DOMMUNE2017/07/06~ダーク・アンビエント&フリンジカルチャー 

 7月6日のDOMMUNE19:00~は、NEdS RECORDSの臼田文明と宇田川岳夫によるフリンジカルチャー⑦「ポストアポカリプティックな世界」。今回来日したエンプサイ(Empusae――Nicolas Van Meirhaegheのプロジェクト)のダーク・アンビエントなリチュアル・ミュージックの世界を歴史的文脈で理解するためのレクチャー、という感じかな? Mistress MAYAも同席。
 ニコラスはライプツィヒで毎年開催される欧州最大級のダークミュージックの祭典、Wave-Gotik-Treffen(→wiki),略してWGT[ベーゲーテー]でも公演した。



 勝手に加筆・省略しながらまとめておこう。

 1980年代に世界的に高揚したインダストリアル・ミュージックのムーブメントは音楽領域に限られた現象ではなかった。ダダ・シュルレアリスム等の芸術運動やバラード、バロウズ、ディック、ピンチョンらのSF的な文学、ティモシー・リアリーやジョン・C・リリーらに代表されるサイケデリック・カルチャー、ビートルズも傾倒したアレイスター・クロウリーや『注目すべき人々との出会い』で知られるグルジェフ(→wiki)らのオカルト運動への強い関心と連動していた。

 スロビング・グリッセル(以下TG)やサイキックTVのジェネシス・P・オリッジ(→wiki:Genesis P-Orridgeのアツイこと!)はいち早く魔術や身体変工(→wiki:身体改造)を自分の音楽に導入。



 1983年にはネクロフィル・レコードwiki:Nekrophile Rekordsが立ち上がり、サイキックTVにもいたことのあるZos Kiaらはクロウリーの「法の書」を音楽化する試み等をおこなった。

 COILはオースティン・オスマン・スパー(→wiki)のケイオスマジックに傾倒し、AIN SOPHはジュリアーノ・クレメルツ(wiki:Giuliano Kremmerzを取り入れた。

 また、イギリスの実験音楽グループCurrent 93(→wiki)の動向も見逃せない。彼らは初期のクロウリー一辺倒からグノーシス派へと傾いていった。

 彼らは儀式魔術と電子音楽の融合や音楽による変性意識の形成を目指すとともに身体変工にも興味を示した。J.P-オリッジ(本名:Neil Andrew Megson)はTOPY(Thee Temple ov Psychick Youth)を組織して宗教団体化をはかり、自ら乳房をつけるなどした。

 そして、ORPHX(→wiki)や2002年にエンプサイのファストアルバムFUNESTUSをリリースしたDivine Comedy RecordsやATHANOR等に集った者たちの活動を通して、ダーク・アンビエント/リチュアル・ミュージックが発展してきた、ということかな。



 エンプサイは今年15周年を迎えるゴシックインダストリアルクラブMidnight★Mess @大久保Earthdomで公演が予定されている。

 ミュージック・コンクレートのピエール・アンリ(Pierre Henry, 1927年12月9日~)が亡くなったというニュースが流れてた。

 うーん、秋田昌美の『ノイズ・ウォー』とか読み直してしまったヨ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/772-7e98ca31