ぴあフィルムフェスin福岡 

 福岡シネラで第38回ぴあフィルムフェスティバル(PFF) in 福岡。

 観たのは以下の作品。

 川添ビイラルの『波と共に』(26分)は震災・原発事故で故郷・福島から瀬戸内海の島に逃れてきた女性とその甥っ子、ミャンマーからの移住者アウンの交流を描く。

 首藤凛(しゅとうりん)『また一緒に寝ようね』(43分)。若い(青い)とは何かを考えさせられるザ・学生映画。足指と首吊り前の闇といちごのかき氷の映像はまあまあ好い。

 菊沢将憲(→菊沢将憲の感電人生!)の自主映画『おーい、大石』。北九州・門司出身で、福岡で劇団「空間再生事業劇団GIGA」を主宰していたという菊沢。俳優としては、2016年のアヴィニョン演劇祭で初演のアンジェリカ・リデル(Angelica Liddell)の舞台に出演。
 シュプレヒコールの扱い方は好い。ちょっと大島渚と原正孝の『東京戦争戦後秘話』(→ブログ)を想い出した。東京スカイツリーがあの位置に映るロケーションはたぶん、荒川土手。デモに醒めた菊沢(監督本人)と禿頭の大石(大石貴也)が、雑草の葉っぱを紙に巻いて煙を吸って、大石の剥き出しの頭部から植物が生えるのをみたり、ホースを振り回す少女をみたり、魚を釣ったり、共に母親を喪った感情を劇にしてみたり、懐中電灯のライトでシグナルを送りあって会話したりする。
 アル中の母親が飼っていた九官鳥を天井から吊り下げて…というのは、監督自身の実話に由来するとトークで話していた。上の二人の監督に比べると年齢がまだ近いこともあってか?、共感のフックがいくつかある。
 大石は野田秀樹に師事し、マームとジプシー主宰の『A-S』等に出演。
『世界に杭を打つ!』上映会を、今年5月.21日に東京台東区・入谷にあるsooo dramatic!で行うという。


『傀儡』(77分)は、武蔵美・松本千晶(2016年映像学科卒業)の卒業制作。上の3人の監督に比べると、若いのにけっこうクオリティが高い。役者の人たちも全くのドシロウトとは思えない演技。地域振興の一環だろう、ムサビと長崎県大村市の共同プロジェクトがベース。地域にドローン操縦の名手がいて、オープニングタイトルで山中~ダムにかけて空撮をおこなっている。
 デジタル化により、撮影機材からポスプロまで映画製作にかかるコストが飛躍的に低減化したことを受け、昨今は地域が観光振興の一環で、製作の機会に恵まれない若手作家や学生に助成金を出して映画製作を依頼する傾向がある。これは「読み書きそろばん」の現代的リニューアルとして、映像制作をアクティブ・ラーニングに導入しようという動向にも関係するように思われる。
 そのうちダンス甲子園や地域のゆるキャラグランプリ、B級グルメのB-1グランプリなどと並ぶ形で、「地域映画グランプリ」みたいなものが誕生するかもしれない。電通の関与を排除し、プロの参加条件を限定し、評価基準を変えて部門賞を複数つくるなどすればそれもアリだと思うが、制度設計次第では、ウケ狙いのみのガッカリ系や公務員の多数決的嗜好に合わせた微温作品ばかりになりそうで心配。逆に、提出作品のクオリティは高いが、地域の人が誰も関心を払わないというパタンも困りものだが……。
 現在は、映像なんてYoutubeでじゅうぶんじゃね?的若年層が増えていって、「映画」という集団製作・集団視聴の文化そのものが危機に瀕しているとも言える。

『限界突破応援団』は福岡の映像製作団体Moveの作品。島本和彦「炎の転校生」の現代応援団バージョンてやつか?

 この日は「8ミリ・マッドネス!!」と称して、微かにみた記憶のある?伝説の映画『東京白菜関K者』(1980年/8mm・カラー/59分)と石井岳龍の『1/880000の孤独』(43分)も上映。
 『東京白菜関K者』は石井岳龍(旧・石井聰亙)監督のもとで助監督を務めた緒方明(→wiki)の8ミリ映画。緒方の高校時代の同級生で、監督に頼まれ白菜のかぶりものを被った経験から特撮に目覚めたのが、『シン・ゴジラ』(→ブログ)で准監督・特技総括を務めた尾上克郎(→wiki)。撮影は石井聰亙、照明は現在、メディア理論やカルスタの研究者でもある手塚義治(→wiki)。録音は飯田譲治(→wiki)。出演者のリストには、保坂和志や室井滋、佐野和宏、長崎俊一、諏訪太郎、山川直人、手塚真、近田春夫、日野繭子の名前もある。
 石井聰亙は林美雄のパックインミュージックで紹介され、中学・高校時代に夢中になったものだ。山本政志(→ブログ:『水の声を聞く』)も園子温も塚本晋也も、この自主映画パンク・ムーブメントの最中に、8ミリ映画でデビューした。

 山本政志は今、実践映画塾シネマ☆インパクトで、後進の指導に当たっている。

 文中敬称略。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/753-fd472d65