旦過市場 

旦過市場

 カナガワ映画祭・フィルマゲドンⅢ(→ブログ)が開催された小倉昭和館は旦過市場のすぐ近くにある。

 この辺りに来たのは久しぶり。ひょっとすると、昭和館に『スポットライト』(→ブログ)を観に来て以来ではなかろうか。初公開時にみた映画や女性向け映画が続いたため、いつのまにか上映予定をチェックすることも少なくなり、ご無沙汰になってしまった。

 外観はこんな感じ。旦過市場の起源は、大正時代の初期、神獄川を昇る船が荷をあげ、商売を始めたことに始まると伝えられる。東南アジアでときおりみかける水上マーケットのようなものだったのかもしれない。 旦過市場

 午前9時半くらいなので、客足はこんな感じ。1955年前後に、戦後のヤミ市のようなバラックから現在のアーケード街も建て変わり、旦過商業協同組合や小倉中央市場協同組合が設立され、最盛期を迎えたという。
旦過市場

旦過市場

旦過市場

旦過市場

旦過市場

 裏路地に飲食店がひしめいている。時代的に車の利用は前提とされていないし、衣類・雑貨の店、薬局などは内部にないが、飲食店や映画館も隣接するという点では、ショッピングモールの原型と言えなくもない。
旦過市場

 「火鍋」が美味しくてたまに利用していた台湾料理の「大好ヤ」が閉店。紺屋町店の方は営業している。
旦過市場

旦過市場

 神獄川を隔てた向かい側の馬借は再開発が進んで、前回来たときには建設中だった高層住宅が完成し、それに伴って新しい飲食店などが開店していた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/795-47b545c7