FC2ブログ

ナショナルジオグラフィック2020年1月号 

 ナショジオ2020年1月号は総力特集「健康に生きる」。

 痛みを和らげる科学
 米国では90年代末から慢性痛の軽減にオピオイド系鎮痛剤が処方されるようになった。2017年時点でオピオイド処方をきっかけに薬物依存症になったアメリカ人は170万人と推定される。フィラデルフィア在の男性が交通事故をきっかけにパーコセットを処方され、後に主治医が変わり、新しい医師がオピオイド系鎮痛剤の処方を拒絶したため売人に頼るようになり、より安いヘロインに手を出すようになったというレポートが生なましい。

 痛覚は人が身を守るうえで欠かせない警報装置で、その見張り役を務めるのは「侵害受容器」(→痛みと沈痛/構造と機能/1次侵害受容ニューロンー侵害受容器/侵害受容線維)。背骨の近くにあり、その神経線維は皮膚や臓器などさまざまな部位に延びている。侵害受容器には切り傷や熱傷など異なる有害な刺激を察知し、脊髄に電気信号を送り他のニューロンを通じて脳に伝えられ、大脳皮質で処理され痛みとして知覚される。脳はそれに対処しようとエンドルフィンなど「内因性オピオイド」を放出。痛みの信号を抑制する。
 ハーバード大学医学部のクリフォード・ウルフ(Clifford Woolf )によると、皮膚が傷ついた直後は痛みの伝達システムが過敏になりキズが完治した後でも当システムが勝手に興奮したり過敏状態が継続したりする「中枢感作」が生じて神経障害性疼痛、繊維筋痛症、過敏性腸症になるケースがある。
 傷と痛みの複雑な関係を探るオックスフォードのアイリーン・トレーシーによると脳には単一の痛み中枢があるわけではなく、感情、認知、記憶、意思決定に関わる領域などが痛み刺激に反応するし、同じ刺激がいつも同じパタンを引き起こすわけでもない。恐怖・不安・悲哀が痛みを悪化させうる。
 SCN9A遺伝子に変異があると痛覚過敏を引き起こすことがわかっており、Nav1.7チャネルの開閉により痛み信号の流れを制御できるという発見はオピオイドに代わる依存性のない鎮痛剤開発に道を拓いた。ほかにもイモガイの毒を用いて慢性疼痛に効く薬を開発する動きもある。なお、オピオイドの薬理作用については日本緩和医療学会/オピオイドも参考になる。

 一方、投薬以外の痛み緩和法も研究が進んでいる。
 脳深部刺激療法(DBS)で脳の感情処理中枢領域に1秒間に200回の微弱な電気刺激を与えることで痛みについてまわる不快感、恐怖、不安をやわらげる試みが始まっている。慢性疼痛患者は、たえず襲ってくる痛みに条件づけられた状態となりあらゆる刺激を痛みとして受けている。ほかにもVRによる娯楽が痛みの軽減に重要な役割を果たすという研究もおこなわれている。

 長寿の食卓をめぐる旅
 ダン・ビュートナーによるブルーゾーン(健康な高齢者が多い地域)の長寿者へのインタビュー。イタリアのサルディーニャ島や中米コスタリカのニコヤ半島(ガショ・ピントとトルティーリャ)、沖縄、カリフォルニア州ロマリンダの例を取り上げている。疫学者ジャンニ・ペス曰く、百寿者の消化器官には食物繊維を通常より高いレベルの奇数鎖脂肪酸(→wiki:脂肪酸 )に変える細菌が多くいるという。

 人体にすむ微生物たち
 体内の微生物は腸脳軸(→wiki:Gut-brain_axis)という化学的伝達経路を通じて脳とコミュニケーションをとり身体機能を調節する。たとえばセロトニンを多く貯蔵するクロム親和性細胞(→wiki)を刺激して脳に信号を送る。ふーむ、便移植がフツーにおこなわれる時代が到来しつつある様子がうかがえる。

 ロボットとお年寄り
 医療・介護関係のソフトはベルギーのゾラ・ボッツ(Zora Bots)。nao。日本の地方ではロボットの介護施設への導入は、全然進んでないように見受けられるが、10年くらいたてば変わるかな・・・。

 ほかにも、「女性の健康と幸福」やヨガを扱う「安らぎを求めて」など。

 慢性疼痛についてはナショジサイト:愛知医科大学 慢性的な痛み 牛田享宏にも解説あり。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1040-bb0e447e