日経サイエンス 2017年7月号 

 表紙裏の見開きは国際科学技術財団の広報記事でJAPAN PRIZE。情報・通信分野ではRSA暗号のアディ・シャミア(→wiki)。生命科学分野ではCRISPR-Casによるゲノム編集機構の解明で、エマニュエル・シャルパンティエ(→wiki)とジェニファー・ダウドナ。
 フロントランナーは、早野龍五(→wiki)。今年から脳科学の酒井邦嘉と音楽教育の共同研究を始めたという。

 国内ウォッチでは、ImPACTの「高カカオチョコで脳若返り」に対する批判記事。BHQ(脳のヘルスケア度)という指標についても疑問を投げかける(by日経新聞科学技術部 遠藤智之)。

 海外ウォッチでは、自動運転車の実用化への動きが、それに必要とされるレーザー距離計(ライダー)を進歩させた件など。ピッツバーグ拠点のカータ(→KAARTA)という企業は、ライダーとモーションセンサー、プロセッサー、7インチタッチパネルを統合した携帯端末を開発。建築家や施工業者はこのコンターを持って現場を歩くと、その環境の3Dモデルを容易に作れるという。

 特集のトランプ対科学は、環境保護局(EPA)の予算を3割、国立衛生研究所(NIH)や農務省の予算を2割削減し、退役軍人省や国防総省の予算を増やしたトランプ大統領の方針に対して警鐘を鳴らす。問題は、大統領府の科学技術政策局(OSTP)局長となる大統領科学顧問に誰がなるか。
 たとえば神戸大・塚原東吾のコラムでは、「ケネディ政権のアポロ計画に始まり、ニクソン時代のガン征圧計画(NIHが巨大化してバイオテクノロジーが興隆)、クリントン政権下の「情報スーパーハイウェイ構想」(IT産業の興隆)、オバマ政権のEBMによる医療標準化といった国策のもとで、アメリカ人は科学を信じてきた。ところが、冷戦が終了した90年代頃から風向きが変わり、科学は「普遍的で万人のもの」というより「商業的で自己目的」的なもの、という見方が強まり、市民の間に科学を信頼しない傾向が強くなった。たとえトランプ大統領が失脚しても、その後、アメリカが世界の科学技術を牽引していくという秩序を再構成できるかどうかまだ分からない、という。

 長倉克枝の「ネットで軽くなる「事実」の重み」では、トランプ支持層が好むスティーブ・バノンの右派ニュースサイト「ブライトバート」を冒頭で取り上げ、東京五輪エンブレム問題をめぐるツイッター・バーストの分析(by鳥海不二夫)やクアトロチョッキの研究(後述)を短く紹介して、SNSの共鳴箱効果などについて語る。「見たいものだけをみる」タコツボ化の傾向に対し、スマートニュースの鈴木健は、北米ユーザーに配信するニュースを選ぶアルゴリズムを変更し、共和党支持読者には民主党寄りの、民主党支持層には共和党寄りのニュースを適度に混ぜるようにして「保守とリベラルの分断を情報技術で解決したい」と語る。

 イタリアのIMTルッカ高等研究所の計算社会学者クアトロチョッキ(Walter Quattrociocchi)の「ネットの共鳴箱効果」が面白い。
 おもにSNSのエコーチェンバー(共鳴箱)効果――都合の良い情報だけを拾い上げてストーリー化する確証バイアスの強化により、少数意見が増幅される――についての研究報告。陰謀ダイナミクスの研究で知られるマーティン・バウアー(Martin Bauer)は陰謀論的思考は「準宗教的メンタリティ」と評する。
 陰謀論サイトの読者は、その虚偽を暴く情報に接すると、かえってその陰謀論サイトを読み続ける確率が3割高まるという。この悪質な確証バイアスを正す簡単な解決策は、現在のところ無いと〆る。

 特別リポート:未来の医療は、エイズ報道でピュリッツァー賞を取得したウォルドホルツ(Michael Waldholz)による「難病と戦う細菌ロボット」。ある細菌を、特定の状況でスイッチon/offする遺伝子回路を搭載した治療用ロボットに変える合成生物学の試み。

G・マーカス(→wiki:Gary Marcus)による新チューリングテスト。機械が「知的」かどうかを判定するいわゆる「チューリングテスト」は騙し合いゲームに陥る問題があるとして、それに代わる新しいAI評価テストを紹介。ウィノグラード・スキーマ・チャレンジ、I-athlonなど。それぞれ長所、短所、難易度、何に役立つかをコメント。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/760-239e4ab7