FC2ブログ

新建築2017年9月号 

〇ニュース:第58回BCS賞。本賞を受賞した15件のなかには、新宿東宝ビルや東京駅八重洲口再開発、TOTOミュージアム(近いのに未だ行ってない)、としまエコミューゼタウン(→wiki)、虎ノ門ヒルズ、三分一博志の直島ホール等の名前が並んでいる。

〇BOOKSコーナーでは『ユートピア都市の書法』(小澤京子 著)。クロード=ニコラ・ルドゥーは昔、澁澤龍彦の紹介で知って以来のファンで、以前、旅行のついでに列車を乗り継いでアル=ケ=スナンの王立製塩所(→公式サイト)まで行ったが、デジカメで撮った画像データの入ったメディアが盗難にあって落ち込んだものだ^^;。

〇建築論壇では、以前ゲンロンカフェ(→ブログ)にも登壇していた石川初。造園学者の進士五十八が述べる造園の原則――用と景のバランス――を引いて、ランドスケープデザインの役割の変遷を「用と景の葛藤史」と表す。都市の植物を観察するポイントは、施設として制度が植えた街路樹・植栽と住民や施設就業者が楽しみで植えた「園芸」と、勝手に生えてきた「雑草」を見分けること。行政が設定した標準に沿って植えられた街路樹などは、涼しかった時代のスペックのままで、亜熱帯化した現在の気候と噛み合っていないのに対し、日々チューニングされる「園芸」はずっと先を行っており、アルカリ質で日当たりのよいビルの屋上やベランダでは、オリーブやハーブなど地中海的な植生と化している。
 ハイライン(→wiki)は、ジェームズ・コーナー(ランドスケープ・デザイン)とディラー・スコフィディオ(建築家)。植栽デザインはオランダの造園家ピエト・アウドロフが手掛けたが、廃線として放置された間に生えてきた雑草を調査し、同じような種類の植物を用いて植栽され「ハイライン・ネイティブ」と呼ばれている。宮城俊作(→wiki)はかつて、野性的な「一次自然」、人工的な「二次自然」に対し、野性と人工がレイヤーとして重なり、ある種の緊張を持った風景「三次自然」に今後はなっていくと述べたが、維持管理や関わり方と空間のレイアウトをどう結び付けるか、時間をかけてチューニングしていくことで、より好ましいランドスケープができる、と結ぶ。

〇SANAAが手掛けた米国コネティカット州ニュー・ケイナンのグレイス・ファームズ(NYから車で1.5時間)


〇石上純也のオランダ北部Vijversburg公園ビジター・センター。天井高2.3~3.3メートル。「高さ、幅、曲率の異なる透明のガラス壁が構造体として建物を支える」という。構造家・佐藤淳とともに、ガラスのエッジに均等に応力を負担させることに注力した。

〇隈研吾のポートランド日本庭園/カルチュラル・ヴィレッジ。
 スティーブ・ジョブスが若い頃過ごし(リードカレッジに通学)、ガス・ヴァン・サントが映画を撮り続けたポートランドは、いまやアメリカで最も住みたい都市のトップにランキングされている。日本生まれで現地に住む内山貞文。石積みは500年の歴史をもつ穴太衆(→wiki)と地元の庭師の協働。

〇益田市のグラントワや各地のとらやを手掛けた内藤廣(→wiki)による富山県立美術館。

〇くまもとアートポリスの伊東豊雄と坂茂による熊本大地震復興・仮設住宅整備の取り組みについても記事があった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/797-bea2ee10