FC2ブログ

日経サイエンス2017年10月号 

 特集は日本海溝移動説
 日本海溝は西方(日本列島の方)に年間約1cmずつ近づいているとの新説が発表。東日本プレートの動きはフィリピン海プレートの動きによって支配され、日本海溝は西方に移動し、東日本内陸部の東西圧縮が生じる。これにより、東北地方の険しい山並みが形成され、東日本各地で内陸地震が起きているのだという。

 海外ウォッチ:顔認識のメカニズムについて。ブレインイメージングの発達で、側頭葉にある数か所の領域が顔に対する反応に特化していることが分かってきたが、カルテックのドリス・ツァオ(wiki:Doris_Tsao)らの研究によると、顔パッチ領域のニューロンは、顔写真を小さな領域に分割し、額の幅など特定の特徴をコードしている。各ニューロンがそれぞれ一つの特徴だけに反応する。たった205個の細胞で何十億もの顔を区別しているという。これはキアン=キローガのジェニファー・アニストン細胞(→wiki:おばあちゃん細胞)説を覆す可能性を示唆する。
 新しいiPhoneにも採用されたという顔認識。人工ニューラルネットの研究成果が脳科学研究にフィードバックされた例といってよいのかな?

 ポリエチレンを食べて分解するハチノスツヅリガの幼虫の話。この分解酵素を作り出しているのは幼虫そのものか、それとも消化管内の微生物なのかを調べるのが次のステップ。
 →(追記2017.9.18)「ポリエチレンが生物分解されたことの十分な証拠を示していない」と指摘された模様。

『若冲の科学』は、生物学者・倉谷滋と美術ライター・橋本麻里の対談で始まる企画。
 辻惟雄の『奇想の系譜』(→Artscape:Artwords)によって再発見された伊藤若冲は、ジョー・プライスのコレクションで世界的に知名度が上がり、2000年に京都国際博物館で開かれた『没後200年、若冲』で大ブームとなり、2013年には『鳥獣花木図屏風』がチームラボによってデジタルアート化され(→ブログ:チームラボin佐賀)、昨年春に東京都美術館で開催された生誕300年展は、最大5時間待ちの行列ができるほどの大盛況となった。
 伊藤若冲や歌麿の作品には、徳川吉宗の産業振興策と中国渡来の新しい絵画に刺激されて日本でも勃興した博物学の影響がみられるという。
 日本に伝わったばかりのプルシアンブルーが代表作『動植綵絵』の「群魚図」(1766)のルリハタにわずかだが使われていたという。プルシアン・ブルーは世界初の人工顔料で、1706年ごろベルリンで動物の角や血液を乾留した際に生じた黄血塩から偶然に生成された。若冲の時代には貴重品だったが、価格が下がった1830年代から日本でも一気に広まり、北斎の『富岳三十六景』の青空や川に使われた。
 その色の強さは天然顔料ウルトラマリンの10倍以上。鉄イオンの酸化・還元によって色が変わる特徴(ベルリンホワイトなど)があり、かつては青写真、現在では電子カーテンや電子ペーパー(エレクトロクロミック素子)等にも応用される。また、フレームワーク構造から有害物の吸着剤、リチウムイオン電池等の正極材料としても期待されているらしい。

 滝順一の「砂漠のダチョウ」では、立岩陽一郎や小川和久らが発起人になって、日本のFIJ(ファクトチェックイニシアティブ)が発足した話。

地衣類にみる共生の姿
 1860年代にスイスの植物学者シュヴェンデナー(→wiki)が、それまで植物とされてきた地衣類は菌類と藻類の共生体であることを発見。自分で栄養を作り出せない真菌類が、光合成で自活できるが根・茎をもたない藻類と共生している。地衣類は、桜の樹なんかにウメノキゴケとかよく見かけるが、わりと好きだったりする^^;。
 学位をもたない在野の研究者トレバー・ガワードは同じブリオリア属であるB.フレモンティとB.トルトゥオサが、同じ菌類、同じ藻類から構成されながら前者は食用・毛髪状で、後者が有毒プルビン酸を含むことから、第3の共生パートナーが存在する仮説を立てた。彼はそれを「細菌」と思ったが、実際には担子菌酵母だった。野生の研究者でも自然を綿密に観察することで従来の生物理解を一変するのに寄与する例もある、ということ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/790-cc31f8f0