ナショナルジオグラフィック2018年2月号 

「VISIONS写真は語る」は、フィリピンから東京に来て20年たつというダニー・ドゥンゴ(Danny Dungo)の写真と文によるトーキョー・デイズ。2014年にドローンを飛ばして撮ったという井の頭恩寵公園の写真が良い。満開の桜樹と水面を埋め尽くす花びらのピンク、ブルーシートやグリーンシート、シートで花見の席取りをする人びと。花見というと、あのブルーシートの醜悪さが桜の記憶にどうしても伴って、桜そのもののイメージが悪くなったもんだが、こうやって俯瞰して観ると、それなりに愛すべき日本の慣習なのだよな、と感じる。見開きの銀座の写真は、イラストっぽく処理してる。

 ラブ・ディアスの『立ち去った女』(→ブログ) を観て間もないこともあって、ちょっと関心を持ったのだが、在日フィリピン人(→wiki)の人口は約22万人。フィリピン系日本人の数は約10万人。人口は両国ともざっくり言って約1億人なのに対し、日本は少子高齢化傾向にあり、フィリピンは人口増加を続けている。対照的な両国の人びとが今後、どのように関係を深めていくのか興味深い。

 探求のトビラでは、低高度から詳細画像を得る測量技術測量技術ライダーで撮った写真。

 パトリシア・エドモンズの文は「極限都市」なるプロジェクトを続ける写真家スティーヴ・ユンカーの撮った「世界一寒い都市ヤクーツク」を扱っている。この度の大寒波で、マイナス50度というニュースを耳にして愕然としたが、当地の最低気温の記録はマイナス64度!。

 特集の「善と悪の科学」は、冒頭8ページにわたって銃乱射・殺人が発生した場所のモノクロ写真。倫理的なテーマを、科学的知見とジャーナリスティックな取材・文章・写真・イラストによって浮き彫りにしている。紹介する固有名は暴力の現場で人助けをした、ごく普通に暮らす路傍のヒーローたち。このあたりはクリント・イーストウッドの新作映画『15時17分、パリ行き』の影響かな?
 音楽家や歴史家は概して共感指数(EQ)が高いのに対し、高度に体系立てて考える理系専門家のなかには「共感反応が平均値を下回る人が少なくない」。共感回路の不活性化の理由としては、約7割が遺伝起因という推計あるが、脳の損傷や長期間のストレス、あるいは戦争中のように、集団が敵対心や優越感をもつ傾向が強まると、共感の心が失われることがある」。「サイコパス」や「自己犠牲」のブレインイメージング。

鳥の知能」。ケンブリッジのニコラ・クレイトンは「鳥類と哺乳類では脳の構造が異なる」。鳥類の脳にはヒトの大脳皮質に相当する「外套」あり。長期記憶と意思決定のもとになる神経回路は鳥類と哺乳類で似ている。カラスと類人猿は共通の祖先から枝分かれしたのは3億年以上前だが、同じように複雑な認知能力を発達させたのは、似たような状況に置かれていたからだろうという。社会集団の形成には、仲間の動機や欲求を理解することが欠かせない。食べ物の加工に道具使うのはチンパンジー、オランウータン、カレドニアガラス。

中国の胃袋を満たす」の冒頭見開き写真は雲南省の広大な棚田。細分化された農地というのは日本と共通。昆明郊外の新興住宅街とビニールハウスが広がる景観は圧倒される。「欧米化する中国の食」。日本のケースと比較するデータがあればよかったな。

nationalgeographic.jpではオリジナル連載も満載。

映画『立ち去った女』(2) 

 『立ち去った女』(1)からの続き。

 フィリピンは2000年以降、めざましい経済発展を遂げた。アジア通貨危機の打撃は比較的、小さかったと言われている。要人誘拐の多発(例:三井物産マニラ支店長誘拐事件)によって、欧米や日本が生産拠点を置くことが少なかったためだ。それまで日本・台湾・フィリピンを除くアジアの多くの国は、ドルペッグ制を採用し、ドル安に便乗して輸出需要で経済成長するという成長モデルをとっていた。しかし、中国改革開放政策の推進で、欧米・日本の生産拠点は東南アジアから賃金の安い中国本土に移り、95年以降、アメリカが「強いドル政策」を採用したため、アジア諸国の輸出が伸び悩み、経済成長への期待が急落したことが、アジア通貨危機を招いた。フィリピンの2000年以降の経済成長は、インドからシフトしてきたコールセンター業務の請負や、国外出稼ぎ労働者からの送金に支えられている。海外就労者や移民が本国に送る送金額は、GDPの一割を超えているという。

 フィリピンの人口は、現在約1億人。堕胎に厳しいカトリックの影響が大きいのだろうか(総人口の約85%がカトリック)、世界の人口ピラミッド(→populationpyramid.net)をみると、フィリピンがほかの東南アジア諸国と比較しても、きれいなピラミッド・シェイプを描いていることがわかる。つまり、これは若年人口が多く、成長機運が高いことを意味する。いっぽう、グローバリズムの趨勢を反映して、経済格差は拡大している。

 wiki:世界最大のショッピングモール一覧(2018.2.10時点)によると、総賃貸面積に基づく世界トップ30のなかに、フィリピンのモールは6つ含まれている。日本ではただ一つ、レイクタウン越谷が28位につけているだけだ。
 『フィリピンを知るための64章』第30章に紹介されたアジア開発銀行2014年報告によると、フィリピンでは商業流通業を含むサービス部門のGDPに対する比率は57%で、東南アジアではシンガポールに次ぐ高さだ。また、限界消費性向はタイが0.50、インドネシアが0.55なのに対し、フィリピンは0.92.これはつまり、増収分の92%を貯蓄でなく消費に充てているということだ。

 映画の主人公が捕らわれの身であった30年間は、何を意味しているのだろう。
 時代的に1997年の30年前といえば、1960年代後半となる。ウォーラーステインは「近代世界システム」の3つの重要な転換点として、①長い16世紀(→関連ブログ)、②1879年のフランス革命、③1968年の世界革命をあげている。長い16世紀とはつまり、大航海時代であり、フィリピンがスペインの植民地となり、メキシコ産の銀と中国の絹、生糸、陶磁器などアジアの物産を交換するガレオン貿易(→wiki:マニラ・ガレオン)の拠点となった時代だ。 
 ウォーラーステインは、1968年に世界各地で同時多発した反体制運動をもって、欧米諸国による「近代世界システム」の終わりが始まったと考えた。フィリピン共産党 (CPP) の再建も1968年だ。しかし、フィリピンの60年代後半は、腐敗したマルコス政権がアメリカの支援を受けて政権を掌握した時代でもあった。
 主人公がアメリカから解放されたフィリピン民衆を象徴するとしたら、その後の経済発展で得たものは、ショッピングモールでの消費でしかなかった、ということになる。最後のシーンは、ようやく手にした民衆の自由が虚しい消費に押し流されていく儚さを表したものかもしれない。

 映画では、女装の男性ホランダが、主人公の運命を大きく左右する。
『フィリピンを知るための64章』では、性的マイノリティについて一章を割いている。いわく「フィリピン人の頭の中には「ララキ(男)」「ババエ(女)」の間にバクラが存在することが常に意識されている」。
 ホランダはサマール島出身であることが映画で示されるが、サマール島を含むフィリピン中部のビサヤ諸島にはかつて、ババイランと呼ばれた霊能者めいた者たちがいた。その多くは女性だったが、なかには「女装をして女性のように振る舞う男性の存在も16,17世紀の記録に残っている」という。スペインの植民地化に伴うカトリックの影響で、ババイランの風習は失われたが、現在に至って、欧米のLGBT運動の流れを受け、フィリピン国立大学でゲイの学生たちにより、「ババイラン」が組織されたそうだ。

 なお、本書第23章でフィリピンのインディーズ映画の動向について紹介している。フィリピン映画の黄金時代は、第1期が商業映画の盛んだった1950~60年代(マヌエル・コンデ監督等)。第2期が社会派のリノ・ブロッカらが活躍した70~80年代前半。そして、第3期がインディペンデント映画祭シネマラマ(→wiki:Cinemalaya Philippine Independent Film Festival)の発展に伴うゼロ年代半ばから現在に至る時代だという。『立ち去った女』は2016年、第73回ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞した。