FC2ブログ

DOMMUNE2018.4.16 ~メディアアート関連 

 久しぶりにDOMMUNE覗くと、メディア・アート関連やってたのでメモ。

 4/16のDOMMUNEはonpa))))プレゼンツ アインシュタインをアウフヘーベン!。アラヤ代表の神経科学者、金井良太やSF作家のさかき漣、データサイエンティストの林祐輔(ナウキャスト)が出演。司会はonpa代表の羽生和仁。
 結果的には海外からのゲスト、レフィーク・アナドール(Refik Anadol)とミカエル・シュプランガー(Michael Spranger)の作品紹介に留まった感があるがw、そのうちもう一回やるらしい。

 アナドールはトルコ出身のデータ・ビジュアリゼーション・アーティスト/データ・アーキテクト。
 LAのディズニー・コンサートホール(建築設計:ゲーリー、音響設計:豊田泰久(→wiki))をキャンパスにした作品で知られる。LAフィルが提供した百年間の演奏データがベース。「建物が果たして意識を持つか」「建物ははたして夢を見るか?」というテーマをもっている。
 伊東豊雄の「横浜風の塔」にも触れていて、たしかにこれはアナドールの風データを可視化する作品:Hidden landscapeの起源と言えるかもしれない。ほかにもサンフランシスコのSNSデータのビジュアリゼーションなど。近日、大阪のナレッジキャピタルでレクチャーかなんかやるそうだ。

Visions of America: Amériques / LA Phil / Video Artist Cut from Refik Anadol on Vimeo.



 もう一人のミカエル・シュプランガーはSony Computer Science Laboratoriesのリサーチャー。自発的に単語や文法や文化をつくるAI(ロボット)の設計を目指していると言う。磯崎新のT-HOUSEでおこなった試みなど紹介。ロボットという手足をもつAIにより、記号接地問題が解決できるかどうか。



 最後に、宇川がフェイスブックの「ボブとアリス」などAI同士で会話させる話はどうなったか問題を振ってくれる。金井が、AIをセンセーショナルに報道しすぎるメディアの問題を指摘。世界的な傾向のようだ。
 受け手のAIリテラシー、というかメディアリテラシーの問題でもあるが、センセーショナルにせずに人びとに印象付け、さらに、一歩踏み込むまでにつなげるにはどうしたらいいか。特に日本の場合、少子高齢化の傾向もあって、全体として新しいことへの感度を失いつつある様子が、各所でひしひしと感じられる(自分自身を振り返ってみても同様だがw)。広告・宣伝と「センセーショナリズム」をめぐる問題系。

 あと、美術手帖2018.3.22 来たるべき「(人工)生命」の未来とは。の話などしていた。

 SF作家のさかき漣は『エクサスケールの少女』という小説で知られるらしいが、エクサスケールといえばどうしても、某スパコン案件を想い出すw。

 金井良太は最近、本出してないので、話聞きたかったなあ。トーク上手そうな雰囲気はある。彼もそのうち人工意識でメディアアーティスト・デビューするのかな? 

 林祐輔の名は個人的に初耳。一見、広告代理店系みたいに見えたがw、日銀にいたそうだ。

 あと、@kyokakyokaのアンビエントよかった!。

 文中敬称略。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/862-5102b7ff