映画『草原の河』 

須崎公園

 KBCシネマでソンタルジャ監督の映画『草原の河』をみる。

 幼い子どもと動物が登場する映画というのは、それだけで「感動ポルノ」ではないかと警戒感が騒いだが、『陽に灼けた道』(→ブログ)のソンタルジャならそんなに安易なイメージに堕するとも思えず、足を運んだ次第(1か月近く立ったが^^;)。



 舞台は監督の故郷である中国・青海省の同徳県。海抜は3000メートルほどで、剥き出しの大地が広がるチベット高原とは異なり、黄みがかった緑の草原が果てしなく続いている。

 主人公のヤンチェン・ラモは、6歳になっても母親の乳房を恋しがる少女。父のグル、母ルクドルと3人で、伝統的な牧羊生活を営んでいる。
 山々が抱く氷がとけ、草原に流れ込んで小川をつくる春、グルは村人から行者様(父)の様子がおかしいと聞く。
 彼は、ヤンチェンを連れて、村から離れた洞窟のなかで仏教修行を続ける父に食糧を届けようとする。ところが、酒に酔ったままオートバイで薄氷の河川に突っ込み、転倒。見舞いの品々を水浸しにしてしまう。グルは父親との間にわだかまりがあり、直接会おうとしない。
 夏の放牧地に早々と移り住んだ一家は、母羊を亡くした子羊を育てることにする。ヤンチェンは子羊をジャンチャと名付けて可愛がる。いっぽう、母親の妊娠に気づいて、母の愛情が自分から離れるのではないかと不安に駆られる。そんなとき……。

 『陽に灼けた道』でも重要な役割を果たしたオートバイが、本作でも頻繁に登場する。
 中国は大きな経済成長を遂げ、都会に住む人々は、日本と変わらぬ(スマホ決済など、分野によっては日本より進んだところもある)暮らしをしている。しかし、内陸の青海省で牧羊を営むチベット族にとっては、自動車はまだまだ貴重品だ。

 ハーバード大学感覚民族誌学ラボの『Sweetglass』(→ブログ)でも牧羊業の様子が描かれたが、チベット族がおこなう伝統的な牧羊は、現在でも近代化の波をほとんど浴びていない。彼らは基本的に村落内で暮らすが、夏の間だけ遠く離れた放牧地に移って麦を植え、羊たちに新鮮な牧草を食べさせる。居住テントの移動は村が共同保有するトラックでおこなう。



 映画は、幼いヤンチェンが遭遇する生と死の残酷、グルと父親の静かな葛藤を丹念に描いている。ただ、多少ステロタイプにもみえた。ヤンチェンがイジメに遭うシーンは、もっと生なましく描いて欲しかったが、子どもの暴力描写に対する中国政府の検閲が厳しいせいだろう、抽象的な処理がされていた。

 あと、確かにチベット族全員がチベット仏教の敬虔な信徒ではないし、家族を顧みず修行に明け暮れる父への苦い気持ちがあってもおかしくないが、チベット仏教徒と中国共産党との長年にわたる抗争と抑圧の歴史を考えると、監督の中国政府への「配慮」を感じてしまった。
 だからといって、現在の中国に対する強い抗議を期待してことさらに残念がるつもりもない。映画はあくまでも基本的に中国市場向けであり、都会生活に倦んだ中国人民にノスタルジーを感じさせることを主眼にしている(ように感じた)。改革開放後の激変の中国で育った者の父親への複雑な気持ち、近代的人工物の急増とともに失われていく伝統文化への愛情は、国境を越えてよく伝わってきた。

 パンフレットに載った監督のプロフィールによると、ソンタルジャは1973年生。牧畜民の間で育ち、父から仏教画(タンカ)を学び青海師範大学の美術科に入学。卒業後、小学校の美術教師や美術館キュレーターとして務め、1994~2000年に50以上の絵画作品を描く。その後、奨学金を得て北京電影学院(チェン・カイコーやチャン・イーモウ等を輩出)に学ぶ。当学院で知り合ったペマ・ツェテン監督の『静かなるマニ石』や『オールドドッグ』(→ブログ)で撮影監督を務めたあと、2011年に『陽に灼けた道』(→ブログ)を発表して多くの映画賞を受賞した。本作は長編第2作。

牯嶺街
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/781-eb67f58a