FC2ブログ

WIREDメモ2019年7月 

 一年半くらい?興味が衰えていたwired的なものへの関心が多少、蘇ってきたので、いくつかメモしておこう。といっても雑誌の方じゃなくウェブの方ねw。月イチでクリップする習慣を身につけておきたいが、どうなることやらw。

 「学習行動」はRNAを介して子孫に遺伝する:線虫の研究から明らかに(2019.7.5)は、「学習の遺伝」について以前から関心があったので嬉しい限り。関連記事リンクでいくつかほかの記事も辿れる。但し、研究結果が人間にも当てはまるかどうかは「いまだにわからない」。

 グーグルが計画中の未来都市「IDEA」(2019.7.5)は、アルファベット(グーグルの親会社)傘下のSidewalk Labsが、カナダのトロントで進めるスマートシティプロジェクト。うまくいってない的な話を小耳にはさんだが、その現状報告。想像通り「個人情報保護」の問題。中国であればクリアできそうだが、「Don't be Evil」をモットーとするグーグルがさっさとトロントを諦めて中国で進めるかと言えば、東西冷戦が蘇ってきたかにみえるこのご時世、それもなさそう(中国政府としてはWelcomeだろうがw)。
 ただ、トロントでの試みは、将来的に世界各地で建設が進むであろう「スマートシティ」を西側の法治国家で実装するうえでの重要課題が整理される良い機会だ。人権保護や法治主義に厳格な西側諸国のハンディキャップが浮き彫りにされるかどうか。そういえば、アクシス6月号 (特集:変容する都市)では、フォスター&パートナーズがマスタープランを作成するインドのアマラーヴァティ(→wiki)や、ステファノ・ボエリ(→wiki:Stefano Boeriが手掛ける柳州など、世界各地で計画/推進されるスマートシティ例が載っていた。


 データベースの「生命的自律」という、未来イメージを誘発するキャップコピーに惹かれて読んだ岡瑞起×オラクル竹爪慎治 対談(2019.5.30)はOracle Autonomous Databaseのプロモ記事。こういうプロモ記事は悪くない。岡瑞起は、存在は気になっていたがまだ買ってなかった『作って動かすALife』の著者の一人。最近少しPython学習してるし、オラクルのDBは買えないがw、こっちは買おうかな?⇒買っちゃった!

 ケヴィン・ケリーによるミラーワールド(鏡像世界)は、デジタルツインの延長上にある概念だろうか。「ウェブ、SNSに続く来るべき第3のグローバルプラットフォーム」という見立てで、『WIRED』日本版Vol.33はこれを特集している。



 アマゾンの現場で起きる労働問題(7.26)は、工場の無人化を考える人には重要。

 「ラディカル」が自由な民主主義を更新する(7.20)は、ジェイミー・バートレットの新作『ラディカルズ』の紹介。バートレットは最近になって『闇ネットの住人たち』を読んだところなのでタイミング良し。中道(左派)の急落/崩壊は、「パソキフィケーション」というらしい。発音しにくいので日本では普及しないだろうなw

 「スマートキッチン・サミット・ジャパン 2019」に注目すべき理由(7.25)は、フードテックがらみ。食の問題は、食のサプライチェーン、つまりキッチンだけでなく農業や酪農、水産業、さらには賞味期限や食品残渣などの問題と切り離すことができない。食の安全保障の話にもつなげたらよかったのにね。

 人の表情を読む「医療用スマートグラス」(7.25)。発達障害や自閉症スペクトラムと心の理論(→wiki)の関係は、よく指摘されるところ。重要なのは初対面の相手の表情より、頻繁に会う仕事関係者なので、機械学習の効果も期待できる。うまく作られれば、忙しいとついつい他人の表情を伺うことも怠りがち、という人にも役立ちそう。ただ、日本人の場合、表情にあまり出さない人が多い。2重チェックのために声調からも診断できればいいが、装備が大変になるかな。眼鏡の下のところに「コイツちょっと怒ってるかもよ」とか表示されるだけでも役立つって人は少なくないのではw。価格次第だけど、スマートグラスのオプション機能として良いかも。

 ある写真家が夢想したポストヒューマンな未来は、トランスヒューマニズムネタ。

 インターネットが地球規模で浸透する時代、もはや「不平等」からは目を背けられなくなる(7.25)で注目したのは、インドのNPO、Digital Empowerment Foundation。日本でも、貧しい人や障碍者へのパソコン/ネット教育サービスは、市民活動としていろいろおこなわれている。ただ、イデオロギー色を嫌う人は多いので、幹部スタッフは(表向きだけでも)口は慎んだ方がいいと思うよw。企業の同調圧力もキライだが、左派の同調圧力もキライという人は少なくない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://travis7.blog54.fc2.com/tb.php/992-590c9b05