FC2ブログ

岡山芸術交流2019(3)~シネマ・クレールなど。 

 岡山芸術交流2019(2) ~天神山文化プラザから続く。

 岡山神社ではダン・グラハム(Dan Graham)の『木製格子が交流するハーフミラー』を設置(↓)。ArtITにインタビュー記事あり


 オリエント美術館(→wiki )は、騎馬民族征服王朝説の江上波夫ともかかわりの深い国内唯一の古代オリエント専門公立美術館。ここではポール・チャンの《トリオソフィア》。ミカ・タジマの《ネガティブ・エントロピー》などみる。


 オリエント美術館の裏手には、アーティーな宿泊施設を市内に増やしていくA&A(プロジェクトディレクター那須太郎、アドバイザー青木淳)の成果物のひとつ、リアムフジ(リアム・ギリック&マウントフジ・アーキテクツ)が立っている。


 南北に貫く道路を南に下っていくと、シネマ・クレール丸の内が立っている。ショッピングモールのシネコンではお目にかかれない映画を上映する貴重なシネマ館。



 外壁に刻まれた言葉はローレンス・ウィナー《あっしゅくされた こくえんのかたまり このようなほうほうで ぼうがいにかんして ちゅうせいしの ながれとともに あちら こちらに》



 ここでは今回、ファビアン・ジロー&ラファエル・シボーニの《反転資本 公理》(2018/58分)を上映。マシュー・バーニーの《リダウト》もやっていたようだが、日程が合わず見逃す。

 旧内山下小学校に続く。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/1046-70c26b70