FC2ブログ

エルム街のフュースリ 

『夢魔』

 ケン・ラッセルといえばザ・フーのロックオペラ『トミー』『アルタード・ステーツ 未知への挑戦』 の監督でエイズで亡くなった映画人として知られるが、彼の 作品『ゴシック』に、フュースリ『 夢魔(Nightmare)』 にそっくりな構 図のシーンが出てくる。
 『ゴシック』は、1816年の5月にロマン派詩人バイロン卿が所有するジュネーヴ湖畔の別荘に集まった男女がおのおの怖い話を書こ うと思い立つが、やがて恐ろしい夜を迎える……という話だ。その男女とはバイロンの他にロマン派詩人のシェリーとその恋人メア リー、メアリーの異母妹クレア、バイロンの主治医ジョン・ポリドリである。その夜がきっかけとなって、メアリー・シェリーはS Fの祖として名高い『フランケンシュタイン』(1818年)を書き、ポリドリは最初の吸血鬼小説「ヴァンパイア」を 書く。つまり、二〇世紀になって何度も映画化された二大怪物は、同じ夜に産み落とされたと言いたいようだ。
 ヴァンパイアの伝説はそれ以前からあったが、ポリドリは「ヴァンパイア」で初めて青白き美青年の吸血鬼を描いたと言われてい る。モデルはバイロン卿。『夢魔』 で上半身をのけ ぞらせた女の上にうずくまる悪魔は、確かに吸血鬼を想像させる。あるいは女に淫らな夢をもたらすインキュブスか。後ろのカーテ ンから頭を覗かせる馬は、たぶんNightmare――夜(night)の雌馬(mare)に掛けているのだろう。
 メアリー・シェリーの母、有名な女権論思想家のメアリー・ウルストンクラフトはフュースリを熱烈に愛し、「 精神的な妻としてでもいいから同居させて欲しい」と迫ってフュースリ夫人から拒絶されたそうだ。ケン・ラッセルが『夢魔』を引 用したのは、メアリーをフュースリの精神的な娘と言いたかったのかもしれない。(ひょっとするとフィジカルな 娘かもしれんが……)
 『岩波 世界の美術 ロマン主義』によると、フュースリは「夢は芸術の中で最も開拓されていない領域の一つ だ」と宣言している。まさに20世紀のシュルレアリストの先駆者と言えよう。この絵には夢の持つ大いなる力と侵犯性が見て取れる 。
 フュースリは1741年チューリッヒの生まれ。父親は肖像画家で、スイスの優れた文学者 たちと交遊があった。コレギウムでは教師のボドマー(ミルトン『失楽園』やシェイクスピア作品などの翻訳・紹介で名高い)に影 響を受け、のちに骨相学者として有名になるラヴァーターと親交を結ぶ。ふたりは1762年にチューリヒの代官の不正を告発して騒動 を巻き起こし、ベルリンに逃亡。フュースリはボドマーや英国大使のつてを頼って1764年にロンドンに移住する。 翌65年には新古典主義の聖典、ヴィンケルマン『古代美術模倣論』の英訳本を世に出す。その後スイス時代から崇敬していたジャン =ジャック・ルソーに会い、67年に『ルソーの著作と生涯について』を刊行。
 つまり彼の若い頃の関心領域は、美術だけにとどまらず思想や文学まで幅広かったのである。しかし、官学派の巨頭ジョシュア・ レノルズから画家になるよう勧められ、ようやく画家の道を進む決心をした。1770年から8年間イタリアに滞在して、画家としての修 業を積むが、時は1770年代、ゲーテが『若きウェルテルの悩み』を発表して迎えたシュトゥルム・ウント・ドランク期。古典主 義的技法の習得に励む一方で、頭の中はロマン主義に夢中だった。美術では特にミケランジェロに傾倒し、そのマニエリスム的側面 を踏襲した。
 帰英したフュースリはロンドンの文化人サークルの中心人物となり、1782年にはロイヤル・アカデミーに『 夢魔』 を出品して好評を博した。その後、彼はダンテやシェイクスピア、ミルトンなどの文学作品をテーマに幻想性に富んだ絵画を描いた。99年にはロイヤル・アカデミー教授に就任したが、業界の「問題児」ウィリアム・ブレイクとも親交を結んだ。(参考文献:由良君美の『ディアロゴス演戯』)

 美の帝国フランスの「美術政治」によるものか、あるいはイコノクラスムの伝統を引き継ぐプロテスタントの血のせいか(彼らは 美術より音楽を重視した)、イギリスの美術はどうも今一つぱっとしない。しかし、フュースリやターナー、ロセッティ、ジョン・マーチンなど重要な画家が何人もいることに注目しなければならない。
 フュースリは20世紀後半になって再評価され、関係本が数多く出版されている。一例は以下のとおり。

"Henry Fuseli"Carolyn Keay著
"Life and Times of Henry Fuseli"Peter Tomory著
"Henry Fuseli (British Artists S.)"Martin Myrone著

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/7-db7559f7