FC2ブログ

『川原慶賀の植物図譜―シーボルトの見た日本』展@下関市立美術館 

下関市立美術館
 正面のブロンズ像は淀井敏夫「夏の海」(1972)

 下関市立美術館で『「ロシア科学アカデミー図書館所蔵 川原慶賀の植物図譜―シーボルトの見た日本』展。

『超絶技巧! 明治工芸の粋』展(→ブログ)を見に行ったように、「細緻系」はわりと好きだ。ただ、日本の伝統では一般に、細緻の追及は絵画・版画よりも工芸品―細工に向かった。

 川原慶賀(→wiki)は、町絵師の父のもと、1811年ころ長崎に生まれた。石崎融思に師事し、数少ない出島出入絵師として、1817年に来日したオランダ商館長ブロムホフのもとで長崎の風俗画や風景画、出島における商館員たちの生活を描いた。

 たとえば、展示された「人の一生シリーズ」。「腹帯・出産」では、右下に腹帯のさま、左上に赤子を産湯につける室内の様子を描くという、絵巻物や鎌倉時代の風俗画に由来する異時同図法や吹抜屋台を用いている。出産に続き「宮参り」「お見合い」「祝言の段取り」「結納」と来て「病臥」「葬列」「墓穴掘り」「送り火」…と、出島のオランダ人が、生まれてから死ぬまでの日本の習俗に好奇心を抱いていたことがわかる。ビデオで紹介された唐館の「龍踊図」、蘭館の「調理室図」では、縛ったイノシシを捌く姿や、肉を裁断する姿を描いている。

 メインの展示は、シーボルトに従って描いた植物画。シーボルトの『日本植物誌』(1935-70)は、川原が描いた写生画をもとに図が作成された。澁澤龍彦の生前最後のエッセイ集『フローラ逍遥』には、川原による梅やあじさい等の図版が載っている。

 会場には虫眼鏡が置いてあって、観客が手に取って作品を拡大してみることもできるようになっている。「薬効のある植物・毒性のある植物リスト」まで置いてあり、美術館の催しというより科学技術館の展示のようだ。精確な観察は科学の第1歩だ。

 冬瓜やシロウリのくるくるっとした細い巻きひげや、エイリアンの無数の触手のような根を細緻かつ丹念に描いている。ムベやジャケツイバラでは、シーボルトの助手を勤めたフランス人画家デ ・フィレニューフェの立体的な描写で描かれた実が添えてある。日本人の画家が立体的に描く手法を身に着けるのはずっと後のことだ。

 オランダでは17世紀にチューリップ・バブル(→wiki)があったが、その後も植民地を経由してヨーロッパのプラントハンターたち(→wiki)が、食料や香辛料、医薬品等に利用できそうな有用植物や観賞用の新種を求めて世界中を駆け巡った。ヨーロッパのシーパワーによるグローバリゼーションの歴史的エピソードの一つだ。

「分類学の父」と称される大博物学者カール・フォン・リンネ(1707-1778)の弟子の一人、カール・ツンベルク(→wiki)も、シーボルトより前、1775年にオランダ商館付医師として長崎・出島に赴任し、長崎や箱根で植物標本を収集して翌年、日本を離れた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/800-0e4554e5