日経サイエンス2018年6月号 

 フロントランナー挑む:『胎児に刻まれた進化の痕跡』の著者、進化発生学(エボデボ)の入江直樹(東京大学)。『ゴジラ幻論 ――日本産怪獣類の一般と個別の博物誌 』等の著書がある倉谷滋の研究室にいたそうだ。生物の体に、変化しやすい部分と変化しにくい部分があることに着目、「予測性のある進化理論」の構築を目指している。

 NEWSスキャン:「ボノボは暴君が好き」は、進化人類学や動物行動学研究のある種の傾向に潜む擬人主義批判というか、後で出てくる「育ちが左右する自然観」と同じく実験に影響を与えるバイアスを問題にしている。「AIが作り出すリアルなフェイク画像」は、現在、グーグルブレインに関わるイアン・グッドフェロー(→wiki)らが2014年に発表した敵対的生成ネットワーク(GAN)。画像を作成する「生成ネットワーク」とその信憑性を評価する「識別ネットワーク」からなる。
育ちが左右する自然観」は幼児の環境教育に関わる比較文化論的実験。短く要約するのが難しいが^^;、要するに、アメリカの白人一般家庭で育った4歳児は、動物の玩具に人物属性を与える傾向があり、ネイティブ・アメリカンの家庭で育った4歳児は動物を動物としてとらえる、ということかな。白人/ネイティブ・アメリカン家庭の差だけでなく、幼児が動物が擬人的に描かれるTVアニメを視聴してきたかどうかという点も影響する(むしろそちらの影響のほうが大きい?)のではないかと思うが、詳しい実験内容はよくわからない。
脳のブレーキ」が面白い。PTSDのフラッシュバックや鬱病の強迫的マイナス思考等の侵入思考の問題は、思考の遮断を司る脳機能の障害から生じている可能性あり。通常、前頭前野に注目するところ、ケンブリッジの神経学者Michael Andersonらは海馬に着目し、海馬のGABA量により、思考抑制能力の予測ができることを発見。
DNAでできた時計」も要注目。テキサス大学オースティン校のDavid SoloveichikのDNA振動子(分子でできた時計)。人工細胞で生じる出来事のタイミング制御などにも使用でき、合成生物学のブレークスルーに不可欠になるかもしれないという。

「勝つための議論」の落とし穴:世の中には道徳的客観性、政治的客観性が存在すると考える「客観主義者」と「相対主義者」寄りの人がいる。ペンシルバニア大学Geoffrey P.Goodwinは、客観的・倫理的真実についての見方は、他者と相互作用する仕方を規定しているかもしれないと説いたが、記事の筆者陣は逆向きの実験を試みた。議論を「勝つための議論」と「学ぶための議論」の二つのモードに分けた場合、自分たちが実行している議論のモードが、議論している問題そのものに対する自分の理解を変えていると指摘。勝つための議論では単一の客観的に正しい答えの存在への信念を強化し、理解のための議論は逆に、異なる答えでも等しく正しい場合があることへの信念を強化する。
 記事の執筆陣にはエール大学の実験哲学者ジョシュア・ノーブ(→wiki:Joshua Knobe)がいる。ノーブの「実験哲学という実験」は2012年2月号。こういう思考/理解の科学とでもいうのか、科学と哲学の境界みたいな話はもっと増やして欲しいなあ。

 共感の功罪:共感にはおもに「情動的共感」、「認知的共感」(視点取得、心の理論)、「共感的配慮」(同情)の3つの主要構成要素がある。(フランス・ドゥ・ヴァールは、共感研究の先駆者という位置づけらしい)。ポール・ブルーム(→wiki:Paul Bloom(psychologist))の『反共感論』によると、認知的共感は素晴らしいが、情感的共感はないほうが良いくらい、という。

 頭のなかがぽややんとして、今月号はどうもうまく要約できない。最近、読みやすい本ばかり読んでいたせいか、それとも脳の老化が一気に来たのか? あるいは、今までちゃんと要約できていたつもりだったのが問題なのか^^;。より深い理解を得るためにはもっと関心範囲を絞ったほうが良いってのはわかってるんだけどね。または、あとでちゃんと読みたくなったときのための、ただのインデックスで良いような気もするしぃ・・ブツクサブツクサw。

映画『苦い銭』 

 YCAMでワン・ビン(王兵)監督の新作映画『苦い銭』を見る。

 概要はこちら(→公式サイト)。

 本作は『『三姉妹~雲南の子』(2012)』の撮影地に近い雲南省昭通市から、出稼ぎのために列車旅をする少女シャオミンらの様子を映すことで始まる。いわば『三姉妹』の主人公、インインが中学校を卒業後、故郷から遥か2200キロ離れた街に出稼ぎに行くような話だ。

 彼女たちが向かった先は、上海の西方約150キロに位置する浙江省湖州市織里(ジィリー)。30万人の出稼ぎ労働者が働く工業団地が広がる街だ。
 しかし、テレビでよく紹介される、大規模な作業場でお揃いのクリーンなユニフォームを着た大量の若者が同じ動作で働くマスゲームめいた映像は一切出てこない。
 1万8千に及ぶ個人経営の業者が集まり、衣料品加工の下請けをめぐってしのぎを削っており、その下で時給X元うんぬんという下世話な言葉を吐き出す個人雇用主にも注目している。21世紀チャイナを象徴する大企業による先鋭的な大量生産システムが稼働する前の、改革解放第一世代の「残党」たちといった印象だ。 

 臭豆腐を売る露店の掛け声、ひっきりなしに鳴るクラクション。雨の降った夜の道路が、街灯の照明を浴びてぬめ光る様子。

 映画は織里に集まってくる人びとの様子を描く。暴力的な夫と腐れ縁を続けて疲れ果てた主婦。酔っぱらいオヤジのクダを巻く姿。

 夫婦喧嘩の様子は生なましい。いまどき夫が妻をひっぱたく場面が映る映画などほかにないのではないか。もちろん、そーゆうのが別に見たいわけではないが^^;。

 個人的には、夫婦喧嘩は中国の日常的な風物詩として記憶に残っている。2000年前後に上海出張にかこつけて行った蘇州(湖州市にも近い)で、凄絶な夫婦喧嘩を見かけたのだ。街頭で近所の人たちに囲まれながら、二人は互いに大声で罵りあい、腕を掴みあい、ひっぱたき、あげくに奥さんが投げつけた食器が野次馬の顔に当たって、流血騒ぎとなったのを見届けた。学生時代に2か月くらい旅行したときも、2度か3度、目にしたものだ。



 ワン・ビンのドキュメンタリー映画は過去に、『鳳鳴』(2007)と『『三姉妹』(2012)』、『収容病棟』(2013年)を観た。といっても『収容病棟』は前半でリタイア^^;。

 アウトサイダーなので自分の気持ちに素直に言うが、まあ正直、今回の作品も『収容病棟』並みにツラかった^^;。むしろ、『三姉妹』は、女の子と動物を登場させることで、コアなワン・ビン・ファン以外に対して開いたサービス作品ということか。

 もう映画なんて、ハリウッドの良質な作品だけでいいよと思うことがときにあるが、なんかそれもいくつか立て続けに見るとうんざりして、硬質なドキュメンタリーを観てしまうんだよなあ。ワン・ビンの新作が出たらまた、観ようかどうしようか迷うことだろう(ゼッタイ行くとは言わないw)。

 その意味で、ワン・ビンの映画を愉しむには、その直前にハリウッドの娯楽ど真ん中作品や日本の劇映画を5~10本まとめて観るといいかもしれない。