FC2ブログ

2020年(第92回)米国アカデミー賞 

 2020年(第92回)アカデミー賞。大方の予想通り、ポン・ジュノの『パラサイト 半地下の家族』(→wiki)が作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞を受賞。ちなみに非英語作品の作品賞受賞はアカデミー賞初らしい。

 貧しいキム一家が富裕層のパク一家のもとに入り込んでいく経緯がとんとん拍子に進み過ぎる、とか、チェ・ウシク扮するキム・ジウがパク一家の娘のダヘと深い仲になるのがあまりにも早過ぎ~、とか、前半は正直、あまり印象が良くなかったが、それはたぶん全体の尺が長くなりすぎないようにするため。後半の怒涛の展開が評価のポイントなのだろう。
 本作はカンヌのパルムドールを受賞したこともあって映画館で観た。ここまでわかりやすくセリフで解説してくれる映画にパルムドールが与えられる時代になったのだなぁとある意味、感慨にふけった。アフター・『ザ・スクエア』(→ブログ)のカンヌは大きく変わった。世界じゅうで共有できる価値観がわずかしかないことが明白になった現在、いわゆる「アート・シネマ」に要求される、観客を選別するかのようなハイコンテクスト性、韜晦性、難解さは、いっさい授賞条件に含まれなくなったという感じ。まさにSDGs時代を告げるにふさわしい選考基準だ。
 ただ、米国アカデミー賞の方は、これまでいくつもエンタメど真んなか作品が受賞しているので違和感は比較的少ない。

 主演男優賞は、『ジョーカー』のホアキン・フェニックス。これも映画館で観た、まぁ穏当かな。本作のジョーカーは、あいちトリエンナーレの『表現の不自由展 その後』に展示された大浦信行作品みたいなものだろうか。憎悪が憎悪を産み、ついには冷酷無比のバットマンを覚醒させた、という意味においては。
 主演女優賞は、ジュディ・ガーランドの伝記映画、『ジュディ 虹の彼方に』のレネー・ゼルウィガー。みてへん。

 助演男優賞『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラピ。この場を借りてひとこと映画の感想を述べると、ハリウッドの最大の敵は「映画よりも映画めいた衝撃的な現実のニュース」ってことだ(→関連ブログ)。シャロン・テートがわずか26歳でお腹の赤子とともに惨殺されながら、彼女自身がどんな人でどんな映画に出演したかということは人びとの頭からすっかり忘れ去られる一方、加害者のマンソン・ファミリーの方は、マリリン・マンソン(→wiki)の名前に採用されるなど「叛逆の英雄」として一部のサブカルオタに長い間もてはやされた。さらに、マンソン本人は投獄されたものの83歳まで生き伸びやがって(2017年没)、ハリウッド最大の敵だよコイツらは!っとばかりにタランティーノが「怒りをぶつけた」という体の反実仮想映画。タランティーノ映画の暴力描写を好むファンは、マンソン・ファンとも一部重なっているという認識、さらには長年コンビを組んだ"盟友"ともいうべきハーヴェイ・ワインスタイン(→wiki)の一連の事件のことが頭にあったのかもしれない。
 まぁ、1990年代の「鬼畜ブーム」の際、『世紀末倶楽部』のマンソン特集を買って(→ブログ:インヒアレント・ヴァイス)、マンソン・ファミリーの主要メンバー数人の名前をオモシロがって一時的に記憶した一人としては、断罪される側にまわってしまうわけだが。
 助演女優賞『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーン(→wiki)。『ブルー・ベルベット』をはじめとするいくつかのデヴィッド・リンチ映画に出演。『ワイルド・アット・ハート』のルーラ役が好きかな(と断言できるほどには憶えていない^^;)。ほか『ジュラシック・パーク』にも出演している。

 アメリカではメリアム・ウェブスターが選ぶ2019年の「Word of the Year」に、特定の性別でくくれないノンバイナリー・ジェンダーのために提案されたtheyの単数形使用、「they is」が選ばれたというから、そのうちハリウッドでも男優・女優の区別を廃するときが来るかもしれない。

 長編アニメ賞は、未見の『トイ・ストーリー4』。シリーズものは深い映画愛(≒長期記憶力)を要求されるのでなぁ……^^;。脚色賞『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティ。彼は『マイティ・ソー バトルロイヤル』で高い評価を受けた。これも評判いいみたいね、知らんけどw。

 ドキュメンタリー賞『アメリカン・ファクトリー』。昨年9月にNetflixで視聴したが(→ブログ)、中国をめぐる世界の認知情勢がめまぐるしく変動する今となっては、ずいぶん前に見たような気さえしてしまう。

 撮影賞及び視覚効果賞『1917 命をかけた伝令』(→wiki)のロジャー・ディーキンス。ゴールデングローブ賞ではドラマ部門の作品賞・監督賞(サム・メンデス)を獲得。
 歌曲賞(という項目があることに今さら気づく^^;)を受賞したのは、エルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』の(I'm Gonna) Love Me Again。これは小倉の昭和館でみたが、個人的にエルトン・ジョンの歌曲でよくおぼえているのはかつてMTVでよくかかっていた「I'm still standing」くらいだな。

 文中敬称略。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1044-c81e8553