FC2ブログ

アルパーク 

アルパーク

 LECTからアルパークへからの続き。

 アルパーク(→wiki)は、三井不動産とフジタ(建設)、広島市が開発して1990年に開業した大型ショッピングモールだ。JR新井口駅に近接。2000年には東棟と一体型で新館が建ち、08年~09年には北棟の新設や東棟のリニューアルもあって、「中国・四国地方最大級」の商業施設となった。延床197k/商業施設面積90k/店舗数173/駐車場常設2000・臨時1300台。

アルパーク

 東棟は地下1階、地上10階建て。メインテナントのスーパー(広電ストア→2013年にスパーク)のほかバスターミナル、専門店街、飲食店街等からなる。東棟と通路で接続する南棟は駐車場棟。

アルパーク

アルパーク
 西棟は4階建てで、岡山市に本社がある天満屋(→wiki)の百貨店がメインテナント、その他、屋内遊園地やレストラン街、もみじ銀行等からなる。
 今年5月には、三井不動産が東棟と西棟を大和ハウス工業に売却。天満屋広島店は2020年1月31日をもって営業終了と決まった。
 1990年に最初の形ができたこともあり、規模は大きいが、時代を感じさせるし、正直ぱっとしない印象。1.5キロしか離れていないLECTがとどめを刺した感じだろうか。ただ、LECTはアルパークに入っている「定番」とは全く異なるテナントを擁して棲み分けをはかっている。全国ブランドの三井不動産や岡山の天満屋を広島資本のいずみが追い出したかのように見えてしまうが、広島市が両方に関わっているし、まあ、アウトサイダーには把握しにくい、さまざまな経緯があったのだろう。

 広島西エリアでは、LECT(2017年)だけでなく、2015年には、7キロ西にゆめタウン廿日市(wiki)、2018年には4キロ北にイオン系のジ・アウトレット広島(→wiki)が開業している。→日経XTREND イオン初アウトレット大解剖(2018.5.25)。とどめを刺したのはむしろイオンの方かな。
 西棟ははたして今後どうなるのか。大和ハウスが買ったということは、更地に戻してマンションでも建てるつもりなのだろうか。

アルパーク
 北棟は2009年、東棟の北側、西部埋立第4公園をはさんだ敷地に建設された。地上4階建てで、1階には大型スポーツ専門店や飲食店、2階には「フタバ図書」、3階と4階には109シネマズ広島が入居中。
アルパーク
 JR新井口駅とアルパークを結ぶ通路から東棟をみる。

アルパーク
 なんと、北棟の109シネマズでは樋口泰人の爆音映画祭(→関連ブログ)をやってた!

アルパーク

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1035-6e5cbdcf