築がそびえ立ち、桜の花びらにも死の灰にもみえる風花が舞っているというもの。じつに映画的な試みだ。



 磯崎新の東京都新都庁舎計画関連や安藤忠雄の中之島プロジェクトⅡ・アーバンエッグ2断面図など。

 マーク・フォスター・ゲージ《グッゲンハイム・ヘルシンキ美術館》CG映像(2014)は、a+u 2017:05~米国の若手建築家(→ブログ)で紹介されていた。



 藤本壮介「ベトンハラ・ウォーターフロント・センター」(2012)の模型。優しい感じでこういうの近所にあったらいいなぁとは思うけど、強風対策とかメンテとか大変そうだなぁ的な。

 でもって最後を飾るのは、3年前に他界したザハ・ハディッド(→wiki)の新国立競技場のイメージパースやCG画像。そういえば時間がなくて行けなかったが、上海にはザハ・ハディト設計のショッピングモールがあったな。
 役所に届けた書類の集積も展示されていて、実現まであと一歩だったことがうかがえる。なんとなくホドロフスキーのDUNE(→ブログ)を思い出したよ。

 ホドロフスキーの言葉を引用して〆ようかな。

 失敗が何だ?  だからどうした?  『DUNE』はこの世界では夢だ。でも、夢は世界を変える。



 文中敬称略。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1029-e1909464