FC2ブログ

ナショナルジオグラフィック2018年2月号 

「VISIONS写真は語る」は、フィリピンから東京に来て20年たつというダニー・ドゥンゴ(Danny Dungo)の写真と文によるトーキョー・デイズ。2014年にドローンを飛ばして撮ったという井の頭恩寵公園の写真が良い。満開の桜樹と水面を埋め尽くす花びらのピンク、ブルーシートやグリーンシート、シートで花見の席取りをする人びと。花見というと、あのブルーシートの醜悪さが桜の記憶にどうしても伴って、桜そのもののイメージが悪くなったもんだが、こうやって俯瞰して観ると、それなりに愛すべき日本の慣習なのだよな、と感じる。見開きの銀座の写真は、イラストっぽく処理してる。

 ラブ・ディアスの『立ち去った女』(→ブログ) を観て間もないこともあって、ちょっと関心を持ったのだが、在日フィリピン人(→wiki)の人口は約22万人。フィリピン系日本人の数は約10万人。人口は両国ともざっくり言って約1億人なのに対し、日本は少子高齢化傾向にあり、フィリピンは人口増加を続けている。対照的な両国の人びとが今後、どのように関係を深めていくのか興味深い。

 探求のトビラでは、低高度から詳細画像を得る測量技術測量技術ライダーで撮った写真。

 パトリシア・エドモンズの文は「極限都市」なるプロジェクトを続ける写真家スティーヴ・ユンカーの撮った「世界一寒い都市ヤクーツク」を扱っている。この度の大寒波で、マイナス50度というニュースを耳にして愕然としたが、当地の最低気温の記録はマイナス64度!。

 特集の「善と悪の科学」は、冒頭8ページにわたって銃乱射・殺人が発生した場所のモノクロ写真。倫理的なテーマを、科学的知見とジャーナリスティックな取材・文章・写真・イラストによって浮き彫りにしている。紹介する固有名は暴力の現場で人助けをした、ごく普通に暮らす路傍のヒーローたち。このあたりはクリント・イーストウッドの新作映画『15時17分、パリ行き』の影響かな?
 音楽家や歴史家は概して共感指数(EQ)が高いのに対し、高度に体系立てて考える理系専門家のなかには「共感反応が平均値を下回る人が少なくない」。共感回路の不活性化の理由としては、約7割が遺伝起因という推計あるが、脳の損傷や長期間のストレス、あるいは戦争中のように、集団が敵対心や優越感をもつ傾向が強まると、共感の心が失われることがある」。「サイコパス」や「自己犠牲」のブレインイメージング。

鳥の知能」。ケンブリッジのニコラ・クレイトンは「鳥類と哺乳類では脳の構造が異なる」。鳥類の脳にはヒトの大脳皮質に相当する「外套」あり。長期記憶と意思決定のもとになる神経回路は鳥類と哺乳類で似ている。カラスと類人猿は共通の祖先から枝分かれしたのは3億年以上前だが、同じように複雑な認知能力を発達させたのは、似たような状況に置かれていたからだろうという。社会集団の形成には、仲間の動機や欲求を理解することが欠かせない。食べ物の加工に道具使うのはチンパンジー、オランウータン、カレドニアガラス。

中国の胃袋を満たす」の冒頭見開き写真は雲南省の広大な棚田。細分化された農地というのは日本と共通。昆明郊外の新興住宅街とビニールハウスが広がる景観は圧倒される。「欧米化する中国の食」。日本のケースと比較するデータがあればよかったな。

nationalgeographic.jpではオリジナル連載も満載。

スポンサーサイト

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/845-101fe37c