FC2ブログ

映画『11時10分前』 

 福岡シネラのトルコ映画特集で、ペリン・エスメル(→wiki:Perin Esmer)監督の映画『11時10分前』(原題:10 to 11/35ミリ/2009年/115分/トルコ=仏=独)を観る。

 舞台は撮影当時のイスタンブール。83歳になるミトハト・ベイは、1950年頃から住み続けるアパートの4階で、悠々自適の隠退生活を送っている。
 ミトハトは甚だしいコレクション癖の持ち主で、部屋のなかは書物や新聞で溢れかえっている。通いのカフェではパンのラベルを剥がしてポケットに入れ、注射のヘタクソな看護師から手に入れた注射器まで持ち帰って並べる。コレクションは時に部屋の前にも置かれるため、他の住人の苦情を招くが、アパートの管理人のアリがいくら注意しても、彼は聞く耳を持たない。

 ミトハトは古いオープンリ-ルのテープレコーダーを修理しながら現在も使用しており、たとえば1960年5月27日のクーデターの様子を語るニュース音声まで保存している。他のインタビュー音声によると、ミトハトは1945年10月にアメリカに留学して電子工学を学んだが、トランジスタの重要性に無知なトルコの官僚たちは、帰国した彼を紡績工場に送り込んだ。すぐに飛び出た彼は、ようやく警察の技術部門に迎えられ、数十年かけて全国の警察無線を整備する本部の責任者になったという。

 管理人のアリは地方出身の30代。ミトハトに頼まれて新聞を買い、コレクションの『イスタンブール百科事典』の欠落した第11巻を入手するために奔走する。
 アパートの老朽化に伴い、住人の多くは建て替えを求めているが、ミトハトの反対で話がまとまらず、アリは説得を続ける。ミトハトのコレクションのなかに、高額の値段がつく貴重品も混じっていることを知ったアリは、アパートを立て替えたら1階を古本屋、2階をカフェにして、ミトハトの収集品を並べよう、ともちかける。しかし、ミトハトは断固として受け付けない。

 アパートでは水漏れが生じて、うずたかく積まれた新聞が湿ってしまう。いよいよ当局が入って、倒壊の恐れがあるという理由で立ち退きを求めるが、ミトハトは「令状は? いつ法律が変わった? 法律が改正されたというならちゃんと官報に載ったのか?」となおも食い下がる……。



 『未来へつづく声』(→ブログ)もそうだったが、本作は音声メディアに関心を向け、時間(大量に映る丸い掛け時計が印象的)や音声の記録・記憶をテーマにしている。"ガンコ爺"ミトハトのキャラクターが際立ってオモシロイ。役にハマった巧い役者だなあと思ったら、映画のモデルとなったご本人(Mithat Esmer)がミトハト役を演じている。エスメル監督は彼の姪にあたる。

 わずかだが、イスタンブールの街の様子が映し出される。序盤に映った水色の二階建ての橋は、恐らくガラタ橋だろう。人びとは橋の上から釣り糸を垂らしている。海峡の向こう側に立つ複数の尖塔はブルーモスクだろうか。昔、インドからパキスタン、イランを経由してイスタンブールにも立ち寄った身としては、ぼんやりと記憶する街の様子や当時の出来事を振り返ってしまう。
 ガラタ橋のたもとには、ボートに乗った物売りが数多くいて、中華鍋のような大きな鍋でサーディンを油で揚げ、バケットに挟んだものを売っていて、とても美味だったこと。たしか1988年の新年を迎えたのがイスタンブールの安宿で、他のバックパッカーらと簡単なパーティーを開き、ラク(Raki)というアニスの実のエキスが入った強い蒸留酒を飲んで酔っ払ったこと等を想い出す。

 ストリチナヤを桜桃のジュースで割って飲む、というのは初耳。今度、気が向いたらやってみようかな。

イスタンブール
 夕景のシルエットだけでイスタンブールとわかる。

【追記】2017/10/27
 2006年度ノーベル文学賞を受賞したオルハン・パムクは、『イスタンブール――思い出とこの町』で、『イスタンブール百科事典』とその編著者レシャト・エクレム・コチュについて一章を割いている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/802-c1d4c6ac