FC2ブログ

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』 

 YCAMでスティーヴン・カンター(→wiki:Steven Cantor)の映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』をみる。

 主人公のセルゲイ・ポルーニン(→wiki:Sergei Polunin)は1989年、ウクライナ南部に位置する人口40万人の都市ヘルソン(→wiki)に生まれた。
 ウクライナでダンスといえば、コサックダンスを思い浮かべる(ジジイ^^;)が、19世紀後半からバレエの中心地となったロシアの伝統を継ぐ旧ソ連圏では、恐らく幼少期からのダンス教育が盛んという背景事情もあるのだろう。ポルーニンは小学校の頃から体の柔軟性と身体能力により、バレエ・ダンサーとしての素質を見出される。
 首都キエフのダンス学校で専門的な教育を受けるには、宿舎費用も含め、多額のお金がかかる。子どもの将来に賭けるため、父親は遠く離れたポルトガルまで出稼ぎに行き、父方の祖母も外国の地で辛い介護の仕事に就く。家族の期待を一身に受けたポルーニンは、優秀な成績を収め、13歳で渡英してロンドンのロイヤルバレエ学校に入学する。そして、19歳でロイヤルバレエ団最年少のプリンシパルになる。



 十代の青春をバレエ一筋に打ち込んだポルーニンは、自分に多大な期待をかける両親が、父親の出稼ぎをきっかけに離婚に至ったことを知る。身体の皮膚にタトゥーを入れ、コカインを吸入する。そして2012年1月、彼は突然ロイヤルバレエ団を辞める。
 ポルーニンはアメリカでの活動を望むが、アメリカのバレエ団は彼の素行を不安視して受け入れない。
 そこで彼は、ロシアのテレビのオーディション番組に出演する(ロシアのテレビ番組を見るのは数十年ぶり(たぶんブログ:ソ連旅行1991以来)なので、その資本主義的ド派手っぷりに驚く)。才能のあるポルーニンはもちろん注目を浴び、ロシアのダンスシアターに迎え入れられる。
 ただ、イギリスでもロシアでも、バレエは伝統芸能の世界であり、才能に恵まれた若いポルーニンにとっては、息苦しさを覚える旧態依然とした世界だ。ポルーニンは、自らを伝説化するため、ファッション写真家のデヴィッド・ラシャペルと組んで、ホージアの『Take Me To Church』のPVに参加することを決意する。



 伝記映画にするには短か過ぎるポルーニンの半生(まだ20代!)だが、ヘルソンからキエフ、ロンドン、モスクワ、ロサンゼルス、ハワイ、ノヴォシビルスク…と、舞台が地球上を転々とするので若い人でも退屈しないだろう。

 ポルーニン役を演じるのは本人だ。さまざまな映像記録機器が安く手に入るようになった1990年代以降に育っただけに、カンター監督は、家族が撮影したホームビデオや、学校の友人たちや本人がスマホのカメラで撮った映像、ニュース映像や新聞記事、テレビ番組の映像などを巧みに利用し、今どきのファウンド・フッテージ的な作品に仕上げている。恐らくオリジナルで撮影された映像は20%に満たないのではないか。酔っ払って眠ったポルーニンの顔を落書きだらけにする友人たち。雪の積もったロンドンの路地で、素っ裸になって転げまわるポルーニン。

 ウクライナ南部の90年代から現在までの政治情勢には、いっさい触れていない。クリミア半島の根元にあるヘルソンは、首都キエフや西ウクライナとは異なり、親ロシア派が主流を占める土地柄だ。キエフ経由で西側(ロンドン)に渡るが、やがてロシアに帰属していくというのは、クリミア危機(→wiki)を経てロシアに編入されたクリミア半島の存在をどうしてもちょっと想起させる。

 父親のたたずまいが、曰く言い難い魅力をそなえていた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/803-aca4b2a5