土居伸彰トークショー&ユーリー・ノルシュテイン特集 

 YCAMでアニメ研究科の土居伸彰のトークショー、及び旧ソ連の切り絵アニメの巨匠、ユーリー・ノルシュテイン特集。

 国際アニメーション祭『GEORAMA』(→ブログ:GEORAMA2014@YCAM)を主宰するなど、世界のあまり知られていないアニメを日本に紹介する土居伸彰のトークショーは、以前みた『この世界の片隅に』(→ブログ)の上映に続く催し。
 4回観たという土居は、本作は主人公すずの失われた右手を取り戻す試みだと指摘。人は個人的なリアリティを通してのみ作品に共感するという「想像力の限界」の話にも触れていた。

 『この世界の片隅に』で強い印象を残した映像――すずが時限爆弾によって、右手で手をつないでいた姪っ子を、右手と共に失った直後の、暗闇に火花が散るシネカリグラフィー――は、ノーマン・マクラレンへのオマージュだという。
 土居曰く、共感覚者だった(←Artwords:ヴィジュアル・ミュージック/モーション・グラフィクス)というマクラレンの『線と色の即興詩』(1955)↓


 ユーリー・ノルシュテインの特集は、以下の6作品。
 「25日・最初の日」(1968年/10分)はアルカージィ・チューリンとの共作。「25日」とは今年がちょうど100周年となる、1917年に起きたロシア10月革命の最初の日。ショスタコーヴィッチの交響曲11番/12番をBGMに、ジョルジュ・ブラックの都市イラストやマヤコフスキーの漫画をモチーフにしたデビュー作。

 「ケルジェネツの戦い」(1971年/10分)はイワン・イワノフ・ワノーとの共作。リムスキー・コルサコフの同名の間奏曲をバックに、ロシア正教のフレスコ画イコン(→wiki:イコン)や細密画の手法を用いた、平面性を強調した作品。

 「キツネとウサギ」(1973年/10分)は、ロシア民話をベースに、鮮やかな色彩と素朴さを併せ持つガラジェッツの民衆絵画を手法として用いた寓話アニメ。



 「アオサギとツル」(1974年/10分)は撮影監督アレクサンドル・ジュコフスキーとともに、北斎・広重の浮世絵・水墨画に特徴的な自然描写に倣って幻想的に仕上げた作品。

 「霧の中のハリネズミ」(1975年/10分)は、ノルシュテインといえばこれ、と語られる有名な作品。主人公はハリネズミのヨージックで、ほかにも小熊やミミズク、白馬、犬、魚、蛾の群れといった動物が登場する。深みのある映像は、多層のガラス面に切り絵を配置するマルチプレーンという手法で創出された。

 「話の話」(1979年/29分)は、複数のタッチで編まれた映像叙情詩的な作品。おもに灰色狼の子の視点で話が進むが、特にストーリーはない。それでも思わず引き込まれるのは、一つ一つのイメージが丹念に描かれて、動く絵画(及び絵が動くこと)の魅力をじゅうぶんに備えているから。温かみのある手の感触が伝わってくるような絵がほとんどだが、たとえば、母親の乳房にしがみつく赤子は、H・R・ギーガーのエアブラシ作品のように不穏な何かを感じさせる。揺りかごの赤子、牛のなわとび、雪の上のリンゴ……。

 文中敬称略。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/747-cb3e76a9