FC2ブログ

あいちトリエンナーレ2013納屋橋会場 

名和晃平top
 長者町エリアから納屋町会場(東陽倉庫テナントビル)へ。雨の中を長いこと歩いたため疲れ気味。リチャード・ウィルソンの作品《レーン61》は豪雨のため見られず(というか、気づかなかっただけか?)。

池田剛介1 池田剛介3 池田剛介2
 池田剛介《サイクルクエイク》と《干渉の森》、いずれも2013年制作。彼は2011年から「東京藝術発電所」というアート・プロジェクトを繰り広げている。これは自転車や日用品を用いて発電する機具を工作し、自分たちの「運動」をいかにして電気に変換するかを可視化する試みである。

片山真理0 片山真理1
 片山真理の《Eyes》(2013)には凄みを感じる。なんだろう、絶対見てはいけない少女の秘密の部屋を覗き見るような感じだ。おびただしいまでのフリルやレースやピンク色が醸し出すものは、私が最も恐れる類の偏愛の対象だ。男性一般にまで敷衍できるかどうかは不明だが、その心性は私だけではないはず。自分とは根本のところで相容れない別の星の生命体が嗜好する趣味が充溢する部屋、とでも言おうか。しかし、根本的に相容れないからこそ魔的に魅了されるのもたしか。マカロニやレーズンや紅茶やスナック菓子や食器洗剤や毛髪や体液やらが詰まっているに相違ないガラス瓶の集積も、「魔女性」とでもいうのか、男性視線のキリスト教やユダヤ教がおそれ忌み嫌った、多様な薬草・毒草に通じた「女性的」な悪意を孕んだ執拗なまでの実験精神を表していて、甘やかな有毒性の魅力を放っている。
片山真理2 片山真理5
YouTubeで2011年7月16日に新大久保ネイキッドロフトでおこなわれたライブの映像を見ることができる。


青木野枝1 青木野枝2 青木野枝3
 青木野枝《ふりそそぐもの/納屋橋》(2013)。青木の作品は瀬戸内芸術祭の豊島でも見た。片山真理の毒々しいまでの女性性に触れた後だったので、ついメタルと女性性について考えてしまったが、基本的にジェンダー性を感じさせない作品。

名和晃平foam3 名和晃平foam5
 名和晃平のfoam5《フォーム》2013。ざらついたアスファルトを敷き詰めた広大な空間に、南極の氷山を想わせる、無数の泡からなる量塊が横たわっている。大小さまざまな泡はふつふつと微細な音を立てながら生滅を繰り返す。
名和晃平foam2 名和晃平foam1
 名和晃平の作品に接すると、いつも思い出すのはウルトラQのバルンガである。
 マイノリティ自慢をするわけではないが、幼少時代に最も好んだモンスターの造形は、四足獣や人間をモデルにした一般的な怪獣タイプではなく、ウルトラQのジュラン(マンモスフラワー)やバルンガ、マグマ大使のオレンジ色のカビのような、爬虫類・哺乳類以外をモデルにした顔や手足のないタイプだった。なかでもやはり、幼少期に目にしたバルンガの腹部に触手を生やしたアモルフな造形と、宇宙から飛来した胞子から成長し、あらゆるエネルギーを吸収して無限に膨張するという設定には、幼い想像力を大いに駆り立てられたものだ。それは草間彌生の一連の作品群とも共通する無限増殖への予感を孕んでいる。
 名和晃平は京都で、建築家・写真家・デザイナーらと、横断的に活動するクリエイション・プラットフォームSANDWICHを展開している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/352-90820a51