FC2ブログ

聖エラスムスの殉教 ~ヨーロッパの嗜虐芸術をめぐる旅~ 

 三島由紀夫は「豊饒の海」第3巻の『暁の寺』に「民族のもっとも純粋な要素には必ず血の匂いがし、野蛮の影が射している」と書いているが、スペインの闘牛しかり、日本の切腹しかり、中国の纏足しかり、アフリカにおける女性秘部の縫合しかり、嗜虐性の表現は民族の核心的特徴を顕著に示している。とはいえ建築や造形美術、宗教の分野で最も著しく嗜虐性が認められるのは、なんといってもヨーロッパだろう。
 ギリシア建築における女人像柱・男神像柱、キリスト磔刑図、聖人たちの殉教を描いた絵画など、ヨーロッパ文化の歴史は目を覆わんばかりの残酷性に彩られている。
 日本の浮世絵にも「責め絵」や「あぶな絵」の伝統がある。例えば月岡芳年の『魁題百撰相』や『奥州安達ヶ原ひとつ家の図』は極めて凄惨かつ淫虐なイメージだ。しかし、それらは伝統において異端の扱いであり例外に等しい。それにひきかえヨーロッパの聖人殉教画は、乳房を切り取られるマルタ島の守護聖女アガタにせよ、両目をえぐり抜かれるシチリア島の守護聖女ルチアにせよ、多くの矢を浴びる聖セバスチャンにせよ、キリスト教美術の伝統のなかで大きな位置を占めている。
 前置きはさておき、今後はときどきヨーロッパの嗜虐芸術をめぐる旅と題し、画像つきの駄文を書き連ねることにする。とはいえモトネタとなる数年前のヨーロッパ旅行も嗜虐芸術探訪という明白な目的意識をもってしたわけではないし、いたるところで嗜虐的なアートに出くわしたわけでもないので、ときにはただの旅行記録や美術館紹介になるかもしれない。

seido_small  第1回はドイツのウルムとしよう。
 ウルムはドイツ南部の人口12万人ほどの小さな町だ。高さ約160メートルという世界有数の高い尖塔をもつウルム大聖堂があり、アインシュタインの生誕地としても知られている。
 ゴシックの尖塔というと、それだけでも嗜虐性を嗅ぎ取ってしまうのは偏見だろうか。どこかしら映画『ヘルレイザー』のミスター・ピンヘッドに通じる痛覚表現だ。そもそもゴシックは元来ゴート族的という意味であり、ゴート族は北方ヨーロッパの民族的祖先であるゲルマン民族の1種族を指している。ローマの文化人たちがゴシックと呼んだのは、そのグロテスクな突起物や痛覚に訴える尖塔に、野蛮で血なまぐさいゴート族らしさを感じたからに相違ない。
 その天空を鋭く突き刺す尖塔をもつ聖堂に足を踏み入れたところ、次のような壁画を発見した。
erasmus1
 おお、「聖エラスムスの殉教画」ではないか。
 この巻き上げ機によって腸を引揚げられる残酷なイメージを初めて見たのは、その数年前のメキシコ・グァナファトだった。観光で当地を訪れ、銀山跡や郊外にあるミイラ博物館を訪ねた帰りに寄った街角のレストランの壁に貼ってあったポスターで見つけた。確かそれは付近の大学で過去に開かれた美術セミナーのポスターで、旅行前にビデオで観たホドロフスキーの映画『サンタ・サングレ』の印象もあって、ミイラ博物館があり、こういう残酷なテーマの宗教絵画に関するセミナーが開かれるとは、メキシコという国はなんと中世的な死に彩られた国なのかと感心したものだ。
 聖エラスムスの文字だけ拾い、『痴愚神礼讃』を著した16世紀前半の人文主義者がこんな拷問を受けていたのだろうか、と不思議に思って後日、キリスト教イメージ辞典や聖人伝説などをめくり、初めて聖エラスムスの存在を知った。
 ヤコブス・デ・ウォラギネの『黄金伝説』によると、フォルミアの聖エラスムス(聖エルモ)はシリアの都市アンティオキアの司教である。キリスト教を弾圧したローマの専制皇帝・ディオクレティアヌス(245 - 313,在位284-305)に捕らえられ、すさまじい拷問を受けた。拷問吏は法廷の前で彼を殴り、汚物をかけたうえ血管がぶち切れるまで斧で打ちすえた。続いて蛇やミミズのいる穴に投げ込んだかと思うと今度は煮えたぎる油のなかに放り込み、彼の全身に煮えたぎる硫黄を注いだという。しかしエラスムスは火傷を負うことも無く安らかに横たわり、神に感謝した。するとにわかに稲妻が閃き、雷鳴が轟いて彼のそばにいた拷問吏たちに雷が落ちた。雷撃を免れた者たちがエラスムスを蛇やミミズのいる穴に叩き込むと、今度は天使が現れて穴の中の蛇を抹殺した。  マクシミアヌス皇帝(在位286-310年)の時代になっても、エラスムスは神の教えを説くのをやめなかった。拷問吏は彼を松脂や硫黄、鉛などを熱した鍋に放り込み、彼の口中にそれらを注ぎ入れたが効果はなく、天使が現れて彼を救い出したという。
 『黄金伝説』は拷問の様子を執拗なまでに具体的に描いている。内側に鋭いスパイクが突き出した樽に閉じ込めて樽ごと転がす、鉄のやっとこで歯を抜く、指と指の間に鋭い鉄の爪を打ちつける……などなど。
 最終的にエラスムスは303年頃、ローマに属していたイリュリアの地で再度捕らえられた。拷問吏はエラスムスの片腹を裂き、そこから手を入れて腸をつまみ出し、巻き上げ機の竿に結んでずるずると腸を巻き上げていった。
 かくしてエラスムスは殉教を遂げた。
 殉教聖人のアトリビュートは致命的となった拷問のやり方で決まる。エラスムスのアトリビュートは巻き上げ機だ。船の錨を揚げるのに よく用いられるので、彼は船乗りの守護聖人となった。雷を伴う嵐の晩に航海を続けていると、マストの先などに人魂のようなほの青い炎がともることがある。大気の電圧差が極めて大きくなる際に起こる放電現象だが、地中海の船乗りたちはこれをエラスムスの殉教にちなんで「聖エルモの火」と呼んだ。
 『聖エラスムスの殉教』は15世紀のフランドル画家ディルク・ボウツ(Bouts, Dieric the elder 1415ー1475)が祭壇画に描いてる(ベルギー・ルーヴェンの宗教美術博物館所蔵)ほか、ニコラ・プッサン(Poussin,Nicolas 1594-1665)の作品(ローマ・ヴァチカン美術館所蔵)などが知られている。イーゼンハイムの祭壇画で凄絶な磔刑図を描いたマティアス・グリューネヴァルトも、殉教画ではないが『聖エラスムスと聖マウリティウスの出会い』と題して巻き上げ機を手にした聖エラスムスを描いている(ミュンヘンのアルテ・ピナコテーク所蔵)。
erasmus2
バウツの三連祭壇画『聖エラスムスの殉教』中央部分

 ウィリアム・バロウズの『おかま』に、おかまのボボが肛門から垂れ下がった痔かくをあやまってエンジン車のリアホイールに巻きつけて内臓から何からずるずると抜かれてしまう……というエピソードが出てくるが、ネタ元はひょっとすると聖エラスムスではあるまいか。
 ウルム聖堂内の壁画は特に知られた画家の作品ではないだろうが、美術館ではなく教会内にあるというのが生々しくて良い。ウルムでは他にも西欧の各都市でときおり目にするヒトガタを装飾として用いる家具を見かけて『家畜人ヤプー』を思い出してしまうのであった。左下写真のテーブルの脚部といい右下写真のシャンデリアといい、ヨーロッパ以外ではほとんど用いられない人型装飾が使われている。

table light

 宗教学者のミルチア・エリアーデは『世界宗教史』第32章で「殉教者の肉体は、それを崇敬する人々を神に近づける力をもつのである。肉体に高い宗教的価値を認めるこうした態度は、受肉の教義となんらかの関係をもっている」と説いている。無学文盲のゲルマン人を教化するのにこうした殉教画が果たした役割は大きかっただろう。とはいえゲルマン民衆のほうは、現代でいえばホラー映画を観にいくような動機で教会に集まった者が多かったに違いない。
 そういえば昨晩(1月13日)の日本テレビ『世界一受けたい授業!!』にクオリアの茂木健一郎が出演して「短期的な恐怖は人間の爬虫類脳を目覚めさせて脳全体を活性化する」と唱えていた。ヨーロッパ人が世界で初めて近代文明を築いた理由のひとつは、凄惨な殉教画を観ておののくことで脳を活性化したせいかもしれない。



芳年―狂懐の神々』 横尾忠則【編】

裸のランチ』 ウィリアム・バロウズ【著】

世界宗教史 全8巻セット』 ミルチャ・エリアーデ【著】

DVD『サンタ・サングレ 聖なる血

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/16-7b698fdf