日経サイエンス2018年3月号 

 サイエンス考古学では、50年前のヘイフリック限界(→wiki)、バイリンガル脳、150年前のコレラ鎮圧でNY衛生局が用いた最も効果的な薬剤は石炭酸(フェノール)だったという話など。

 科学の森は、「サイクル」という基礎概念について。例としてカルノーサイクルやオットー・サイクル、ウィルソン・サイクル、輪廻を取り上げる。そういえば3月頭には、YCAMでマシュー・バーニーの『クレマスター・サイクル』が上映される。

 国内ニュースウォッチでは、水素資化光合成細菌や鉄酸化光合成細菌の両方が生む有機物をベースとした微生物生態系を想定した物質循環サイクルのモデル化(田辺英一ら)。特集の「生命の起源」にもかかわる話だ。

 海外ウォッチでは電気自動車普及によるコバルト不足の問題(2025年、販売台数1000万台推定でコバルト需要は33万トンに達する)。銃の問題点。ペルーの違法な金採掘がもたらす環境汚染。社会脳と脳の大きさの相関の話では、クジラ目と人類(霊長類)の脳の進化史を対比させる研究。

 fromネイチャーでは、化学工学者Thomas Schroederらによるデンキウナギの発電細胞に着想を得た人工電気器官。埋め込み型医療機器への電力供給などが考えられる。理研の田中陽氏らの研究(→IT MEDIA シビレエイで発電する、驚きの発電システムを理研が開発(2016.6.3))にも関係する話か?

 特集は昨今アツイ「生命の起源」。
 生命の歴史は地球史または宇宙史という全体像の一部として、地質学→化学→生物学という視点で語られることが増えてきた。いっぽう、『君の名は。』(→ブログ)の新海誠が以前、ツイッターで薦めていたジム・アル・カリーリら「量子生物学」系の動きも、徐々に盛り上がりつつあるようだ。

 一昨年、話題となった『生命、エネルギー、進化』の著者ニック・レーンは、生命は海底のアルカリ熱水孔で誕生したという、本特集でも言及されるNASAジェット推進研究所の地球化学者マイケル・ラッセルの説に賛同し、天然のプロトン勾配が生命の起源と結びつくと主張した。
 ショーン・キャロル(物理学者)の『この宇宙の片隅に』(邦題はどうあれwこれはアウトサイダーにとってなかなかの良書)第32章では、生命の発達の重要な第一歩は「複製」(エネルギー源は比較的豊富なので問題にならない)と考える主流派に対し、マイケル・ラッセルを、(生命誕生の)最初の重要な第一歩は「代謝」と主張する「少々型破りの」代表者として紹介し、その他の「代謝派」に、ウィリアム・マーティンやニック・レーンの名前をあげている。
 ベンジャミン・マクファーランド(化学者)の『星屑から生まれた世界』でも、「代謝(タンパク質)ありき」派と「複製ありき」派、「深海の噴出孔」派と「温泉」派の議論を取り上げている。化学屋の彼は「温泉」派。分子を変化させやすい太陽光の存在や、細胞内の元素組成が海水より温泉水に近いこと、乾湿サイクルを重視している。なお、「代謝ありき」説と「複製ありき」説では、イギリス国立分子生物学研究所の化学者ジョン・サザランド(→wiki)が「同時発生」説を唱えていて、彼はこれが有力だろうと言う。

 『日経サイエンス』特集の筆者たちも「温泉」派。「陸上の火山性の水溜まりと温泉には、生命に必要な材料と、相互作用と自然選択を促す乾湿サイクルがある」。デイヴィッド・ディーマーらは、酸性高温下での乾湿サイクルで10~100個のヌクレオチドからなる、リボ核酸に似た重合体が形成され、プロトセル(→wiki:Protocell)ができたことを報告。
「深海噴出孔」か「温泉」かの議論は、土星の第2衛星エンケラドスと木星の衛星エウロパの凍った海が生命の起源を探るうえで探査に適するか否かの判断に関わってくる。NASA所属のマイケル・ラッセルの、莫大な予算がつくことへの「期待」が、バイアスになってなければよいが、という議論も予想される。

 本誌の表紙にダーン!と「生命の起源 それは海ではなかった」と訴えているのは、ニック・レーンの著書の影響で「生命の起源は深海噴出孔」が、あたかも定説であるかのように語られることを防止する目的なのかもしれない。

 二つ目の記事は鈴木庸平(東大)/鈴木志野(→海洋研究開発機構(JAMSTEC)プレスリリース2017.7.21)によるCPR細菌の話。

「起源」とか「発祥」とかいう問題設定は、解答の実証が難しいもの。掘れば掘るほど新たな細菌やら生命と無生物の境界めいたものがうじゃうじゃ出てくるだろう。どこまで探求すればよいのだろう? そこに何が立ち現れるのだろう?

 もう一つの特集は「世界のイノベーション10」。
Scientific Americanと世界経済フォーラムの専門家が協力して選ぶ2017年度のエマージングテクノロジー。S運営委員会のメンバーには、脳科学者クリストフ・コッホやジュネーブ安全保障政策センターの世界未来プログラムを統括するN.アル・ロドハンhttps://wiki:Nayef Al-Rodhan、 インターネットの「父」の一人、ヴィントン・サーフ(→wiki)らの名前がある。

 あと、「バイオフィルムを退治する」と「新パワーズ・オブ・テン」が好かったかな。

 ブックレビューは、情報工学者の松原仁(→wiki)による『スーパーインテリジェンス』の紹介。最近は読みたい本が増えて困ってて^^;、本書も3分の1くらいで停止中なのだが、ボストロムが、エリエゼル・ユドカウスキー(→wiki:Eliezer Yudkowsky)を引用しながら、超絶AIがどうやって人類を攻略するか、みたいなシナリオを生なましく考えていくところが面白かった。

 昨今は「生命の起源」だけでなく「意識」への科学的アプローチも盛んになってきて、先述の『この宇宙の片隅に』でも触れていたし、『意識の進化的起源』という本も出ている。

 森山和道の「読書日記」でも、『脳の意識 機械の意識』(渡辺正峰)を紹介している。
 一回粗読したが、日本人科学者でもようやくこういう人が登場してきたかとちょっと感動していたところだ。まさに脳科学研究と人工知能研究のフィードバックループに実った豊かな果実だ。ライゾマの『border』(→ブログ)を観てアウトサイダーがなんとなく漠然と空想していたことを、ちゃんとした科学的知見と専門家の言葉で、具体的に語ってくれている。本書に出てくる「自然則」は、ショーン・キャロルの言う「適宜自然主義」と同じようなものかな(ちゃんと読み直さんといけんねw)。

 文中敬称略。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/847-43fb6607