FC2ブログ

新建築2018年4月号 

 NEWS:台湾・桃園市立美術館コンペで、山本理顕設計工場が一等受賞。「丘」というコンセプトのもと、傾斜屋根とキューブ状展示室で構成。2022年12月開館予定。福岡県東峰村ゲストハウスの設計コンペは納谷建築事務所。2018年プリッカー賞はa+u1997年7月号で特集されていたバレクリシュナ・ドーシ(→wiki:B.V.Doshi)。

 欧米人もみんな、これくらい(↓)のスピードと発音で話してくれると、日本人としては助かる(笑)。


 EXHIBITIONは会田誠展 GROUND NO PLAN。「快適なスラムこそ究極の理想」としてスラム・クリアランスではなくスラム・アップグレイディングを提案。あと隈研吾のステーションギャラリーでの展示。
 BOOKSでは南後由和『ひとり空間の都市像』。アマゾンでも評判良いみたい。『近代エクステリアの歴史』は、日本の景観の歴史を考えるうえで興味深いが、「学会本」だからなあ(読まずに言うのもなんだがw)。海外ではいろいろな「モノの歴史本」が刊行されている。『世界史を変えたXX』とか。読み物としても工夫してくれると愉しいのだが。あと『まちを変えるホームシェアリング』(今年6月施行の民泊新法関連)など。

 東京港区郷土歴史館等複合施設(ゆかしの杜)。このあたりは昔よく散歩したものだ。



 太陽の塔内部再生プロジェクトを写真メインに12枚にわたって特集。万博オタ必見!。以前、鉄鋼館(→ブログ)で部分的に見た「生命の樹」が万博当時の姿をしっかり再現しているようだ。左腕部内部の写真が好いなあ。日経アーキテクチュア今年1.11号(→ ブログ)の特集と比較すると、二大?建築雑誌メディアの特徴的差異がよくわかるようになっている。

 続くページに東京タワー平成の大改修。うーん、こうやって東西大都市の旧シンボルタワーを見比べると、大阪のド派手好みが際立つw。外装はさほど派手ではないが、商業文化豊かな大阪と、質実剛健の武家社会の美学を引き継ぐ東京を象徴しているかのようだ。
 遠藤秀平[記事]は、アジール・フロッタン再生プロジェクト。浮かぶ難民避難所。前川國男がコルビュジエの事務所にいたとき(1928-30)、設計に加わったルイーズ・カトリーヌ号。

 ほかにも宇和米博物館やドットアーキテクツの千鳥文化、半蔵門ミュージアムなどなど。

 今月号は観光客ターゲットなのかな? カッチリ分ける必要はないが、新しい美術館や文化施設、商業ビルなど、一般人にも出入りしやすい建物を多く紹介する号と、出入りが限定される集合住宅・オフィスビルを多く紹介する号で分けてくれるのは良いこと。

 リノベーションといえば、新建築というより日経アーキテクチュアの領域かもしれないが、家屋の解体をできるだけDIYまたはローコストでおこなうには、という特集を組んで欲しいなあ。地方の空き家問題は大変で、少子高齢化の進行とともに、リフォームしても住む人がいないというのが大きな問題となりつつある。いかにDIYで解体し、使えるものを再利用に回せるか、解体業者の実態、解体作業の効率化、解体技術の最新動向などなど数多くの視点があるはず。



 文中敬称略。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/863-f8194a2c