DOMMUNE 2017/03/16~カールステン・ニコライ&池上高志 

 3月16日のDOMMUNE 21:00~は、パララックス展@市原湖畔美術館 開催記念。出演者はカールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)と池上高志。モデレータは畠中実(ICC)。

 通訳のめがねっ娘が宇川の理解困難な口説に果敢に対応してて好印象。

 池上とカールステンの出逢いは、1999年に青山のワタリウムで開かれた「empty garden」展。池上は前年にAI研究者のルック・スティールス(Luc Steels)に招かれてパリに渡り、ガブリエル・オロスコ(Gabriel Orozoco)やカールステン・フラー(Kerstein Holler)らアーティストと親交を結んでいた。
 カールステンの方はすでに、池上が橋本敬(JAIST)と書いた"Coevolution of Machines and Tapes"を読んで、彼に興味を抱いていたそうだ。この論文はRNA/DNAをテープに、タンパク質をマシンに見立てたシミュレーションで、確率的に加えた外部ノイズによる複製エラーがもたらす複雑性に関するもの(という理解で正しいかな?)。
 同じくワタリウムで2002年に開かれたカールステン・ニコライ展では、池上がクラウド・チェンバー(霧箱)を用意するため奔走したらしい。カールステンはクラゲとクラウド・チェンバー、中谷宇吉郎の雪の結晶、録音し続けるテープレコーダ等を配置した「オートパイロット」(autopilot)という作品を展示した。

 社会はコントロール可能性/予測可能性――安心――を求めるが、アートは予測できないものを提供する、という話。

 カールステンはもと造園家でもあり、日本庭園にも深い関心を寄せている。地震の少ないドイツから来た彼からすると「日本庭園は抽象化しているが、実際にはものすごいルールとコントロールがある。制御しえないものだからこそ制御しようとする」。ものすごい管理とは、庭園メンテのことかな?

 宇川が乱入して科学・アート・宗教のトリロジーについて話を膨らませ、分裂生成させる。カールステンは宇川のオカルト話を警戒しながらも、誠実かつ生産的に話を返していた。
 カールステンに大川隆法をムチャブリするのはオモシロイが、彼はサン・ラやジェネシス・P・オリッジみたいにはならんやろw。つか、すでに21世紀のサン・ラでありジェネシス・P・オリッジだと言えるかもしれない。ただ、それを言うと怒る人もいるだろうなあ。

 ヘレン・ケラーの『私の宗教: ヘレン・ケラー、スウェーデンボルグを語る』 は読んでみたくなった。

 ↓にICF2014?でのカールステンのスピーチを貼っておく。


 ライブ・パフォーマンスはMalformed Objects展に出展していた大和田俊と池上研究室所属の土井樹。土井は日本科学未来館でのパネルトーク(→dommune2/7から機械人間オルタへ)にも参加していた。

 この晩はゲンロンSF講座の最終講評会だったのね。後で気づく^^;。まあ、もうすでに快く小説が読めない身体になって久しいので、DOMMUNEで正解だったかも。

 文中敬称略。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/742-9e5ca405